ローマンカモミールの育て方|種や苗の植え方は?グランドカバーにもおすすめ?

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

公開日:2021.04.26

ローマンカモミールはハーブやアロマに使われる植物ですが、実はグランドカバーとしても人気があります。このページでは、そんなローマンカモミールの育て方や効能、ジャーマンカモミールとの違いなどについて解説します。水やりはどうすればいいのか、どんな土に植えたらいいのか、など気になることをまとめているので、これからローマンカモミールを自宅で育てたいと考えている方もぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ローマンカモミールとは?

ローマンカモミールはキク科ローマカミツレ属の植物で、別名ローマカミツレ、カモミール、カモマイルなどという名前でも呼ばれます。

昔から薬草としても活用され、ハーブティーなどでもよく知られています。人に対して良い効果をもたらすだけでなく、植え付けた周辺の植物にも良い影響を与えることから、コンパニオンプランツとしても活用されます。

草丈が低く、踏みつけにも強いことから芝生代わりのグランドカバーに利用されることもあります。成長がゆっくりなので、その後の管理もしやすいとされています。

ローマンカモミールの育て方:栽培場所

ローマンカモミールは日当たりのよい場所を好みますので、明るい場所で育ててください。また風通しのよい場所が向いていますので、蒸れない場所で育てましょう。

ローマンカモミールの育て方:用土

ローマンカモミールは水はけのよい土を好みます。園芸店などで市販されているハーブ用の培養土がおすすめです。

ローマンカモミールの育て方:水やり

ローマンカモミールは鉢植え、地植えどちらでも栽培が可能です。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと与えてください。ローマンカモミールは高温多湿を苦手とする植物ですので、やや乾燥気味に育てるとよいですよ。

真夏の水やりは気温が高い時期の水やりはさけて、朝または夕方以降の涼しい時間に行ってください。

地植えの場合は特に水やりの必要はなく、降雨のみで十分。ただし植えたばかりの根が安定するまでは、水やりをしてください。土が乾燥したら水を与えましょう。

ローマンカモミールの育て方:肥料・追肥

ローマンカモミールは肥料を特に必要としませんが、植え付け時に元肥を土に混ぜるだけで十分です。窒素成分を多く含む肥料を与えると、アブラムシがつくことがあるので注意してください。

なお、ローマンカモミールは丈夫ですので、特に肥料を与えなくても問題はありません。

ローマンカモミールの育て方:種まき・植え付け・植え替え

種まき

ローマンカモミールは、花後に採取した種子を撒くことで増やすことも可能です。

種まき時期は、3〜4月もしくは9〜10月頃が適期となっています。ただし、秋まきの方が株が大きく育ち、花もたくさん咲くのでおすすめです。

あらかじめ湿らせておいた土に、種をばらまき、ごくわずかに土を被せます。ローマンカモミールの種は発芽に日光を必要とするため、被せる土は薄くにしてください。種が流れないよう、水やりは霧吹きで行うとよいでしょう。

植え付け

ローマンカモミールは、真夏と真冬を避けて植え付けしましょう。4月から6月、9月から10月が植え付けの時期です。お庭に直接植えるだけでなく、鉢植えでも育てることが可能です。

植え替え

ローマンカモミールを種からポットで育てている場合は、芽が出たタイミングで鉢に植え替えましょう。

また、ローマンカモミールを鉢植えで育てている場合は、根がいっぱいになって根詰まりする可能性があります。成長がゆっくりな植物ですが、根が窮屈になってきたら植え替えをしてください。土が盛り上がってきた、アンバランスになってきた場合は植え替え時期の目安です。

ローマンカモミールの増やし方:挿し芽・株分け

ローマンカモミールは、「挿し芽」、「株分け」、「種まき」で増やすことが可能です。種まきの方法については、前述の通りです。

挿し芽

挿し芽では、ローマンカモミールの枝を10センチほどに剪定をして、別の場所の土に挿して増やします。ローマンカモミールの挿し芽の時期は、3〜4月もしくは10月頃が適期です。

株分け

株分けは、根ごと2つに分けて、分けた株を別の場所に移して増やします。ローマンカモミールの株分けの時期は、植え替えと同じタイミングか、3〜4月もしくは9〜10月頃が適期です。

ローマンカモミールの育て方:注意する害虫・病気

ローマンカモミールには、アブラムシが付くことがあります。湿気が多いと付きやすいので、株と株はよく離して育てましょう。

また窒素が多い肥料を与えると、アブラムシが付きやすいですので、肥料にはご注意ください。

見つけ次第、ティッシュやテープなどを使って取り除きましょう。多く発生した場合は、薬剤を使うことも選択肢の1つです。

ローマンカモミールの花

ローマンカモミールは5〜6月頃になると、中心部分は黄色の白い花を咲かせます。

ジャーマンカモミールとの違い

花の見た目はジャーマンカモミールと似ていますが、ローマンカモミールの花や葉からは良い香りがします。また、ローマンカモミールの花の中心の黄色い部分は、ほとんど平状となります。

ローマンカモミールの効能

ローマンカモミールは、「植物の医者」という異名を持つほどで、古くから薬草として利用されてきました。効果効能も多く、消化器不調、鎮静作用などが期待できるとされています。

アロマセラピーでも広く利用され、コスメにも利用されることがあるのですよ。非常に有能で身近なハーブといえます。

ローマンカモミールの花言葉

ローマンカモミールの花言葉は、「逆境に耐える」、「負けないで」、「あなたを癒します」、「苦難に耐える」があります。

ローマンカモミールの育て方を覚えて、庭に植えよう

華奢な見た目をしたローマンカモミールは、ハーブとしての効能も高く、さらに良い香りがしますので、人気な植物です。ローマンカモミールは高温多湿には弱いですが、乾燥気味に育てることと、水はけのよい場所で育てることに気を付けておけば、栽培で難しいことはありません。ぜひお庭にお迎えしませんか。

GreenSnap編集部
植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

花の育て方に関連するカテゴリ

花の育て方の関連コラム

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード