セロシアの画像

セロシアの育て方

  • ヒユ科
  • ケイトウ属

セロシアの基本情報

ジャンル

草花

形態

一年草

学名

Celosia argentea

別名

ノゲイトウ

原産地

熱帯地方

セロシアの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
セロシアの育て方の画像

セロシアは寄せ植えや鉢植えにぴったりの可愛らしい花です。手間が掛からず、初心者の方でも簡単に育てられます。

セロシアの育てる場所


日当り、水はけの良い場所を好みます。多湿を避け、風通しを良くして育てましょう。

セロシアの水やり

水は乾いたらたっぷり与えてください。

肥料


肥料は控えめにして育てると上手く行きます。

用土

水はけが良い一方で、保水性のある土を好みます。水はけの悪い土壌では根腐れを起こしやすいので気をつけましょう。市販の草花培養土か、赤玉土と腐葉土に川砂を少量配合したものを使います。

病害虫

病害虫には強いセロシアですが、風通しを良くして葉腐れを予防しましょう。古い葉を摘み取ったり、切り戻しをしたり、風通しに気をつけながら管理します。

セロシアの植え付け・植え替え

セロシアは、品種によって草丈やサイズがまちまちです。植え付けの際には、風通しが悪くならないように15~25cmくらい品種に合わせて間隔を取りましょう。

植え付け時には、根を動かさないように注意が必要です。セロシアは直根性の性質があり、移植を嫌う植物です。太い根を少しでも痛めてしまうとダメージが大きく、うまく根付きません。

セロシアは発育が大変に旺盛なので、生育にあわせて鉢植えの根鉢をチェックするようにします。根鉢が回っていたら一回り大きめの鉢へ植え替えましょう。植え替える時は、根を触らないように注意しましょう。

セロシアの増やし方

花後に種を採っておき、5月に種まきをして増やします。種は嫌光性なので日光の当る場所では発芽しません。また、セロシアの根はデリケートで移植を嫌うので、庭や植木鉢に直接まいて増やしてくださいね。

セロシアの手入れ

生育旺盛な分、鉢植えの場合は根詰まりしやすいので、時々根鉢のチェックをしてください。生育期間中も、葉や枝が混み過ぎないよう、適宜切り戻しを行いながら管理しましょう。

セロシアの種類

セロシアはケイトウの仲間ですが、主に種苗メーカーで改良されたノゲイトウ、ヤリゲイトウ、トサカケイトウなどを総称してセロシアと呼ぶことがあります。セロシアはケイトウよりも花が小さく、野生的でかわいらしい雰囲気が備わったものが多いです。

また、セロシアは品種改良されているだけあって、暑さに強く、育てやすいのが特長です。品種によって色やサイズや草丈にバラエティが豊富ですので、少しご紹介してみましょう。

セロシア・キャンドルケーキ

デコレーションケーキみたいに植栽アレンジされたセロシア・キャンドルケーキ。穂先がぷっくりと尖っていてキャンドルの炎に見えますよね。

セロシア・ローズベリーパフェ

ローズベリーパフェはおしゃれなピンクのツートンカラーが特長です。セロシアはドライにしても発色がよく、生きていた頃とほとんど色も変化しません。

セロシア・スマートルックレッド

こんもりと尖った赤い花とシックな紫の葉色が大人っぽいスマートルックレッド。シックな鉢に移し替えて、お部屋に飾ってみてくださいね。

セロシア・カラカス

ノゲイトウの改良品種で、鮮やかな赤紫の色が特長です。穂先もこんもりぷっくりしていて王冠のようなゴージャスな印象があります。

セロシア・アジアンガーデン

槍のようにとがったピンク色の花を秋までたくさん咲かせます。高さがあるので鉢植えのアクセントになりますよ。秋を感じさせる寄せ植えにもぴったりですね。草丈があるので、花壇の場合は後方に植えると良いでしょう。

セロシアの花言葉

「おしゃれ」「風変り」

花名および学名の「セロシア」は、ギリシャ語で炎を意味する「keleos」という言葉が語源となっているそうです。確かによく見ると、穂先が「燃える炎」のような形をしています。

セロシアの花言葉はケイトウと同じで、「おしゃれ」と「風変り」ということになります。明るく「おしゃれ」な色合いといい、炎に似た「少し風変り」な形状といい、セロシアにぴったりの花言葉だと思いませんか。

まとめ

花を生きたまま楽しむのもいいのですが、セロシアの最大の特徴を生かして、乾かしてドライフラワーにするのもおすすめです。ドライフラワーは生花から乾かすまでの時間が短ければ短いほど美しい仕上がりになります。セロシアはパサパサと乾燥したような花のため、乾かすのに手間が掛かりませんよ。

あなたの好きな色は何色ですか。セロシアは花色がとても豊富。お部屋の雰囲気に合わせて、カラフルで元気な色合い、シックで落ち着いた色合い、と変化に富んだ表情を見せてくれますよ。インテリアコーディネートがしやすいセロシアをぜひご家庭で楽しんでくださいね。

※トップ画像はaki~nakさん@GreenSnap

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

温帯スイレン

花は昼咲き性。根茎が太く長く、春に根茎の先端から芽を水中に伸ばし、水面に葉を広げます。 温帯スイレンの育て方へ

アルメリア

アルメリアは「海の近く」と言う意味で、自生環境に由来。 アルメリアの育て方へ

ルピナス

日当たりの良い場所を選んでください。 ルピナスの育て方へ

アブチロン

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は0℃程度まで耐えますが、3℃より下回... アブチロンの育て方へ

ツルウメモドキ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ツルウメモドキの育て方へ

カルーナ

涼しく、やせた酸性土を好みます。 カルーナの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード