スカビオサ・コーカシカの画像

スカビオサ・コーカシカの育て方

  • スイカズラ科
  • スカビオサ属

スカビオサ・コーカシカの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Scabiosa

別名

マツムシソウ,リンボウギク

原産地

ユーラシア、南アフリカ

スカビオサ・コーカシカの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

強い

耐暑性

普通

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
スカビオサ・カウカシカ(コーカシカ)の育て方の画像

スカビオサは、ヨーロッパや南アフリカを原産地として80種類以上が自生している植物で、日本の山野に咲く日本の固有種「マツムシソウ」もスカビオサの一種です。

スカビオサには一年草、二年草、多年草があり、開花期間や性質もまちまちです。細く長く伸びた花茎の先端に、花を一輪ずつ咲かせますが、小花が集まった花芯の周りに、大きな色鮮やかな花びらが広がります。

スカビオサ・カウカシカ(コーカシカ)は、一年草扱いされることが多いのですが、条件が合えばずっと咲き続ける四季咲き性を持った多年草です。

スカビオサ・カウカシカ(コーカシカ)はコーカサス地方が原産地なので、「コーカサスマツムシソウ」とも呼ばれています。

スカビオサ・カウカシカ(コーカシカ)は、花径6~8cmくらいの大輪の優雅な花をつけ、濃青紫色の「ファーマ」、鮮やかな青色の「コンプリメント」、ラベンダーブルーの「パーフェクタ」、真っ白な「アルバ」など、園芸品種が多数あります。

スカビオサ・カウカシカ(コーカシカ)の育てる場所

スカビオサ・カウカシカ(コーカシカ)は、日当たりのよい風通しのよい場所を好みます。高原の草原で風に揺られるイメージがあるように、高温多湿が苦手なので、夏の暑さで枯れてしまうことがよくあります。

スカビオサ・カウカシカ(コーカシカ)は、冬の北海道でも屋外で越冬できるほど冬の寒さには強いので、寒冷地向きの植物です。

暖地で育てる場合は、鉢植えで育てて、夏暑いときは風通しの良い涼しい半日陰に置き場所を変え、暑さで枯れるものとして、一年草として育てるのがおすすめです。

スカビオサ・カウカシカ(コーカシカ)の水やり

スカビオサ・カウカシカ(コーカシカ)は、多湿を嫌い、水はけのよい土を好みます。

上から水やりすると葉が蒸れやすいので、水やりの時は、葉をよけて土に水をかけるようにしましょう。

鉢植えの場合は、表面の土が乾いたらたっぷりと水やりしましょう。

庭植えの場合は、根付いた後は自然の恵みだけで十分です。

かなりの乾燥に耐える反面、長雨で多湿になりやすいので雨の当たらない場所っで育てましょう。

肥料

植え付け時に腐葉土を混ぜ込んだり、元肥が入っている土を用いた場合、肥料はほとんど必要ありません。

開花期間に時々水代わりに液体肥料を施肥しましょう。

鉢植えは春と秋に少量の緩効性化成肥料をまいておきましょう。

多肥にすると草丈が高くなりすぎて倒れやすくなるので、肥料は控えめにしましょう。

用土

庭植えの場合、あらかじめ少量の苦土石灰をまいてから、腐葉土を混ぜ込んだ土を用いましょう。

酸性土壌を嫌うので、鹿沼土やピートモスなど、酸性寄りの土を使わないようにしましょう。

鉢植えの場合、普通の草花用の培養土に赤玉土小粒を混ぜ込んだ土や、赤玉土小粒に半量ほど腐葉土をブレンドした土、山野草用の土がおすすめです。

スカビオサ・カウカシカ(コーカシカ)は、水はけのよい土を好むので、水はけが悪いときは、川砂やバーミキュライト・パーライトなどをブレンドするのもおすすめです。

病害虫

蒸れると灰カビ病などを発病します。

発生した場合は、病巣部分を切り取り、葉や茎を少し切り取って風通しを良くしておきましょう。

スカビオサ・カウカシカ(コーカシカ)の植え付け・植え替え

植え付けの適期は、3月中旬~4月と9月中旬~10月です。

スカビオサ・カウカシカ(コーカシカ)の花付きのポット苗は、根がびっしりになっていることが多いので、購入後すぐ、根をいじらないでそのまま植え替えましょう。

鉢植えは、一回りか二回り大きな鉢に植え替えましょう。

庭植えは植え付け後は植え替えの必要はありませんが、鉢植えは鉢が詰まってきたら、一回り大きな鉢に植え替えましょう。

スカビオサ・カウカシカ(コーカシカ)の増やし方

種まきか株分けで増やします。

種から育てる場合、発芽温度が15~20℃で、夏の暑さに弱いので、9月~10月ごろに種まきするのがおすすめです。

種の上には薄く土をかぶせて、発芽するまでは乾燥しないように注意してください。

大株になったスカビオサ・カウカシカ(コーカシカ)は、植え替えの時に手で分けるようにして株分けします。

スカビオサ・カウカシカ(コーカシカ)の手入れ

花が咲き終わったら、付け根のところで花茎を切り落としておきましょう。

株が蒸れると弱るので、混みあってきたら適度に混んだ葉を切り取って風通しを良くしておきましょう。

まとめ

スカビオサ・カウカシカ(コーカシカ)は、日当たりと風通しの良い場所をこのみ、水はけのよい土で育てます。

寒さには非常に強いのですが、高温多湿に弱いので、梅雨や夏は涼しい場所に置き場所を変えましょう。

※トップ画像は栽培日記@宮崎さん@GreenSnap

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

ケマンソウ

明るい日陰、または午後は日陰になる場所で育てましょう。 ケマンソウの育て方へ

ダイモンジソウ

湿った場所を好みます。風通しの良い、明るい日陰で育ててください。 ダイモンジソウの育て方へ

ハナカンザシ

日当たりと風通しのよい場所で育てます。 ハナカンザシの育て方へ

ハボタン

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ハボタンの育て方へ

アセビ

日向、もしくは日が当たる半日陰を好みます。 アセビの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード