ニンニクの育て方|プランターでも育てられる?失敗しないための栽培方法とは?

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

公開日:2020.10.22

ニンニクはあのクセになる香りが、食欲をかきたてる、料理には欠かせない食材です。その香りを利用して、ニンニクは優秀なコンパニオンプランツとしても活用でき、アブラムシやネキリムシなどの害虫を防除できます。栽培期間が長いですが、コンパニオンプランツとして他の野菜と一緒に育てるといいでしょう。

今回は、害虫対策にも有効で、香りも栄養も満点の野菜、ニンニクの育て方をご紹介します。

ニンニクの育て方:栽培する場所


ニンニクは適度な日当たりと風通しの良い場所を好みます。また、基本的には冷涼な環境を好み、生育温度は15
〜20℃ほどです。

ニンニクの栽培に適したおすすめのプランター

ニンニクをプランターで栽培する場合は、小さい品種なら深さ15cm以上あれば問題ありません。大きい品種の場合は深さ25cm以上のプランターを使うといいでしょう。

ニンニクの育て方:水やり

プランター栽培のニンニク

プランターでニンニクを栽培するとき、水やりは冬は乾燥気味に、春は適度にあげるようにしましょう。冬は休眠期に入るので、土の表面が乾いてから3〜4日程度経ってから与えるくらいが目安です。春以降は生育期になるので、土の表面が完全に乾いたら水を与えるようにしてください。(植え付けから冬までの間も同じです)

地植え・畑栽培のニンニク

地植えでニンニクを栽培するとき、基本的に水やりはほとんど必要ありません。とくに休眠期の冬は水を与えすぎると球根が腐るので控えてください。暖かい春夏秋は、何日も雨が降らずに乾燥状態が続いているときに限り、水やりをするようにしましょう。

ニンニクの育て方:用土


ニンニクは保水性と排水性のバランスのとれた用土を好みます。適正なpH値は5.5〜6.0が目安です。植え付けの2週間前から土の準備を始めるといいでしょう。

プランター栽培のニンニク

プランターでニンニクを栽培するとき、用土の配合は、赤玉土小粒6:腐葉土4の基本的な比率でかまいません。また用土10Lに対し、苦土石灰を10g、緩効性化成肥料を20gほど混ぜ合わせておきましょう。1〜2週間、用土をなじませてから使うようにしてください。

地植え・畑栽培のニンニク

地植え・畑でニンニクを栽培するときは、植え付け2週間前から準備します。まず、畑の用土1㎡あたりに苦土石灰を100gほどまいて、よく耕します。その1週間後、畑1㎡あたり堆肥1kg、化成肥料100gを畑全体にまいて、よくすきこみます。1〜2週間ほど、用土をなじませてから使うようにしてください。

ニンニクの育て方:種球の植え付け

ニンニクの植え付けの時期

ニンニクの種球の植え付けは9月〜10月に行うようにしましょう。早すぎても遅すぎても、その後の生育に影響があるので、発芽温度の地温20〜25℃を目安に、涼しい気候になったら植え付けてください。

ニンニクの種球の選び方

ニンニクには暖地向きや寒冷地向きの品種があります。九州地方や北海道などでは、植え付ける品種が地域に合うかどうかをよく確認しましょう。また、よい種球は、持ってみるとどっしりと重く、ハリのあるものを選ぶといいでしょう。

入手したら、一粒ずつにばらばらにして、か細い種球は省きましょう。なお、薄皮は向かずにそのまま植えます。

ニンニクの植え付けの手順

プランター栽培のニンニク

プランターでニンニクを栽培する場合、まずプランターに土を入れたら、指で深さ5〜6cmほどのくぼみをつくり、そこへニンニクの鱗片を、尖った方を上にして埋めていきます。なお、それぞれの間隔は品種の大きさに合わせて、10〜15cmほど開けておきましょう。

地植え・畑栽培のニンニク

地植えでニンニクを栽培する場合、畝のサイズは高さ15cm、幅75cm程度でつくるといいでしょう、株間は15〜20cmほど開けながら、深さ5cmほどの植え穴をつけていきます。柔らかく土を埋め戻して、たっぷりと水をあげましょう。

ニンニクの植え付け後の管理

ニンニクの植え付けが終わったら、発芽するまでは水を切らさないようにしましょう。ただし、むやみに水をあげると腐る恐れがあるので、表面の土が乾き始めたら水をあげる程度にしておきましょう。

ニンニクの育て方:肥料


ニンニクの肥料は、収穫までに2回追肥してあげましょう。1回目は10月上旬〜11月中旬に。2回目は翌年3月上旬〜4月上旬の間に施肥してください。

1㎡あたり20gの化成肥料を、葉の広がりの外側に合わせて施し、土とよく混ぜて、最後は株元に土寄せします。

ニンニクの育て方:芽かき

ニンニクの草丈が10〜15cmほどになったら、芽かきをしてください。時期の目安はだいたい10月中旬〜11月下旬ごろです。1株から2本の芽が出ていたら、生育の弱い方の芽を、ハサミなどで取り除いて一本にします。

ニンニクの育て方:花芽摘み


ニンニクが春にトウ立ちして伸び始めたら、早めに手で花芽を折って摘み取ってください。時期的には翌4月上旬〜5月中旬ごろです。花芽摘みをすることで、根の肥大化を促していきます。

取り除いた花芽は、ニンニクの芽として食べられます。

ニンニクの育て方:収穫のサインや方法は?

ニンニクの収穫は、翌5月中旬〜6月下旬ごろです。暑くなると地上の茎葉が枯れ始めますが、3分の2ほど枯れたのを目安に、晴れた日を選んで収穫してください。

株元をもって抜き取り、根をハサミなどで切り取りながら引き抜きます。そのまま畑で2〜3日乾かしたら、茎と根を切り落として、風通しの良い軒下に吊るして保存しておくといいでしょう。

ニンニクの育て方:注意する害虫・病気


ニンニクはコンパニオンプランツとしても活用されるほど、病害虫には強い性質を持っていますが、さび病やモザイク病などの病気にはかかりやすいので、注意してください。連作障害はほとんどでません。

また、ネギ科の植物にのみ発生するネギアブラムシを引き寄せます。(ただしこれによって、他の作物に影響を与えるアブラムシを忌避していることにもなります)

ニンニクってどんな栄養の野菜?

ニンニクのにおい成分の元は「アリシン」という物質なのですが、アリシンには免疫力を高め、疲労回復を助ける働きがあります。また、「スコルニジン」という物質も含まれており、血行促進、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞などの予防にも繋がると言われています。

ニンニクの育て方のコツを抑えよう!


ニンニクはコンパニオンプランツとしての側面もあるかたわら、栄養面でも、食欲を刺激する香りでも、食卓に欠かせない野菜の一つです。とくに冬の休眠期は乾燥気味に育てることを意識して、ぜひ栽培に挑戦してみてください。

GreenSnapユーザーのニンニク栽培体験談

また懲りずに、にんにく栽培です。
今回は、中国産の種です。
発芽率は、かなり良いですよ。✌️

marie

発芽率100%😆💕
あっという間にぐんぐん伸びてます!

季節屋

GreenSnap編集部
植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

野菜の育て方に関連するカテゴリ

野菜の育て方の関連コラム

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード