警告

warning

注意

error

成功

success

information

観葉植物に虫がわかない方法|発生原因は?予防対策・駆除方法まとめ

観葉植物に虫がわいてしまった経験がある方もいらっしゃるかと思います。黒い小さい虫などは、1匹いるとほかにもまだいるのではないかと不安になりますよね。

ここでは観葉植物に虫がわく原因や、発生を防ぐ方法、土の選び方などについてご紹介しています。虫がわく前にしっかりと予防をして、快適な観葉植物ライフを送ってくださいね。

観葉植物に虫がわく原因とは?

なぜ虫は観葉植物にわくのか、まず原因を知りましょう。その主な原因には、次の4つがあげられます。

虫がわく原因① 湿度が高い

多くの虫は湿った環境を好むので、観葉植物に水をやりすぎている、部屋の湿度が高い、ジメジメした場所に観葉植物を置いていると発生しやすいです。

また受け皿に水がたまっている状態や、常に土が湿っている状態も湿気が観葉植物全体にたまるので、虫がわく原因となります。さらに、葉が密集していて通気性が悪い状態でも湿気がこもりやすくなるので注意が必要です。

虫がわく原因② 水が汚れている

受け皿の水が汚れている、水アカがついていると虫がその環境を好み集まってきます。受け皿の水がたまっている場合や汚れている場合、嫌なニオイがする場合はすぐに交換をしてください。またこまめな掃除も大切です。

虫がわく原因③ 葉が乾燥している

観葉植物にわく虫は複数います。多湿を好む虫がいる一方で、一部の虫は乾燥を好み、水を嫌います。観葉植物の葉が乾燥しているとすぐに集まってきます。乾燥しやすい時期などはとくに注意が必要です。

虫がわく原因④ 土に虫がわく

観葉植物を育てるために購入した土に、もともと虫の卵が混入していて、それが孵化して増殖してしまうこともあります。とくに腐葉土、堆肥などの有機資材には虫の卵があることが多いのでご注意ください。

観葉植物に虫がわかない方法

あらかじめ観葉植物に虫がわかないような環境にすることがとても大切です。しかし、どうしたらよいのでしょうか。ここでは観葉植物に虫がわかないための対策方法をご紹介します。

予防対策① 風通しの良い場所に置く

風通しのよい場所に観葉植物を置くようにしましょう。通気性のよい場所を心がけてください。虫だけでなく、カビも防ぐことができます。

また、観葉植物の葉が密集しているような状態であれば、適宜いくつかの葉を摘み取って、通気性のよい状態にしてください。葉が重なった状態だと植物の成長を妨げることにもなるので、モサモサしてきたら適度に葉を取りましょう。

予防対策② 水やり頻度に気をつける

水をやりすぎて、常に土が湿った状態になっていませんか。もしそのような状態であれば虫がわきやすい環境になっているかもしれません。湿気の多い梅雨では水やりを減らすことも重要になってきます。季節に見合った水やりをしてくださいね。

また、葉の乾燥を好み、水を嫌う虫もいるので必要に応じて葉水をしましょう。葉水とは霧吹きで葉の表面を濡らすことです。

予防対策③ 虫がわかない土で育てる

植物にとって大切な栄養源となる腐葉土は、虫も好のむ有機微生物がたくさんいます。そのため、腐葉土の割合が高いと虫もわきやすくなるので、気になる場合は、加熱処理されている虫がわきにくい土を選びましょう。

また、自分で配合する場合は、腐葉土を無菌のピートモスに置き換えるのもおすすめです。こちらの記事で配合を詳しくご紹介しています。

予防対策④ 枯れ葉をこまめに取り除く

観葉植物の枯れ葉を虫が好む場合もあります。また腐った葉などがそのままになっていても虫がわきます。傷んだ葉をそのままにしていると通気性も悪くなるので、どんどん虫が好む環境になります。

さらに葉の裏など、虫が隠れるスペースが多くなるので、虫の発生に気がつきにくくもなります。枯れ葉がある場合は、こまめに取り除いて観葉植物をすっきりとさせておきましょう。

観葉植物にわきやすい虫

ハダニ


ハダニは体長約0.01〜0.08mmほどの大きさで、肉眼では見えない害虫です。葉の裏に潜んで吸汁するため、葉に白や褐色の斑点ができ、被害が進むと枯れてしまいます。

糸を吐き出す性質があり、白くもやっとした天幕のようなものが見られたら発生している証拠です。

カイガラムシ


カイガラムシは体長約1mほどで、白や赤褐色、黒っぽい色をしています。瘡蓋のようなものが付いていればカイガラムシの可能性が高いです。

吸汁して養分を奪うほか、カイガラムシの排泄物がすす病やこうやく病などの病気を引き起こします。

アブラムシ


アブラムシの体長は約1〜4mmほどで、新芽や若葉にむらがって食害していきます。

アブラムシはウイルス病を拡散する可能性があり、他にも排泄物からすす病などの病気を引き起こす可能性があります。

観葉植物に虫がわいたときの対策方法

観葉植物に一匹でも虫を見つけると不安になって探してしまいますよね。少しでも見つけたら繁殖しないうちにしっかりと駆除して対策をしましょう。

もちろん殺虫スプレーが即効性もあり効果的ですが、室内で使いたくないというときや、植物を優しく育てたいというときは、次の方法で駆除しましょう。

駆除方法① 歯ブラシやハケで取り除く

数匹のうちであれば、使用済み歯ブラシを使用してささっとはくのがおすすめです。強くはくと植物が傷つくので、軽く表面をはくイメージで行ってください。虫の数が少ないうちはウェットティッシュなどで取りましょう。

駆除方法② ハッカ油スプレーを吹きかける

ほとんどの虫は、ハッカ油に含まれる香りを嫌う性質があるため、ハッカ油をスプレー状にして植物に吹きかけるのも駆除に効果的です。

ハッカ油スプレーは、ハッカ油10ml、無水エタノール10ml、精製水90mlの割合で混ぜれば、簡単につくれます。

駆除方法③ 水に鉢ごと沈める

虫は土に卵を産んでいたり、土の中に幼虫が潜んでいる場合もあるので、バケツなどに水を張って、鉢ごと植物を沈めます。

数分もすると、窒息した虫や卵が浮かび上がってくるので、網ですくい取って、鉢を取り出して乾かしたら駆除完了です。

観葉植物に虫がわく前に、しっかり対策をしよう

観葉植物に虫がわいてしまうと、嫌な気分になりますよね。小さなものを見つけただけで、虫かもとビクビクしてしまうかもしれません。そうなる前にしっかりと予防が必要です。まずは虫がわく原因を知り、適切な対応をしましょう。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

観葉植物の虫に関連するカテゴリに関連するカテゴリ

観葉植物の虫の関連コラム

観葉植物のまわりを飛ぶコバエ。対策のカギはその種類と生態を知ること!の画像
PR

観葉植物のまわりを飛ぶコバエ。対策のカギはその種類と生態を知ること!

パキラが枯れる原因と復活方法!根腐れや葉焼けで葉が落ちる!?寿命はどのくらい?の画像

パキラが枯れる原因と復活方法!根腐れや葉焼けで葉が落ちる!?寿命はどのくらい?

観葉植物に虫がわかない方法|発生原因は?予防対策・駆除方法まとめの画像

観葉植物に虫がわかない方法|発生原因は?予防対策・駆除方法まとめ

コナジラミの駆除・対策|農薬以外の防除方法は?なぜ発生する?の画像

コナジラミの駆除・対策|農薬以外の防除方法は?なぜ発生する?

観葉植物に白い粉や綿が!?原因と対処法は?の画像

観葉植物に白い粉や綿が!?原因と対処法は?

人気のコラム

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
502

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
404

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
324

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
323

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
279

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!