花の画像

花の種類一覧

358種類の花が掲載されています。花の育て方はGreenSnapで調べてみましょう。

花の種類

アガパンサス

日陰でも育ちますが、できるだけ日当たりの良い場所で育ててください。 アガパンサスの育て方へ

サントリナ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 サントリナの育て方へ

ナデシコ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ナデシコの育て方へ

ハナショウブ

日当たりを好みます。極端に乾燥しない所であれば、あまり場所も選びません。水辺に近いところから、一般の草花が育つ花壇まで、幅広く育てることが出来ます。 ハナショウブの育て方へ

サクラソウ

芽が出てから花が終わる頃までは日なたで育てます。夏場は風通しの良い明るい日陰に置くのが良いでしょう。 サクラソウの育て方へ

ホオズキ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ホオズキの育て方へ

スイートピー

風通しがよく、日当たりの良い場所で育てます。 スイートピーの育て方へ

ツルニチニチソウ

基本的には日なたで良いですが、日陰や半日陰でも育ちます。 ツルニチニチソウの育て方へ

ユスラウメ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ユスラウメの育て方へ

ブルーデージー

日当たりのよい場所で育てますが、高温多湿が苦手な為夏場は風通しの良い半日陰などで育てます。冬場は気温が5℃より下回る場合は室内の日当たりの良い場所に置きましょう。 ブルーデージーの育て方へ

コナラ

日本に広く自生する広葉落葉樹です。どんぐりの木として知られています。秋には紅葉も楽しめます。最近では苗も流通しています。 コナラの育て方へ

アザレア

アザレアは19世紀初頭に、ヨーロッパの主にベルギーで、室内観賞用の鉢物として改良された常緑性ツツジを指します。 アザレアの育て方へ

アオキ

日本全国に自生し、山野で自然に見ることができます。 アオキの育て方へ

ドドナエア

半日陰でも育ちますが、できるだ日当たりの良い場所で育ててください。 ドドナエアの育て方へ

トキワシノブ

切れ込みの多い葉と、フサフサな根が特徴。常緑性で、やや寒さに弱いです。シノブよりも丈夫で冬でも葉が枯れません。 トキワシノブの育て方へ

ナンテン

半日陰を好みます。 ナンテンの育て方へ

ギンバイカ

白い花を咲かせ、ユーカリのような香りの葉を持つ常緑低木の花木です。ハーブとして、マートルという名も有名です。秋には黒色の果実をつけ、芳香と甘みがあり食べることができます。欧州では食品や酒などの香り付け... ギンバイカの育て方へ

アベリア

春〜秋の長い期間、鐘形の小さい花をたくさん咲かせる常緑性の低木。花の香りが豊かで排気ガスに強く、丈夫で育てやすいので街路樹などによく使われます。 アベリアの育て方へ

ハツユキカズラ

明るい日陰、または午後は日陰になる場所で育てます。 ハツユキカズラの育て方へ

セントポーリア

蛍光灯の明かりの下でもきれいな花を咲かせます。室内の彩りとして育てられている方が多いことから、「室内花の女王」と呼ばれています。 セントポーリアの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード