プロテアの画像

プロテアの育て方|植え付けや水やりの方法は?種からも育つの?

  • ヤマモガシ科
  • プロテア属
プロテアの育て方|植え付けや水やりの方法は?種からも育つの?の画像

切り花やドライフラワーで出回ることが多い大きなエキゾチックな花「プロテア」は、約1億年前から存在しているといわれています。切り花も長持ちして、枯れても形が崩れないことが人気理由の一つです。

「キングプロテア」や「ピンクアイス」などの「プロテア」は南アフリカが原生地です。オーストラリアに自生している「テロピア」もプロテアの仲間です。

そんなプロテアの育て方を説明します。

プロテアを育てる場所

プロテアは暑さにも寒さにも強い植物ですが、どちらかというと寒いところより暖かいところを好みます。そのため、プロテアは日当たりが良い場所で、適度に風通しをよくして育てましょう。寒風が強くあたると、葉が枯れてしまうことがあります。

真夏の気温が高いことにはあまり影響を受けませんが、多湿に弱く、夏の間は風通しの良い半日陰に移動させるか遮光をしましょう。

また、プロテアは耐寒性があるので、暖地では霜が当たっても越冬できますが、霜に当たると新葉が傷むことがあります。‐2℃を下回ると枯れてしまうので、寒冷地では冬は暖かい窓辺で管理しましょう。

プロテアの水やり

プロテアは乾燥がちな環境を好むので、表面の土が乾いたらたっぷりと水やりします。いつもじめじめとしている状態に置くと、根腐れしてしまうので気を付けましょう。

真は特に過湿になると枯れやすいので、水やりは控えめにして乾燥気味に管理します。

冬もまた、休眠気味になるので水やりは控えます。乾燥気味といっても、乾きすぎても枯れることがあるので気を付けましょう。多肉植物やサボテンに合わせると乾かし過ぎになります。

地植えにしたプロテアには基本的には水やりは必要ありません。ただし、梅雨など長雨のときの過湿には気を付けましょう。

プロテアの肥料

プロテアはやせ地でも育ち、肥沃な土地では枯れてしまうので、肥料は与えなくてもかまいません。

もし肥料を与える場合は即効性の高い液体肥料ではなく、緩効性化成肥料を与えるようにしましょう。プロテアは、窒素分の多い肥料を好みます。

プロテアの土

プロテアを育てるときは、酸性寄りの土を用いましょう。プロテアを地植えにするときは、日本であれば基本的に庭土をそのまま使って大丈夫です。

鉢植えにする場合は、ブルーベリーやつつじ、シャクナゲなどの培養土を使いましょう。鹿沼土小粒と腐葉土・ピートモスなどをブレンドした土もおすすめです。

ただし、プロテアの中にはアルカリ性寄りの土壌を好む品種「ジェスター」などもあるので、植える前に確認しておきましょう。

また、普通の培養土に赤玉土小粒や川砂、バーミキュライト・パーライトなどをブレンドして、水はけを改良しておくと良いでしょう。

プロテアの植え付け・植え替え

植え付け

プロテアの植え付け時期は、3月~4月頃が適期です。

植え替え

地植えの場合は植え替えの必要はありませんが、鉢植えは3~5月が植え替えの適期です。

プロテアは根が傷つくと枯れるので、植え付けは土を落とさずにそのまま植えつけましょう。鉢植えのときの土を落とさないでそのまま植え付け、一回りか二回り大きな鉢に植え替えます。

植え替え頻度の目安は2~3年ごとに1回ですが、鉢が小さい場合、プロテアは生育が旺盛で根詰まりしやすいので、毎年植え替えるのがおすすめです。

プロテアの増やし方

プロテアの切り花がよく流通しているので「挿し木」で増やすことができればよいのですが、こちらは難しいとされています。そのため、プロテアの増やし方は、「種まき」が一般的です。

種まき

プロテアの種が隠れる程度に薄く土をかけ、水切れしないように気を付けて栽培します。プロテアの栽培適温が10~25℃なので、温度管理に気を付けましょう。春に種まきするのが適しています。

プロテアの手入れ

プロテアは乾燥を好み過湿を嫌うので、梅雨の時期に地植えしているものは雨除けを付けましょう。土も盛り土しておくなど、あらかじめ排水対策は必要です。

プロテアの育て方で注意すべき病気・害虫

プロテアを育てていると、カイガラムシやハダニが付くことがあります。あらかじめ薬剤を散布しておくなどして防ぎましょう。

プロテアの花

プロテアの花の花びらに見える部分はすべて小さな花で、小さな花が寄り集まって一つの大きな花になっています。

プロテアの地植えで育ててみよう!

プロテアは、切り花にしてもドライフラワー長持ちします。過湿を嫌うので、水はけには注意をしましょう。プロテアは大きな花を咲かせますが、なるべくコンパクトに育てたい場合は適宜剪定して整えましょう。また、やせ地に育つので、肥料のやりすぎに気を付けましょう。

※トップ画像はオアシス☆さん@GreenSnap

プロテアの新着コラム

プロテアの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
低木
学名
別名
原産地
南アフリカ

プロテアの性質

栽培難易度
難しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
剪定
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

プロテアの新着投稿画像

みんなのプロテアの育て方

Photo By 蟹江うぇす子(36)

ユッカとアデナンサスとプロテアのその後

Photo By Aやん。

プロテア リトルプリンス、ミニキングの基本

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメンの育て方へ シクラメンの花言葉へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチアの育て方へ ポインセチアの花言葉へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオの育て方へ アサガオの花言葉へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズの育て方へ クリスマスローズの花言葉へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーションの育て方へ カーネーションの花言葉へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラの育て方へ シバザクラの花言葉へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード