アジュガの画像

アジュガの育て方

  • シソ科
  • アユガ属
アジュガの育て方の画像

抜いても、抜いても生えてくる雑草に悩んでいる人におすすめなのが、アジュガというシソ科の植物です。お庭のグラウンドカバーにも人気で4月~6月にかけて花が咲きます。

今回は、アジュガの育て方と種類を紹介します。

アジュガの育てる場所

アジュガは寒さに強く、暑さに弱い植物です。日陰を好むので、地植えをする時は直射日光や西日が当たらない場所に植えます。鉢植えで育てる時は、夏以外は1時間ほど日当たりの良い場所に置いて、その後は日陰で管理をします。

アジュガの水やり

鉢植えは、土が乾いてきたらたっぷり水やりをします。地植えの場合は根付いたら水やりは不要です。

肥料

植え付けの時に緩効性肥料を与えれば、追肥はしなくても育ちます。

肥料が多すぎると「肥料焼け」を起こすので、表示されている量を守りましょう。

用土

乾燥は苦手なので、水はけが良いだけでなく保水性もある土を選びます。鉢植えをする時は赤玉土6、腐葉土3、軽石1の割合で混ぜるのがおすすめです。アジュガを初めて育てる人は、観賞植物用の培養土を使ってもよいでしょう。

病害虫

アジュガがかかりやすい病気が灰色カビ病です。気温が低く、湿気が多い状態の時に発症しやすく、植物が灰色のカビに覆われます。茎や葉が灰色カビ病にかかると株全体が枯れてしまうこともあります。枯れた葉や花がらがあるとかかりやすくなります。病斑ができていたらすぐに取り除き薬剤をかけて病気を拡げないようにしましょう。

害虫で気を付けたいのが「アブラムシ」と「ハダニ」です。

アブラムシは多くの植物が被害に遭う害虫ですが、葉や茎を覆いつくすだけでなく、アブラムシが出す甘露という排泄物が「スス病」という病気を発症させることもあります。

ハダニは梅雨明けから9月頃に出やすい害虫で、クモの巣のような糸が張ります。水に弱いので、水やりの他に葉水をすることで減らせます。

植物は葉が混み合っていたり湿気が多い環境だと、病気にかかったり害虫が発生しやすくなります。水はけをよくし、通気性をよくするということも大事になります。

アジュガの苗を選ぶ時は、株が元気で葉がきれいなものを選びましょう。株が弱っていたり、葉が萎れているものは病気にかかっている可能性もあります。

アジュガの植え付け・植え替え

アジュガは春と秋の2回植え付けができます。「夏越し」ができないと翌年以降も花を咲かせることができないので、春よりは秋に植えた方が育てやすいでしょう。

苗から育てる時は、土を落としてから植え付けをします。鉢植えをする時は、一回り大きい鉢に植えます。

アジュガを植え替えるタイミングは、植え付けをしてから4~5年後になります。生育が弱くなったら、新しい土に植え替えるようにしましょう。アシュガの場合、鉢植えだけでなく、地植えも植え替えた方が生育がよくなります。

アジュガの増やし方

アジュガは繁殖力が強く、地植えをすると這うように茎が伸びることからグランドカバーにも向いています。

株分けをすると増やせるので、株が大きくなったら鉢を複数に分けて植え替えします。株分けをすることで根詰まりも避けられますし、根腐れ等の病気の予防もできます。

アジュガの手入れ

アジュガの花の時期は4月~6月です。花が咲き終わったら、茎の部分を短くカットします。

アジュガは繁殖力が強く、地植えにするとどんどん広がっていきます。特に梅雨の時期は「灰色かび病」や病気も媒介しやすいので、早めに手入れをして通気性が良い状態を保つようにしましょう。

アジュガの種類

アジュガはシソ科キランソウ属の植物で、中央アジアやヨーロッパが原産といわれています。種類が多く、花の色も紫、ブルー、白、ピンクと豊富です。日本では俳句の季語にも使われる「ジュウニヒトエ」もアジュガの仲間になります。

アジュガ・レプタンス

日本で最も流通しているアジュガの品種で、日本名は「セイヨウキランソウ」といいます。紫色がかった葉の色が特徴で茎が匍匐状に伸びていきます。花の色は紫で、30cm位の大きさまで成長します。園芸品種の「アジュガ・レプタンス・マルチカラー」「アジュガ・レプタンス・チョコチップ」「アジュガ・レプタンス・アークティック・フォックス」はアジュガ・レプタンスを小型化したものです。

アジュガ・ピラミリダス

アジュガ・レプタンスにも似ていますが、別品種で葉の形が丸みを帯びています。匍匐状に広がらない品種で、花はピラミッド状に重なっています。アジュガ・レプタンスと同様に庭のグランドカバーとしても人気があります

アジュガ・ゲネウェンシス

ヨーロッパを中心に生息するアジュガの品種で「ジュネーブのアジュガ」という意味があります。葉の色は緑で、ブルーの花が咲きます。まっすぐに伸びる茎が特徴です。

ジュウニヒトエ

日本の丘陵地帯に生息します。ブルーや紫の他に白花が咲きます。名前は、葉が重なる様子が平安時代の女性の装束である「十二単」に似ていることが由来です。

まとめ

アジュガは直射日光にさえ気を付ければ、比較的育てやすい植物といえます。

日陰でも育つので、お庭やベランダの日当たりが悪いという人にもおすすめです。

種類によって花や葉の色も違うので、複数の種類を組み合わせて栽培してもよいでしょう。

※トップ画像はluireさん@GreenSnap

アジュガの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
別名
レプタンス,ジュウニヒトエ,キランソウ
原産地
欧州、中央アジア

アジュガの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
強い
耐暑性
やや弱い
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

アジュガの新着投稿画像

アジュガの新着コラム

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード