ホトトギスの画像

ホトトギスの育て方

  • ユリ科
  • ホトトギス属

ホトトギスの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Tricyrtis hirta

別名

杜鵑,トード・リリー

原産地

日本

ホトトギスの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

強い

耐暑性

普通

耐陰性

あり

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ホトトギスの育て方の画像

ホトトギスは、紫色の斑点模様が特徴の花を咲かせる秋の野草。斑点模様を鳥のホトトギスの胸毛の模様にたとえて、こう呼ばれるようになりました。漢字では杜鵑草と表記します。
元禄時代から親しまれてきたホトトギスですが、さまざまな種類があり多彩な花色・形が楽しめることが特徴。一般的なホトトギスの花は、白地に紫色の斑点が入りますが、黄色い花を咲かせる種類もいくつかあります。
花の形は、杯形の「ホトトギス形」と釣鐘形の「ジョウロウホトトギス形」に分かれています。本種はホトトギス形です。杯形は上向きに、釣鐘型は下向きに花が咲きます。種類によって、全く異なる姿を楽しめるのもホトトギスの不思議な魅力ですね。
ホトトギスは日本列島に幅広く自生していますが、園芸植物としても人気があります。日陰でも育つ秋の花として親しまれているホトトギスは、適度な湿り気がある場所で良く生育します。

ホトトギスの育てる場所

半日陰が適しています。春は日に当て、梅雨を過ぎたら明るい日陰で管理します。少々湿り気のある場所を好みます。種類によっては、暑さに弱いので注意してください。葉焼けを起こしやすいので、夏場は直射日光が当たる場所を避けましょう。
鉢植えでも地植えでも楽しめます。草丈は40㎝~1mほどになります。

ホトトギスの水やり

湿り気を好むので、春から秋は毎日水やりします。
乾燥や強い日差しで葉焼けを起こしてしまうことがあるため、夏場は葉水で過湿してもよいでしょう。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を元肥として施します。10月と4月には、株元に固形肥料で追肥しましょう。5月ごろまでの生育期には、週に1回液肥を与えてください。

用土

水はけと水もちのよい土で育てます。ホトトギスとタイワンホトトギスは、水はけがよければ用土を選びません。市販の草花培養土や山野草の土が便利です。

病害虫

アブラムシ・ナメクジなどの害虫、白絹病に注意します。

アブラムシ

春から夏にかけては、アブラムシが発生することがあります。薬剤散布で対策しましょう。アブラムシを見つけたら手で一つひとつ取り除くか、水で流して駆除してもよいです。

ナメクジ・カタツムリ

ナメクジやカタツムリが、新芽や若葉を食べてしまいます。見つけ次第、即座に駆除してください。

白絹病

白絹病の初期症状は、下葉が黄色くなって茎や葉がしおれます。その後、株元や周辺の土に白い絹糸状のかびが蔓延し、株が弱っていってしまいます。
予防と対策は、石灰で土壌をアルカリ性に調整し、表面を乾燥させることです。放置していると毎年発生します。

ホトトギスの植え付け・植え替え

植え付け・植え替えの適期は3月~4月です。ホトトギスの根は発育がよく、すぐに大きくなるので鉢が小さくなったら一回り大きなものに植え替えるようにします。鉢植えの場合、1年に1回か2年に1回は植え替えます。

ホトトギスの増やし方

ホトトギスは、株分け・挿し芽・種まきで増やすことができます。

株分け

春先に植え替える際、株が自然に分かれている場所で分けます。

挿し芽

挿し芽は5月~6月が適期です。茎を3~5節残して切り、挿し木用の土や赤玉土などに挿します。水ゴケを使用すると根付きが良くなります。

種まき

種まきで増やすこともできます。開花が終わった11月下旬から12月に種を採取し、翌年の2月ごろまきます。順調に育てば、種をまいた年の秋に花を咲かせます。

ホトトギスの剪定

基本的に剪定は必要ありません。

ホトトギスの種類

ホトトギスの仲間は、東アジアを中心に現在約20種が確認されています。日本に自生するホトトギスは10種ほど。バリエーションに富んだ花色や形が楽しめますよ。

タイワンホトトギス

台湾、沖縄、西表島に生息しています。地の赤紫色に白紫色の斑点が入った美しい花を咲かせるのが特徴で、花期は9月から10月。別名ホソバホトトギスとも呼びます。

キバナノホトトギス

美しい黄色の花を咲かせるホトトギスです。鮮やかな黄色の花には紫の斑点が入りますが、小さいのであまり目立ちません。茎は暗紫色で、宮崎県に多く分布しています。ホトトギスより、水はけのよい環境を好みます。

ヤマジノホトトギス

白地に紫色の斑点が入った花が特徴のヤマジノホトトギス。一部、斑模様のない品種もあります。茎には荒い毛が生えており、茎の先や葉のわきに細い花弁を1~3個付けます。日本全国の山地に自生していますよ。

ジョウロウホトトギス

釣鐘形の花を付けるジョウロウホトトギスです。花が下向きに咲きます。上品な花姿が上臈(女官)を連想させるとして、この名が付きました。四国・九州に多く分布しているので、トサジョウロウホトトギスとも呼ばれています。茎には毛が生えており、葉は光沢があって細長い形をしているのが特徴。
ジョウロウホトトギスの仲間には、よく似た姿のキイジョウロウホトトギスなどがあります。

ホトトギスの花言葉

ホトトギスの花言葉は、「永遠にあなたのもの」「秘められた恋」です。

まとめ

ユリ科ホトトギス属のホトトギスは、花が美しい秋の野草として人気。別名ユテンソウ(油点草)とも呼びます。これは、若葉に油の染みのような斑点が入ることから名づけられました。
主に東南アジアに分布するホトトギスは、日本を中心に広がっていることから、日本原産の植物とされています。日本のホトトギスは、主に太平洋側に自生しています。半日陰~日陰の湿り気のある斜面やがけ、岩場が生息地。全国に分布しているものから、一部地域にのみ自生する種類もあります。
現在日本列島に自生しているホトトギスの仲間は、日本固有種も含め、なんと約10種類も。9月から10月の開花シーズンになったら、野生のホトトギスを探してみてください。運が良ければ珍しい種類に出会えるかもしれません。
さまざまな種類があるホトトギスですが、どれも花色や花姿がさまざまでユニーク。種類によって個性があって、面白いですよね。異なる品種の栽培にチャレンジしてみるのも楽しいですよ。
耐陰性がある、秋に咲く花をお探しの方はぜひホトトギスを育ててみてくださいね。夏の暑さと直射日光には気を付けましょう!

※トップ画像は花と虫と風と空とさん@GreenSnap

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

デルフィニウム

日当たりのよい場所で育てますが、耐暑性が弱いので夏場は半日陰などで育てます。耐寒性は強いので冬越しは... デルフィニウムの育て方へ

フクシア

日当たりのよい場所を好みます。暑さ、多湿には弱いので、夏場は風通しの良い半日陰で育てます。冬場は5℃... フクシアの育て方へ

サフィニアブーケ

花束のようにキュッとまとまりコンパクトに育つため、ベランダでも育てやすいです。次々と花が咲き秋まで楽... サフィニアブーケの育て方へ

クコ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 クコの育て方へ

スミレ

スミレは日当たりのよい野原、道端などに生える多年草です。 スミレの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード