トネリコの画像

トネリコの育て方|鉢植えや室内でも栽培できる?挿し木はかんたん?

  • モクセイ科
  • トネリコ属
トネリコの育て方|鉢植えや室内でも栽培できる?挿し木はかんたん?の画像

青々としたトネリコの木は、人気が高い観葉植物の一つ。トネリコは公園などに植えられていることも多いです。日本原産なので和風の家にもよく合います。トネリコはウルシとして用いられたり、バットの材料としても用いられています。かなり大きくなるので、基本的に庭に植えて育てることになるでしょう。ここでは、そんなトネリコの育て方を見ていきましょう。

トネリコの栽培場所

トネリコは、日向もしくは半日陰で育てます。強い日差しが当たると、日差しに当てすぎると葉焼けを起こすこともあるため、あまりおすすめできません。葉焼けが起きるとうまく光合成などができず、成長に問題が生じることもあるので注意しましょう。

とはいえ、日に当てないと、それはそれで成長に影響を与えます。日に適度に当てることで葉っぱに艶も出てきます。うまいスポットを見つけて植えてみましょう。

また、トネリコは寒さにはある程度強いですが、冬場の最低気温がマイナス5度を下回るようだと危険です。このような地域では冬場は室内で育てると良いでしょう。

トネリコの水やり

トネリコを庭で育てるならば、水やりは不要です。植え付け時に水を与えたら、あとは降雨に任せます。トネリコを室内で育てる場合には、土が乾いてきたら水をやります。

トネリコの肥料

トネリコの成長期に、株元へ緩効性肥料を与えます。

トネリコの土

トネリコを育てるときは、水はけの良い土壌を用いましょう。庭に植える際には、庭土に腐葉土を3割ほど混ぜます。

トネリコの植え付け・植え替え

トネリコの植え付け時期は、4月頃が適期です。一回り大きな穴を掘って、苗付けしてください。あとは水をたっぷりと与えておきます。

トネリコの増やし方

種まき

トネリコは「種まき」で増やすことができます。花が枯れたら種子を栽培しましょう。しかし、種から増やすのはかなり時間がかかります。

挿し木

一方の「挿し木」はオーソドックスな方法で、おすすめです。挿し木は4月から6月に行います。挿し木にする枝を切り取ったら、水に数時間つけたあとに用土に植え付けます。根付くまでに時間がかかりますが、根付いたらすくすく成長していきます。

トネリコの育て方で注意すべき病気・害虫

イモムシ

イモムシが発生することがあります。イモムシに葉を食い散らされるとトネリコの魅力も半減します。オルトランなどを撒いて対処しましょう。

スズメガ

スズメガの幼虫が発生することがあります。スズメガの幼虫もイモムシと同様に葉を食害します。殺虫剤などで対処します。

ハダニ

歯の裏側に取り付いて養分を吸収します。ハダニは霧吹きなどで落とすことが可能です。大量に発生する場合には殺虫剤で一気に退治しましょう。

トネリコの花

トネリコは初夏になるとクリーム色の花をつけます。夏場になると枯れてくるので種がつくまで待ちましょう。また、花は小さいので見つけにくいかもしれません。

トネリコの手入れ・剪定

トネリコは11月になったら剪定をしてあげましょう。伸びすぎている枝は切っておきます。植えてから数年の内はシルエットを整えることに注力します。

また、モサモサシすぎて風通しが悪くなっている箇所の枝も取り除きましょう。風通しが悪いと病気などが発生しやすくなります。しかし、トネリコは自然とシルエットがまとまりやすいのでそこまで剪定する必要性はありません。

葉が落ちる原因

乾燥させすぎると、トネリコの葉がかなり落ちることがあります。ほかにも、水のやりすぎも禁物です。葉が落ちすぎると成長にも悪影響を与えかねないので、気をつけておきたいところです。

トネリコの鉢植え栽培ポイント

トネリコは、鉢植えでの栽培も可能です。鉢植えで育てて、インテリアの一つとして楽しむと良いでしょう。

そんな鉢植え栽培の際に気をつけておきたいのが乾燥です。乾燥させてしまうと葉っぱが落ちたり成長速度が落ちます。乾燥を防ぐためにも水切りさせないようにするとともに部屋の湿度にも木を払っておきましょう。

また、トネリコは大きくなると軽く背丈を超えるくらいに大きくなります。もしも大きくなって、室内で育てるのが難しくなった場合には、庭に植え替えると良いでしょう。

さらに、室内で鉢植えで育てているとあまり日にあたらず成長しにくいことがあります。積極的に窓際などに置いて、日に当てるようにしておいてください。

トネリコの木を観葉植物として楽しもう!

トネリコをこれから鉢植えで育てるか庭植えで育てるか迷っているならば、基本的に地植えを選ぶ方が無難です。トネリコはかなり大きくなるので、鉢植えだといずれは庭植えしないといけなくなることも多いです。それならば最初から庭植えしたほうが木に与える悪影響も少なくなってくるからです。

トネリコは生け垣などとしてもおすすめです。トネリコにもシマトネリコやアメリカトネリコなどがあるのでいろいろな品種から自分にあったものを選んでみてくださいね。

※トップ画像はmeguさん@GreenSnap

トネリコの新着コラム

トネリコの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
高木
学名
別名
原産地
日本

トネリコの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
剪定
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

トネリコの新着投稿画像

みんなのトネリコの育て方

ダイソー産トネリコの成長記録

こぼれ種から。シマトネリコ

シマトネリコ

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメンの育て方へ シクラメンの花言葉へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチアの育て方へ ポインセチアの花言葉へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオの育て方へ アサガオの花言葉へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズの育て方へ クリスマスローズの花言葉へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーションの育て方へ カーネーションの花言葉へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラの育て方へ シバザクラの花言葉へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード