警告

warning

注意

error

成功

success

information

フェニックス・ロベレニー

GreenSnapには、みんなのお家のフェニックス・ロベレニーの画像が 6枚投稿されています。フェニックス・ロベレニーのコラムも 5記事あるので、育て方や増やし方、飾り方やアレンジテクニックまで様々な情報を調べることができます。
コラム
5件
投稿画像
6枚

フェニックス・ロベレニーの新着コラム

いいね済み
1
2020.08.27

フェニックスの花言葉|意味や種類、インテリアにおすすめ!

南国のエキゾチックなムード漂うフェニックスをご存じでしょうか。羽のようないきいきとした葉が魅力的で、観葉植物としても大人気です。今回はフェニックスの花...
by.greensnap
いいね済み
16
2020.01.29

お部屋のシンボルツリーに!ひと鉢で抜群の存在感をもつ観葉植物5選

こんにちは。花と多肉好きライター、ariです。 みなさんは、お部屋に観葉植物を飾っていますか? 我が家のリビングには、大きめのウンベラータの木が1本。...
by.uchida
いいね済み
2
2017.02.06

リビングに置くと印象を与える観葉植物

家の中でリラックスする場所といえばリビングです。 そんなリビングに観葉植物を一つ置いただけでがらっと印象を変えられます。 今回はリビングに合う観葉植物...
by.mitsukuri
いいね済み
4
2016.11.17

屋外での生育におすすめの観葉植物3選

屋外に向いている観葉植物を探していると言う方のために、3種類のおすすめ品種をご紹介します。 大型の植物はベランダや庭などに置くことが多いので、そんな植...
by.tokuhara
いいね済み
1
2016.09.06

巨大な観葉植物。奇怪なものから可愛いものまで!

観葉植物といえば、手軽なものから、世話が大変なものまで幅広くあります。実は、大きくてもすごく育てやすい観葉植物があるのです。そんな初心者向けな巨大観葉...
by.tokuhara

フェニックス・ロベレニーの新着投稿画像

いいね済み
13
美遊庭 抱夢&待夢【Beauty HOME TIME】
我が家を建てて10数年、庭はアチキ1人コツコツと失敗や色々な経験を経てようやく落ち着きはじめた小さな庭【美遊庭=beauty】新築当初スーパーで買って食べたアボカド🥑の種を何気に庭に放置して7年程前から1個か2個だか毎年実はみのるが途中風でだいたい実は落ちる💦鉢植えでアボカドを育てて楽しむ人は多いが、やはり地植えすると大変です。今日は天気が良かったので枝を剪定したよ。同じ新居が建ち庭創りをはじめた当初におそらく鳥の糞にまぎれて発芽した未知の樹も今年になって画像診断アプリで楠木と判明し不思議な事に今年初めて花が咲いた。アボカドも楠木も自然からの贈り物🎁である意味、美遊庭のシンボルツリーになってしまっている💦今は一番高い所で5m。剪定の度に枝ぶりと電線に掛からないように成長する事を考えながら枝払いをする💦ある意味で大きな盆栽みたいでそれはそれで楽しい。何時の日か無事にアボカドが収穫出来たらいいなぁ〜と思いながらも面倒臭い事が嫌いなアチキは基本的に自然放置のガーデニングをしている。そんなアチキの小さな庭なんでどうなる事やら。そろそろ東海地方も梅雨明けかな?梅雨明けしたら玄関の両脇のフェイクグリーンやフェイクフラワーの飾り替えもしなきゃだね。

フェニックス・ロベレニーの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
低木
学名
Phoenix roebelenii
別名
シンノウヤシ
原産地
インドシナ

フェニックス・ロベレニーの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
5月, 6月, 7月

花の種類

イワタバコ

ルドベキア

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。

カタクリ

秋から春にかけては日当たりの良い場所で育ててください。夏場は明るい日陰で育ててください。

ミズバショウ

クルクマ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は球根を掘り上げ、5℃以上を保って室内

ギンモクセイ

タチアオイ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。耐寒性がありますが、霜には当たらないように

リュウキンカ

キンモクセイ

寒さにやや弱く、日当たりの良い場所を好みます。

トレニア

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないと

サガリバナ

シロツメクサ

日向か半日陰で育てます。真夏の暑さに弱いので夏は明るい日陰で育てます。

ムクゲ

日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。

エレモフィラ

ヒイラギナンテン

半日陰を好みます。大きくなるため基本的に鉢植えでは栽培しません。