ソテツの画像

ソテツ(蘇鉄)の育て方| 植え替え、株分けの時期や方法は?

  • ソテツ科
  • ソテツ属
ソテツ(蘇鉄)の育て方| 植え替え、株分けの時期や方法は?の画像

世界の熱帯地域を中心に生息するソテツは、幹が太く立ち上がり、幹の上に濃い緑色をした羽のような葉っぱを大きく広げています。1枚の葉っぱの大きさは0.5~2mにもなります。

ここでは、そんなソテツの育て方や、種類などについてご紹介したいと思います。

ソテツ(蘇鉄)を育てる場所

ソテツの栽培には日照がとても大切ですので、できるだけ日当たりが良く、風通しの良い場所に置きましょう。

ソテツは5℃程度の気温があれば冬を越すことができますので、冬場も室内の日当たりの良い場所に置いておけば大丈夫です。

ソテツ(蘇鉄)の水やり

ソテツを育てるときは、鉢の土が乾いてから水やりをします。ソテツは乾燥には強い方ですが湿気には弱いため、水やりをしすぎて根腐れを起こさないよう注意が必要です。

ソテツ(蘇鉄)の肥料

ソテツの栽培時には、5月頃からの春の生育期に、1回か2回くらい緩効性肥料を与えます。肥料のやりすぎも枯れてしまう原因になりますのでご注意ください。

ソテツ(蘇鉄)の土

ソテツは水はけのよい土を好みますが、基本的に土にはそれほどこだわらなくても大丈夫です。市販されている観葉植物の土を使えば問題ないでしょう。

ソテツ(蘇鉄)の育て方で注意すべき病気・害虫

ソテツには、カイガラムシが付く場合があります。葉っぱが黒くすすけている場合などには、カイガラムシによる可能性が高いです。殺虫剤で駆除しましょう。取り切れない場合は歯ブラシでこすり落としてしまえばOKです。

また近年になって、昔はいなかったクロマダラソテツシジミが国内でも発生するようになり問題化しています。これは、台湾やフィリピンなどの熱帯アジアに生息する蝶なのですが、幼虫がソテツの新芽を食べてしまうのです。

ソテツ(蘇鉄)の植え付け・植え替え

ソテツは比較的ゆっくりと育つので、植え替えは数年に1度のペースで行えばOKです。植え替え時期は5月から9月頃の温かい時期です。

鉢から株を抜いたら、古土を3分の1程度ふるい落とし、これまでより一回り大きな鉢へと植え替えます。

ソテツ(蘇鉄)の増やし方

ソテツの増やし方には、「実生」または「株分け」などの方法があります。

ソテツを種から育てるのはかなりの時間と手間がかかりますので、ここでは「株分け」による増やし方をご紹介します。

株分け時期は5月から9月頃の温かい時期、もしくはソテツの根元に子株が出ているのを見つけたときがチャンスです。子株がこぶし大ほどの大きさになったら切り離し、鉢植えします。その後、たっぷりと水をやり、日当たりの良い場所に置いて育てます。

ソテツ(蘇鉄)の手入れ

ソテツはとても育てやすく、普段のお手入れが楽な観葉植物です。古い葉っぱが黄色く垂れ下がってきてしまうようならカットしてあげてください。

ただ、ソテツは湿気に弱いため、万が一、根腐れを起こしてしまった場合には、株を掘り上げて幹を刃物で剪定し、再生させる必要があります。

根腐れを起こした場合、葉の伸びも悪いですし黄色い葉になりますので、そんなときは腐っている根元を剪定し、葉も切ってしまいましょう。そして、切り口を充分乾かしてから大きめの鉢に植え、日当たりの良い場所で育てて下さい。

ソテツ(蘇鉄)の種類

ソテツは熱帯地域を中心とした世界のあちこちに、112種類ほど存在しています。ここでは、日本でも人気のソテツを3種類ご紹介したいと思います。

エンセファラルトス ホリダス(オニソテツ)

エンセファラルトス属は、南アフリカに自生しているソテツです。カールした葉っぱがおしゃれで、人気があります。

ディオーン エデュレ

ディオーン属のエデュレはメキシコ原産のソテツで、日本でよく見るものには50センチ程度のものが多いですね。淡い緑色の葉が特徴的です。

ザミア プミラ

フロリダソテツとも呼ばれるザミア属のプミラは、フロリダから中央アメリカのあたりでみられるソテツです。チクチクしない葉っぱが特徴的で人気があります。

ソテツ(蘇鉄)の風水

ソテツは残念ながら、風水上では「陰木」とか「凶木」などといわれ、個人の家の庭に植えると良くないとされてきました。

ソテツを植えると手足を患うという説や、ソテツはよく根元に鉄を入れることがあるため「金を食う」という意味でとらえられて、お金が貯まらないといわれたりしています。

しかし、昔はお金持ちでなければソテツを植えることはできず、ソテツはお金持ちの象徴でした。また、「金を食う」を金が入ってくるという意味でとらえれば、お金持ちになれると考えることもできます。

どう考えるかは、あなた次第ということでしょう…。

ソテツ(蘇鉄)の育て方は意外と簡単!

今回は、世界の熱帯地域を中心に生息するソテツの育て方についてご紹介しました。

ソテツは、日当たりが良く風通しの良いところで育てれば、丈夫に育ってくれますので、育てやすい植物だと言えます。これならインテリアにグリーンを取り入れたい初心者の方にもおすすめです。

風水的にはネガティブな印象があるようですが、考え方は自分次第!

※トップ画像はtannin8さん@GreenSnap

ソテツの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
高木
学名
別名
原産地
日本、中国南部

ソテツの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
弱い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ソテツの新着投稿画像

みんなのソテツの育て方

ソテツの観察日記📝🌿

ソテツ成長記録

ソテツの新芽💚

ソテツの新着コラム

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード