ボタンクサギの育て方|花や枝葉の特徴とは?増やし方のコツは?

  • クマツヅラ科

ボタンクサギは中国南部を原産とする、クマツヅラ科クサギ属の落葉低木です。
枝葉から独特の臭気を放つことにちなんで命名されたボタンクサギは、日本において暖地に多く野生化しており、夏に開花期を迎えます。夏の暑さを物ともせず咲き誇る花であること、草丈は1〜1,5mと比較的低いことなどから、花木として育てやすいのが特徴です。
今回はボタンクサギの育て方についてご紹介します。

ボタンクサギの育て方:栽培する場所


ボタンクサギは湿気のある環境を好む植物です。具体的に午前中は日に当たり、午後は半日陰になるような場所が適しています。一日を通して株元へ日光が集中しないような環境を整えることがポイントです。

ボタンクサギの育て方:水やり

ボタンクサギには表土が乾いたらたっぷり水やりをします。鉢植え栽培であれば鉢底から水が溢れ出るまで水やりしてください。地植え栽培の場合、植え付け以降の水やりは不要です。

ボタンクサギの育て方:用土


ボタンクサギは適度な保水性と水はけをもつ土が適しています。「赤玉土7:腐葉土3」の配合土、または草花用培養土を使用しましょう。

ボタンクサギの育て方:肥料・追肥

ボタンクサギは有機質がたっぷり含まれている肥沃な土壌を好む植物です。植え付けの際に有機質の緩効性化成肥料を施しましょう。4〜5月の春と9〜10月には置き肥をし、夏の間は葉色が薄くなった場合のみ追肥してください。

ボタンクサギの育て方:植え付けの時期と方法


ボタンクサギは3〜4月に植え付け適期を迎えます。

鉢植え栽培のボタンクサギ

  1. 入手した株より一回り大きな鉢を用意する
  2. 鉢底ネットを敷いた鉢に、鉢底石を入れる
  3. 容器の1/3〜2/3の高さまで用土を入れる
  4. 株を鉢の中心に据え置く
  5. 株回りに土を足して、株を安定させる
  6. 土が乾燥しないように水やりをして管理する

地植え栽培のボタンクサギ

植え付け1〜2週間前に元肥となる緩効性化成肥料を土に混ぜ、よく耕しておきましょう。

ボタンクサギの育て方:花後の管理

ボタンクサギはこぼれ種の性質によって、放置していると勝手に増殖していきます。花がらは見つけ次第摘み取ってください。
古くなった枝葉が増えてきたり過度に密集している場合は、春に地際まで切り戻すことをおすすめします。

ボタンクサギの育て方:増やし方


ボタンクサギは株分け、挿し木で増やせます。

株分け

株分けの適期は3月です。株が生長し、これ以上大きくしたくない場合は株分けをしましょう。2〜3等分にするのがおすすめです。

挿し木

挿し木の適期は7〜8月です。葉を取り除き、10〜15cmに切り落とした枝を赤玉土に挿しましょう。土の乾燥を防ぐために水やりを切らさないことがポイントです。

ボタンクサギの育て方:注意する病気

ボタンクサギは病害虫の被害をほとんど受けることがない強健な植物です。株への被害を心配せず安心して育てられます。

ボタンクサギの育て方:どんな花を咲かせる?


ボタンクサギは7〜9月にかけて、枝先からアジサイのように2〜3mmの小花を密集させて咲かせる植物です。別名ベニバナクサギとも称される紅色の花からは、枝葉と違いさわやかな香りを漂わせます。

ボタンクサギの花言葉

ボタンクサギの花言葉は「輝く美しさ」「運命」です。
色鮮やかな紅と朱色の花と、緑の葉のコントラストは輝かしいばかりの美しさをもっています。

ボタンクサギの育て方を覚えよう


ボタンクサギはこぼれ種の管理をしっかり行いさえすれば、誰でも簡単に育てられる植物です。暑い夏でも青々と咲き誇るボタンクサギの花は存在感にあふれていますよ。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ボタンクサギの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
低木
学名
Clerodendrum bungei
別名
ヒマラヤクサギ,ベニバナクサギ
原産地
中国

ボタンクサギの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性
あり

時期

種まき
3月 、4月
植え付け・植え替え
3月 、4月
肥料
4月 、5月、9月、10月
開花
7月 、8月、9月
剪定
3月

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
シバザクラの画像

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。