ユスラウメの画像

ユスラウメの育て方

  • バラ科
  • サクラ属

ユスラウメの基本情報

ジャンル

庭木・花木

形態

低木

学名

Prunus tomentosa

別名

原産地

中国北部、朝鮮半島

ユスラウメの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

強い

耐暑性

普通

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ユスラウメの育て方の画像

ユスラウメ(梅桃)は1~3mほどの落葉低木で、春になると梅のような5枚の花弁を持つ梅のような花が咲きます。花は白や薄紅色で、3月中旬から4月上旬にかけて咲きます。風に揺れる様や梅の花に似ていることからユスラウメという名前がつきました。

ユスラウメの育てる場所

梅雨頃になると、赤い1cmほどの実が生り、酸味があるジャムに作られています。ユスラウメの若葉や枝は柔らかい毛でおおわれていて、よく似ているニワウメの葉や枝には毛がありません。原産地は中国北部や朝鮮で江戸時代に日本でも栽培されていました。寒さに強く、比較的育てやすい木です。

育てる場所は、日当たりがよく水はけがよい土地が適しています。日当たりが悪いと実がなりにくいので、枝が茂ったり他の木で隠れたりしないように注意が必要です。寒さに強く初心者でも比較的育てやすい木ですが、湿った場所は適しないので土は乾燥気味の方がいいでしょう。

ユスラウメの水やり

地植えの場合は根がついたら雨水だけで十分です。多湿になると木が弱るので、水のやりすぎには注意しましょう。鉢植えは、土が乾燥したら水をたっぷりと与えます。ユスラウメは乾燥気味の方がよく育ちます。湿度が高くなると、病気や害虫の被害にもあいやすいです。

肥料

ユスラウメは、地植えなら乾燥気味の土壌ならどこでも育ち肥料もそれほど必要ではありません。肥料をやる時期は、落葉したころの2~3月に化学肥料や堆肥を与えます。チッソ分が多い肥料は実の付き方を悪くなり枝や葉が茂りため、リン酸やカリが多めの緩効性化学肥料が適しています。鉢植えは、8月ごろにも化学肥料を施肥します。

用土

水はけのよい土地が適しているので、腐葉土や堆肥を土に混ぜ込みます。鉢植えは、鹿沼土か小粒の赤玉土7割ほどに対し、腐葉土を3割ほど混ぜ込みます。川砂を少し混ぜてもいいでしょう。

病害虫

●病気

ふくろみ病

ふくろみ病は、ユスラウメ特有の病気で花が咲いた後にみがふくらみ薄緑色のソラマメの鞘のような形になります。その周りがしわになり、白い粉の胞子に覆われて 5月の下旬ごろには黒褐色に変わり小さくなって落ちます。実になることが多いですが、たまに葉が丸くなって発生することがあります。

この病気になると、胞子が他のところへ飛んでしまうので、ふくろみ病ができたらすぐに取ってから焼却します。病気にかかったら、手袋やマスクをして発芽前に石灰硫黄合剤の10倍に希釈した液を散布します。必ず発芽前に散布しましょう。

●害虫

あまり害虫がつくことはありませんが、たまにカイガラムシがつくことがあります。枝や葉に1~3mmほどの白い虫がいたらカイガラムシの可能性があります。カイガラムシは汁を吸って木を弱らせるので、見つけたらすぐにブラシなどでとりましょう。

風通しが悪いと葉の裏にびっしりなんてこともあるので、こまめにチェックして早めに駆除することが大事です。成虫になって移動するものは殺虫剤が効きますが、殻が固く効かないものもあるので枝が茂ってきたら剪定して風通しをよくしましょう。

ユスラウメの植え付け・植え替え

実をたくさん採りたいなら、赤実種のウスラウメが適します。花だけを楽しみたいなら、赤でも白でもどちらでもいいでしょう。休眠期の2~3月に日当たりがいい水はけがいい場所に植え付けます。腐葉土や堆肥を混ぜた土に根鉢の倍くらいの大きさに穴を掘り、ウスラウメの苗を入れて土を戻します。水をたっぷりとかけて、根がつくまで水やりをします。

鉢の植え替えは植え付けと同じ時期の2~3月に行い、小粒の赤土を7割、腐葉土を3割混ぜて土を水はけをよくします。そして、根鉢の倍くらいの鉢に土を入れて、根鉢よりひとまわり大きい穴に苗を入れます。苗の根が固まっているなら、ほぐしてから穴に入れます。水をたっぷりと下の皿まで通るようにかけます。

ユスラウメの増やし方

ユスラウメを増やす方法は、種と挿し木ととり木の3つです。種は、市販されていないので6~7月に果実が熟してから採取し、それを洗って種を取り出します。種が乾かないように、湿気があるミズゴケと川砂に入れて冷蔵庫で春まで保存します。

新しい小粒の赤玉土を入れた育苗ポット1つに対し、1つの種を巻きます。乾かないように水やりをし、苗が10~15cmほどの高さに成長したら地植えや鉢に植え替えます。挿し木の方法は、その年の新しい枝を10~15cmほどにカットし、挿し穂を作ります。

それを1時間ほど水につけて水あげします。そして、上についている葉を2枚ほど残し下の葉はとります。その後、赤玉土や鹿沼土(市販の挿し木用の土でもよい)に植えて、根が出るまでは水やりをたっぷりとします。根がでにくいので、カットしたところに発根促進剤を塗ってもいいでしょう。

とり木の方法は、4月ごろに株からたくさん出てくるひこばえを用います。ひこばえの株元に土を盛り上げます。すると、ひこばえから根が出るので、それをカットして土に植え付けます。苗の植え付け方法と同じです。

ユスラウメの剪定

剪定はそれほど必要ありませんが、株が混みあっている場合は10月中旬から3月中旬の落葉期に行います。重なり合っている枝や株が詰まっている枝を間引きして、日当たりや風通しを中までよくします。剪定せずにそのままにすると、日陰になり枝が枯れてしまいます。ヒコバエや枯れた枝は根元からカットし、伸びすぎた枝は根元から3分のほどのところで切落し、木の形を整えます。

ユスラウメの収穫

ユスラウメの実は5月中旬から6月中旬に収穫します。赤い実の種類は、実がたくさんなります。皮が薄く、熟しやすいので手でつぶさないように収穫したら、すぐにジャムや果実酒などに加工するか、生のまま食べます。鈴なりに酸味がある実がなるので、鑑賞しても収穫しても楽しめます。

ユスラウメの花言葉

ユスラウメの花言葉は「郷愁」「輝き」「喜び」「ノスタルジー」です。ユスラウメの実はつやつやと輝きがあり、実を小さいころに食べたことが「郷愁」や「ノスタルジー」という言葉の由来です。ユスラウメは4月28日の誕生花で、「郷愁」は遠いところに住む知り合いに送る花言葉にふさわしい言葉です。

まとめ

サクランボのような赤い実や白い実をつけるユスラウメは、日当たりがいい場所であれば庭木や鉢植えでも比較的育てやすい樹木です。ジャムや果実酒などの実を食べられる樹木として昔から親しまれています。初めて実をなる樹木を育てるなら、ユスラウメを植えてみませんか。

※トップ画像は☆*:Yoo:*☆♪さん@GreenSnap

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

アーティチョーク

2m近くまで大きくなり、鮮やかな紫色の花は10〜20cmと大型のアザミのような植物です。しかし、アザ... アーティチョークの育て方へ

ムシトリスミレ

広げた葉の表面から消化酵素を含む粘液を出して獲物を捕らえる食虫植物です。 ムシトリスミレの育て方へ

デルフィニウム

日当たりのよい場所で育てますが、耐暑性が弱いので夏場は半日陰などで育てます。耐寒性は強いので冬越しは... デルフィニウムの育て方へ

ホトトギス

風通しの良い、明るい日陰で育ててください。 ホトトギスの育て方へ

レッドロビン

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 レッドロビンの育て方へ

イベリス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。 イベリスの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード