コレオプシスの育て方|種や株分けでの増やし方とは?

  • キク科
  • コレオプシス属

キク科のコレオプシスは、アメリカ大陸や熱帯アフリカに約120種類が分布する植物です。園芸では、主に北アメリカ原産種が栽培され、日本には明治時代から輸入され始めました。コレオプシスの特徴をつかみ、初めての方でも分かりやすい育て方を教えます。

コレオプシスの日当たり

コレオプシスは生命力のある植物なので、日当たりのいい場所であれば、特にこれといった特別な条件を要しません。屋外で育てるのがよいですが、室内でも日当たりのいい場所や、昼間は日光に浴びさせ、夜は室内にいれても問題はありません。

ただし、あまりに日当たりの悪い日陰だと、花がつきにくいことがあるため、うまく育ってくれません。

コレオプシスの置き場所

コレオプシスは多湿な場所では育ちにくい傾向があります。湿気の少ない場所や、風通しがよい場所に置いてあげましょう。

庭で育てるのであれば、水はけのいい土に植えると元気に育ちます。

コレオプシスの水やり

夏の水やり

多湿を嫌う傾向がコレオプシスにはあるので、基本は土が乾いたら、水をたっぷり与えるようにしてください。水をやりすぎると、腐って枯れる原因になります。

しかし、いくら乾燥を好むといっても、極端な乾燥はコレオプシスも苦手とします。直射日光がきつい真夏の時期などは、水やりしても蒸発スピードが速い場合があるので、その場合は、朝と夕方に、水を二回あげても問題ありません。

冬の水やり

コレオプシスは寒さに強い植物です。厳冬地でなければ、特に屋外に置いていても問題はありません。マイナス5℃以下を切ると枯死するので、その場合は室内に避難させておきましょう。

冬場の水やりは、特に注意することはないので、土が乾いてきたら少しあげる程度でいいでしょう。乾燥させすぎず、水をやりすぎず、常に植物の様子をみてあげてください。

コレオプシスの肥料・追肥

生長する春から秋に掛けて、コレオプシスの肥料が途切れないように、液体肥料を最低でも毎月2〜3回は与えるとよいでしょう。

開花期が遅い種類のものは、春から梅雨頃までと、秋口に月1回の置き肥をしてあげると、花数も増え、賑やかになります。

地植えならば、あまり肥料を必要としませんが、鉢植えやコンテナ植えならば、肥料を与えないと花は咲きません。観察しながら肥料の量を調整し、きれいな花を咲かせてあげてください。

コレオプシスの土

コレオプシスは生命力が強いので、適した環境に地植えしたコレオプシスならば、土質を気にする必要はありません。

鉢植えやコンテナ植えをする場合ならば、ホームセンターや植木屋で売っている、一般の草花用培養土で事足ります。

水はけをよくするために、市販されている土に、赤玉土を少量混ぜるのもよいでしょう。赤玉土は時間が立つと粒が細かくなって、水はけが悪くなってくるので、新しく土を混ぜるといいでしょう。

コレオプシスの植え替え・植え付け

多年草のコレオプシスは苗で植え付けします。一年で枯れてしまう多年草でも、一年草タイプのものは、花を咲かせたあとに枯れてしまうため、特に毎年植え替える必要はありません。

あまりに生長が早く、根詰まりを起こして鉢の底から根が出ている場合なら、植え替えてしてもかまいません。生長が旺盛な多年草タイプは、株分けを兼ねる意味で植え替えを行います。

コレオプシスの増やし方(種まき・株分け)

コレオプシスは「種まき」と「株分け」で増やせます。一年草タイプならば「種まき」から、多年草タイプならば「株分け」がおすすめです。

種まき

種まきをするなら、中秋の9月中旬頃から10月にかけて、過ごしやすい気温の時期にまきましょう。気温が高いと発芽しにくくなります。20℃前後の過ごしやすい日を選んであげるのがベストです。

株分け

株分けをするなら、越冬し、これから生長する早春の頃、あるいは花が散らせた晩秋が適期になります。子株にわけて数を増やしていきましょう。

コレオプシスの育て方で注意すべき病気・害虫

かかりやすい病気

コレオプシスがなりやすい病気としては、歯の表面に白いカビが発生するうどんこ病や、葉に淡黄色の斑点ができるべと病などがあります。水はけが悪く湿気ると、カビなどの菌が発生しやすくなります。

枝を透かしたり、切り戻したりすることで隙間が空き、風通りがよくなります。また、うどんこ病は薬剤を散布する前に自然治癒できる病気なので、初期段階であれば、濃度の薄めた酢や重曹をスプレーすると復活する場合があります。

酢の酸性や重曹のアルカリ性に触れさせると、カビは繁殖力が落ちます。1週間に1度スプレーをして、様子をみてください。それでも治癒しない場合は、コレオプシスにあった薬剤のものを使用するようにしてください。

つきやすい虫

害虫で気をつけておきたいのは、アブラムシです。春の時期やつぼみの頃に発生しやすいので、見つけ次第駆除するよう心がけましょう。

コレオプシスの管理温度

コレオプシスは耐寒性があり生命力があります。風通しをよくして、乾燥気味に保つことで長生きします。20℃前後の過ごしやすい温度で管理しましょう。

コレオプシスの花言葉

6月26日の誕生花とされるコレオプシスの花言葉は、「夏の思い出」「陽気」などがあります。

コレオプシスの花を育ててみよう!

今回はコレオプシスというキク科の植物の育て方をご紹介しました。

条件の厳しい荒れ地であっても育つことが多いので、ワイルドフラワーとして植えられる植物です。

見た目の美しい黃色の花を咲かせ、その種類も約百種とあり豊富です。

花言葉に込められた意味も多く、相手にプレゼントするときは、

どの意味を込めて贈ったのか、一言説明が必要かもしれませんね。コレオプシスを植えてみて、今日から育ててみましょう。

※トップ画像はPhoto by Tenさん@GreenSnap

コレオプシスの新着コラム

コレオプシスの花言葉|種類や花の特徴、ワイルドフラワーでおすすめ?の画像

コレオプシスの花言葉|種類や花の特徴、ワイルドフラワーでおすすめ?

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

コレオプシスの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
Coreopsis
別名
原産地
北米、中南米

コレオプシスの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

種まき
3月 、4月
植え付け・植え替え
3月 、4月、10月
肥料
4月 、5月、6月、9月、10月
開花
5月 、6月、7月、8月、9月、10月
剪定
6月 、7月

コレオプシスの新着投稿画像

みんなのコレオプシスの育て方

いいね
1

コレオプシス ‘スター クラスター’

秋の花壇に向けて
by.ねどん
いいね
0

コレオプシス スイートマーマレード

コレオプシス スイートマーマレード
by.スミレ

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
バラの画像

バラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。