警告

warning

注意

error

成功

success

information

ハムシーの育て方|日当たり加減や置き場所は?室内でもOK?

  • ベンケイソウ科
  • エケベリア属

ハムスターという名前と間違えてしまいそうな名前のハムシーは、エケベリア属の品種名です。葉っぱが緑色と縁に濃い赤色が付く多肉植物です。最近は多肉女子ブームが注目されています。今回は、多肉好きに人気のあるハムシーの育て方についてご紹介します。

ハムシーの日当たり

ハムシーは、春の間は直射日光が当たる環境で育ててください。夏から9月のお彼岸になる時期までは、日差しが強いので半日陰に移動させるようにしましょう。そして、その後から春にかけては、直射日光を浴びせるようにしてあげてください。

ハムシーは明るい室内で管理していてもうまく生長しません。できるだけ日が直接当たる場所を確保しておいてください。

ハムシーの置き場所

ハムシーは、一年を通して、風通しの良い場所で管理するように心がけましょう。

春と秋は、1〜2日の間雨水に少々かかっても枯れることはありません。梅雨時期の多雨や、真夏の突然の雨にはかからないように、軒下などに移動させましょう。

ハムシーは耐寒性がやや高い特徴がありますが、7度以上の気温でなければ越冬は厳しいようです。ただ霜には強いので当てても丈夫です。

ハムシーの水やり

夏の水やり

ハムシーの葉が垂れて元気がなくなってきたら、夕方の間に土の表面が濡れるぐらいの水分を与えましょう。

また、梅雨入りになったときは、半月に1度のペースでたっぷりと水を与えましょう。

冬の水やり

冬の間は15日〜1か月に1回のペースで水を与えます。土の表面が湿る程度で構いません。土が乾ききっていないのに水を与えると、根腐れの原因になるので、しっかり観察してから行いましょう。

1週間以上は湿らない状態を保って、土を管理してください。

ハムシーの肥料・追肥

ハムシーの属でもあるエケベリアは、春と秋に肥料を施します。肥料は緩効性化成肥料でも構いませんし、液体肥料でも十分効果があります。

春と秋は生育期ですので、少量を与えましょう。ハムシーは基本的には肥料は不要です。植え替えるときに軽く施す程度にしておきましょう。

ハムシーの用土

ハムシーは多肉植物ですので、多肉植物専用の土やサボテン用の土などを使うようにしましょう。

自分で配合土を作る場合は、赤玉土(小粒サイズ)と鹿沼土(小粒サイズ)とピートモスと川砂とくん炭をそれぞれ2割ずつ混ぜ込みましょう。土質としては、水はけの良い土を使うようにしてあげてください。

ハムシーの植え付け・植え替え

ハムシーの植え替えと植え付け時期は、春と秋頃に行うようにしてください。植え替えは、1年〜2年に1度の頻度で行うと良いでしょう。

植え替えは、古い土を半分以上残して植え替えるようにしてください。半分程度の土を丁寧に落下させたら、伸びた根や傷んでいる根をはさみなどで切ってしまいます。そして新しい鉢を用意して、市販の用土を入れて植えてください。

ハムシーの増やし方

ハムシーの増やし方には、「挿し芽」と「葉挿し」といった方法があります。

挿し芽

「挿し芽」は一般的なエケベリアの増やし方と同じ手順です。茎が伸びた株を切り詰めて、挿し穂を作ります。挿し穂は切り口を乾燥させるために、1週間程度日陰で干しましょう。

土に挿す部分に、葉がついているときは取り除いてしまいます。用意した鉢に用土を鉢いっぱいに入れて穴を開けます。

穴のところに乾かしておいた茎を挿して、直射日光の当たらないところで管理します。このときは水やりを行いません。ある程度時間が経ったら、根や新芽が生えてくるので水やりをして育ててください。

葉挿し

「葉挿し」では、付け根から剥がすようにして葉を摘み取っていきましょう。このとき葉が途中で千切れてしまうと、根が生えてこなくなってしまいますので慎重に引き剥がしていきましょう。底の浅い容器を用意して、バーミキュライトを敷いてください。

付け根を浅く挿して、直射日光が当たらない場所で育てていきます。水やりも行わずに、根や新しい芽が出てきたら根を土の中に埋めていきます。

根や芽が生えてきたら水やりを開始してください。2〜3か月後、苗がしっかり育ってきますので、その頃に鉢に植え替えをしてください。

ハムシーの育て方で注意すべき病気・害虫

ハムシーは根腐れが原因で、カビなどの病気にかかることがあります。根腐れは風通しが悪いとなりやすいので、風が吹いてくる場所に移動させましょう。カビ類の病気には、うどんこ病や黒点病などが挙げられます。

また、ハムシーは、ワタムシやヨトウムシなどの被害に遭う可能性があります。これらが発生して殺虫剤を使う場合は、液状に溶かして散布するものを使ってください。

ハムシーの管理温度

ハムシーは5度以下になっても耐えられる多肉植物で、耐寒性が非常に高いです。ただし、越冬させるには7度以下にならない環境下である必要があります。冬の朝は気温が低くなっていますので、ビニール製の温室をつくって対策をしておきましょう。

環境によっては露地でも冬越しをすることができる場合があります。増殖する時期も春頃が多いので、20度前後で発根・発芽がみられるでしょう。

ハムシーの種類・品種

ハムシーは、ベンケイソウ科エケベリア属に分類される、葉っぱ全体が白い毛で覆われている多肉植物です。

エケベリアの原産地として、中央アメリカや北アメリカなどが代表的ですが、ハムシーも中米に分布している園芸交配種の一つです。エケベリアは、全体でおよそ180種類もの原種があり、さらに交配して作られた園芸品種も多いです。

ハムシーの花と葉

ハムシーなどのエケベリアは5枚の花弁を開き、中央には雌しべが伸びています。小さく鈴のよう形をしているので、鑑賞しても非常に楽しめます。

ハムシーは春〜初夏の季節に黄色からオレンジ、赤がかった色の花を咲かせます。花が咲いたハムシーは、「オリベランサス」と呼ばれていて、鉢花として流通しています。

また、ハムシーは草丈が20cm〜40cmと、エケベリアの中では草丈が低い方なので、育てやすいです。葉っぱ全体は緑色をしていますが、先端から縁に沿って、濃い赤色の筋が入ります。

寒くなればなるほど紅葉して真っ赤になります。葉の形は鋭利に尖って、ビロード状になっています。葉が分厚く、多肉感がたっぷりです。葉の表面は白い毛で覆われており、触るとモコモコしています。

ハムシーの花言葉

ハムシーを含むエケベリア全体でいうと、「たくましい」や「優美」という意味が花言葉になっています。

エケベリア・ハムシーを育ててみよう!

見た目だけでもインパクトのある、ハムシーについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。花の名前にも特徴があり、すぐに覚えてしまいますね。ハムスターに似ていますが、全く関係はありません。

葉っぱも毛が生えていてさわり心地が癖になります。ただし、植物にとってはストレスが溜まってしまいますのでほどほどに。葉の形が花のような形状をしているので、そのままインテリアグリーンとして部屋に飾ってもおしゃれになるでしょう。

葉っぱを切り取るだけで、簡単に増やすこともできるので初心者にもおすすめです。パッション系の色の花を咲かせるので、ぜひ開花させてみてください。ハムシーは通販サイトで購入できます。

エケベリア・ハムシーの新着コラム

多肉植物の人気種類20選|おすすめの品種や特徴、育て方のコツは?の画像

多肉植物の人気種類20選|おすすめの品種や特徴、育て方のコツは?

絶対枯らさない!初心者でも育てやすい多肉植物6選と育て方とは?の画像

絶対枯らさない!初心者でも育てやすい多肉植物6選と育て方とは?

エケベリアの種類|紅葉する、バラの花に似てるなどの人気品種はどれ?の画像

エケベリアの種類|紅葉する、バラの花に似てるなどの人気品種はどれ?

100均って実はリスキー?初心者におすすめの多肉植物とは?の画像

100均って実はリスキー?初心者におすすめの多肉植物とは?

エケベリアの花言葉|意味や由来、特徴は?花は咲くの?の画像

エケベリアの花言葉|意味や由来、特徴は?花は咲くの?

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

エケベリア・ハムシーの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
Echeveriaharmsii
別名
ハナツカサ,花司
原産地
メキシコ

エケベリア・ハムシーの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
やや強い
耐暑性
やや強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
3月 、4月、59月、10月、11月
肥料
3月 、4月、9月、10月

エケベリア・ハムシーの新着投稿画像

みんなのエケベリア・ハムシーの育て方

いいね
14

エケベリア ハムシー 成長記録

ハムシー
by.多肉だいすき(かぴ)

多肉植物・サボテンの種類

カランコエの画像

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。
金のなる木の画像

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。
シャコバサボテンの画像

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。
セダムの画像

セダム

アデニウムの画像

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
ゲッカビジンの画像

ゲッカビジン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。