ダドレア・グリーニーの育て方|置き場所や水やり頻度は?

  • ベンケイソウ科
  • ダドレア属

植物には数え切れないほどの種類があり、さまざまな特徴があります。植物の中でも最も白いとされているダドレア・グリーニーという冬型の多肉植物があります。ダドレア・グリーニーの育て方や名前の由来などについてご紹介します。

ダドレア・グリーニーの日当たり

ダドレア・グリーニーの管理場所としては、明るい日陰が適しています。ただし、夏場に直射日光が長時間当たると葉が焼けてしまいますので、レースカーテン越しなど室内の明るい場所に移動させましょう。

ダドレア・グリーニーの置き場所

ダドレア・グリーニーは冬型の多肉植物だからといって、寒さに強いわけではありません。乾燥は好みますが気温や霜の当たる場所を嫌います。そのため、気温の暖かい場所で育てるようにしましょう。

ただし夏は、暑さに気をつけて比較的涼しい場所で管理するようにします。

ダドレア・グリーニーの水やり

夏の水やり

ダドレア・グリーニーは、乾燥地帯に自生する植物です。自生地では雨が一年を通して数日しか降らないことがほとんどですので、水やりをする機会は少ないです。

水やりは、土の表面が乾いたら与えます。このとき土の中まで乾いていることを確認するようにしましょう。水を与えすぎると根腐れになるので注意します。

3月〜5月はたっぷり水をあげてあげましょう。

冬の水やり

冬は特に水やりをする必要はありません。9月〜11月をメインに水やりを行います。多肉植物は、水が嫌いというわけではなく乾燥耐性がついていると考えてください。

多肉植物であるダドレア・グリーニーにも言えることです。土が過湿にならないように注意して管理すると良いでしょう。

ダドレア・グリーニーの肥料・追肥

ダドレア・グリーニーには、基本的に肥料を与える必要がありません。もし元気がない場合は、ダドレア・グリーニーの生育期である冬に液体肥料を与えましょう。固形の肥料ではなく、液体タイプのものにすることで水やりの代わりになります。

なお、肥料を与えたときは水を与えないようにしましょう。

ダドレア・グリーニーの土

ダドレア・グリーニーを育てるときは、多肉植物用の培養土かサボテン用の培養土を使います。サボテンも多肉植物の一種ですので、どちらを使っても構いません。

ダドレア・グリーニーの葉が黄色に変色していたり、ブヨブヨしているときは根腐れを起こしている可能性がありますので、新しい土に植え替えてあげましょう。

基本的には、ブレンドされた市販の培養土を使うと良いのですが、用土を自作してもいいです。自作では、赤玉土の小粒サイズとピートモスを7:3の割合で混ぜましょう。混合させた土に観光性化成肥料も盛り込みます。

ダドレア・グリーニーの植え替え・植え付け・種まき

ダドレア・グリーニーの苗を植え付けも植え替え時期も、9月〜11月頃が適期です。両者とも、作業する際雨の日は避けましょう。雨の日に植え替え・植え付け共に行ってしまうと、根腐れを引き起こすことに繋がりかねません。

植え替え・植え付けの手順はどちらも同じです。

多肉植物用の培養土またはサボテン用の培養土、植え付けの場合は購入した苗のポットより一回り大きい鉢を使い、植え替えのときは育てていた鉢よりも、ワンサイズ大きい鉢を準備しておきます。

鉢底石と鉢底ネットを用意し、清潔にしているはさみやピンセットも必要です。あとは割りばしと新聞紙(ビニールシート)です。

作業をする場所に新聞紙(ビニールシート)を敷いておきましょう。新しく植え付ける鉢の底に鉢底ネット、鉢底石を敷いておきます。鉢に多肉植物用の培養土などを3分の1の量を入れます。

植えているダドレア・グリーニ―(多肉植物)をポットから取り出します。取り出すときに根に付いている土を落さないようにしましょう。手を使って傷つけないようにほぐしながら落とします。

根が黒くなっている部分を見つけたら、清潔なハサミ(またはピンセット)で取り除きます。処理が終わったら、用意した鉢の中心に配置していきます。位置が決まったら用土を加えて鉢一杯にします。割りばしで土をつついて根全体を土に馴染ませます。

ダドレア・グリーニーの増やし方

ダドレア・グリーニーの増やし方は、「株分け」という方法が一般的です。

9月のダドレア・グリーニーの植え替えと同時に作業し、縦割りで行います。縦割りするには、まずダドレア・グリーニーを横に切断したい部分に合わせて、糸で括り付けます。ある程度糸が食い込んだら、一気に引っ張って切断します。

茎の先端にある茎頂と、根頂の部分を同じくらいになる様に、2つに切り分けます。切った側面にぬめりがある場合は、ティッシュも使って拭き取りましょう。切ったダドレア・グリーニーは、風が良く通る半日陰の場所で、乾燥させるためしばらくの間放置しておきます。

乾ききっているように見えても、枯れていませんので変わりなく管理を続けましょう。少しすると根が中心から生えてきます。根が生えてきたことを確認できたら、植え替えて育てていきましょう。

ダドレア・グリーニーの育て方で注意すべき病気・害虫

ダドレア・グリーニーなどの多肉植物は、黒点病という病気やコナカイガラムシという害虫の被害にあうことがあります。

しかし、ダドレア・グリーニーには、葉全体に白粉がかかっており、これが果物や野菜などのブルームと構造が同じで、水がかかっても弾いたり、水を蒸散させたりと活躍します。この白粉が防虫効果も発揮するため、さほど病害虫を気にする必要はありません。

虫を見つけたらピンセットなどでつまみだしてしまいましょう。

ダドレア・グリーニーの管理温度

多肉植物は、暑い場所でも耐えられる植物として有名ですが、冬型の多肉植物は暑さに弱い性質を持っています。

冬型の多肉植物であるダドレア系では、5~20度が適正温度となっています。室内の環境に合わせてダドレア・グリーニーを移動させましょう。

ダドレア・グリーニーの種類・品種

ダドレア・グリーニーは、ダドレアの中でも一番白く、小型とされています。原産地はアメリカ合衆国にあるカリフォルニア州の山岳地帯です。同品種には、ダドレア・グリーニーやグリーニー・ホワイトという名前のものが存在します。

ダドレア属は、ベンケイソウ科の仲間です。品種には、ダドレア・ブリトニー(仙女盃)、ダドレア・クサチンなどがあります。日本では希少な品種なので手に入れにくいです。

ダドレア・グリーニーの花

ダドレア・グリーニーは花芽を一本伸ばし、その先端に黄色の小さい花を咲かせます。その花姿は、チューリップの花のような形をしています。

雌しべも花びらの中に幾つか伸びて、まるで妖精が住んでいそうなメルヘンチックな花姿です。開花は4月あたりに咲きます。

小さな多肉植物、ダドレア・グリーニーを育ててみよう!

今回は多肉植物のダドレア・グリーニーについてご紹介しました。

ダドレアの中でも最も白く小さい品種で、室内で管理しやすいです。水やりのタイミングに気をつけていれば、育てることは難しくはありません。

ダドレア・グリーニーの新着コラム

ダドレアの花言葉|意味や種類、花は咲かせる?の画像

ダドレアの花言葉|意味や種類、花は咲かせる?

通販でも購入できるダドレアの画像

通販でも購入できるダドレア

美しく気品のある姿をした、白い多肉植物3選の画像

美しく気品のある姿をした、白い多肉植物3選

純白の多肉植物、ダドレア属の仙女盃の育て方の画像

純白の多肉植物、ダドレア属の仙女盃の育て方

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ダドレア・グリーニーの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
Dudleya greenei
別名
ダッドリア・グレーネイ
原産地
カリフォルニア

ダドレア・グリーニーの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

水やり
3月 、4月、5月、9月、10月、11月

ダドレア・グリーニーの新着投稿画像

みんなのダドレア・グリーニーの育て方

いいね
28

ダドレア グリーニーを育てる

ダドレア グリーニー2鉢(ヤフオク) 明るい日陰、...
by.ブルーデイジー

多肉植物・サボテンの種類

カランコエの画像

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。
金のなる木の画像

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。
シャコバサボテンの画像

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。
アデニウムの画像

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
セダムの画像

セダム

リトープスの画像

リトープス

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...