スズランの画像

鈴蘭(すずらん)の育て方|球根や苗の植え方は?植え替え時期はいつ?

  • キジカクシ科
  • スズラン属
鈴蘭(すずらん)の育て方|球根や苗の植え方は?植え替え時期はいつ?の画像

揺らしたら音が聞こえてきそうな可愛らしい花を咲かせます。しかし、球根と花粉には有毒が含まれていますので食卓などには置けません。

今回は、そんな日本にも自生地があるスズランの育て方についてご紹介していきます。

鈴蘭(すずらん)の日当たり

スズランは日当たりの良い場所で育ちます。日当たりがないと花付きも悪くなってしまいます。花を楽しみにしているのであれば、春と秋は十分に日光の当たる場所で管理してください。

ただし、日当たりが良すぎても乾燥して枯れてしまうという問題があります。できれば落葉樹や庭先にある樹の下などに植えるようにしてください。

また、高温多湿を嫌うので、夏の間は半日陰に移動させるようにしてください。

これは鉢植えの場合にもいえます。地植えする場合は「明るい日陰」で植えるようにしましょう。

寒さには強いので、そこは気にかける必要はないでしょう。

鈴蘭(すずらん)の置き場所

スズランは高温多湿が苦手で、暑さには勝てません。風のよく通る場所で植えるようにしてください。

秋の終わりに差し掛かると地上部が枯れてしまいますが、冬を越して春になると新しい芽が吹きます。

また、枯れるまでの間は葉を傷めないように注意してください。元気に生長できなかった場合、年が明けたときに花の付き方に悪影響を及ぼします。

鈴蘭(すずらん)の水やり

夏の水やり

夏の合間は生育期に当たりますので、水をたっぷり染み込ませて吸水させてあげましょう。

土が白っぽくなっている(乾燥している)ときが水やりのタイミングです。夏の暑さ対策をすると同時に、土を乾燥させないように心がけましょう。

庭先などに地植えしている場合は、適度な湿度を保つようにしてください。特に梅雨入りしたときや、真夏の乾燥には十分な注意が必要です。

冬の水やり

真冬でも乾燥が気になります。観葉植物もお肌と同じで乾燥に弱いので、土を湿らすぐらいの水やりを行いましょう。

冬は休眠期に入っているので、1度に与えすぎると水が吸収できずに蒸れてしまいます。蒸れると根腐れの原因になりますので数回に分けてあげてください。

また、室内へ取り込んでいるときは、暖房の風で乾燥するので霧吹きなどで葉っぱに水をかけてあげてください。温めてある水を使うといいでしょう。

鈴蘭(すずらん)の肥料・追肥

花のつき具合を良くするために肥料を施すと良いでしょう。

春に芽が出てくる前の3月〜4月ごろと、花が咲き終わった後にゆっくりと効果が表れるタイプの肥料を使い、少量与えてください。

地植えした場合は、土に腐葉土などを混ぜていたときは肥料を与える必要はありません。有機質を多く含んでいる土にしておくといいでしょう。

鈴蘭(すずらん)の土

鉢植え・地植えともに、水はけの良い土で有機質に富んだものを使うようにしましょう。

有機質の土には、5%以上の有機物を含んでいることで酸性の土になります。

鉢植えでは草花用の培養土を用いるか、配合土として小粒サイズの赤玉土と腐葉土と軽石を6:3:1の割合で混ぜてください。

水の流れを良くするためにも、通気性のよい土質を選びましょう。

鈴蘭(すずらん)の植え替え・植え付け・種まき

植え替え

スズランを植え替える時期は、休眠期の10月〜12月もしくは4月〜5月です。休眠の期間に入っても株が成長しており、花芽が作られているので、植え替えしてもダメージは少ないです。

しっかり土台が出来上がっているので、その後の生長には影響が出ないため根や茎などに少し傷付いても丈夫に育ってくれます。

ただし、冬の最も寒い時期の植え替えは避けましょう。

植え方が鉢の場合は、1年か2年には植え替えを行いましょう。スズランの土中の茎は、伸びると長くなるので窮屈にならないよう、一回り大きいサイズに移してあげましょう。

庭で植えていても3年〜5年育てていると株が拡大してきます。株分けをすると同時に植え替えしてください。

植え替えるときは、新しい芽の先を地面のぎりぎりの場所に来るように植えてください。

植えていた鉢から取り出すさいは、根に付着している土を軽くでいいので取り除きましょう。根が均等になるように揃えてください。長い根っこが出てきたときは、はさみなどを使って切ってしまいます。

植え付け直後または植え替え直後は、水やりをたっぷりとします。

種まき

スズランは「種まき」からでも栽培することができます。ただし、種から育てると花が咲くまでに長期的な時間がかかってしまうため、園芸店などでは出回っていないことが多いです。

そのため、種子は花が咲いた後に受粉したものを取って、確保しておく必要があります。

まずは種の採取ですが、花後に当たる5月よりも後に小豆色をした実ができます。実を破ると中から種が出てきます。

スズランには全草(特に根と花と花粉)に毒が含まれていますので、種を素手で触るとかぶれる可能性があります。種を採取するときは、必ずに手袋を装着してから作業に取り掛かってください。

そして、皮を剥いた実を水で洗い果肉を流してしまいます。果肉を十分に取り出したら、乾いてしまう前に、一般で売られている種まき用の土を使って蒔きます。

日陰で管理して、水切れさせないようこまめに水やりを行いましょう。

生育が早いものであれば、次の年の春ごろには新しい芽が吹いているでしょう。苗がある程度しっかり育ったら、お好みの場所に植え替えします。

その後はスズランの育て方同様に育てていってくださいね。

鈴蘭(すずらん)の増やし方

スズランは、植え替えのところでも少し触れましたが「株分け」を行って増やします。

株分けの適期は植替えとほぼ同じで、10月から11月または3月頃です。取り出した株を、地中にある茎を4芽か5芽になるようにして切り分けます。

スズランは何もせずに放置していると、株が混み合って徒長などを起こして生育が悪くなってしまいます。

地植えなら4年を目安に、鉢植えなら2〜3年を目安に株分けを行うのが良いでしょう。

花芽と葉芽の区別をつけやすくするために、花芽を折らないように気をつけてください。花芽は少し丸みを帯びていて、葉芽は先が鋭く尖っています。

鈴蘭(すずらん)の育て方で注意すべき病気・害虫

スズランは有毒植物ですので虫が寄り付かないような性質をしています。病気・害虫ともに気になる点はありません。

鈴蘭(すずらん)の管理温度

強靭な耐寒性の持ち主であるスズランは-10度にも耐えうる草花ですので、冬はさほど気にしなくても問題ありません。

夏は、夏の水やりに書かれている「適度な湿度」を保つようにしましょう。適度な湿度とは、気温が20度より上回り湿度が40%〜60%程度あることをいいます。

鈴蘭(すずらん)はどんな花を咲かせる?

スズランの開花時期は、4月〜5月で、白やピンクの花が咲きます。そのほかにも、赤や紫、黃と言った花も咲くので鑑賞も楽しめます。

花の形状は、釣り鐘のような形で下を向いて咲きます。

香りがよく、三大フローラルの一つに選定されています。香水の原料などにも用いられているぐらいです。ただ、花にも毒が含まれているので触らないようにしてください。

鈴蘭(すずらん)の風水

スズランには、女性らしさを高めたいという人に効果があるとされています。洗面所に飾ることで、女性の魅力さをアップさせてくれます。

また白い花が咲くスズランを、北東の方角に飾ることで鑑賞している人を清らかな心へと変動させてくれます。

また、枯れた花を飾り続けることは運気を低下させてしまいます。スズランを飾っている周りに、空の花瓶を置くこともやめておきましょう。

花瓶の中に入っている水は常に新鮮なものになるように取り替えるようにしてください。

鈴蘭(すずらん)の花言葉

スズランの花言葉は、「純粋」、「純潔」、「幸福の再来」、「謙遜」などといった意味があります。

ヨーロッパでは、聖母マリア様の花であることから純粋・純潔という意味になっています。花嫁姿と重なるということで、結婚式に使われるブーケにすずらんの花があしらわれていることもあります。

「幸福の再来」は、春が訪れたことを知らせてくれる花であることから因んでいます。

鈴蘭(すずらん)の由来伝承

スズランは学名ではConvallaria majalis(コンバラリア・マヤリス)と呼ばれています。

日本原産種は、スズランの中の一つの変種なのですが、Convallaria majalis var. keiskeiと呼ばれます。このkeiskeiはケイスケイと読まれ、明治時代の初期に活躍していた植物学者の「伊藤圭介」という人物の名から取ったものです。

また、スズランは漢字で書くと「鈴蘭」と書き、花の形が鈴のように見えることから由来しています。

Convallariaには、ラテン語で谷という意味になるConvallisと、百合という意味になるleirionを合わせて作られています。意はそのままで「谷間の百合」です。

和名には君影草(キミカゲソウ)と言い、谷間の姫百合やドイツスズランという別名もあります。

ドイツスズランは独逸鈴蘭という漢字名で表記されます。

英名にはLily of the valley(リリー・オブ・ザ・ヴァリー)といいます。こちらでも「谷間の百合」という意味です。

鈴蘭(すずらん)の花の栽培を楽しもう!

スズランは日本でもよく知られている草花です。しかし、意外にも毒を持った植物なので、触るときは気を付かてくださいね。

箱入り娘のようなスズランを実際に育てて、立派な花を咲かせてみてください。

※トップ画像はPhoto by SHIRAさん@GreenSnap

スズランの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
別名
鈴蘭
原産地
日本、ヨーロッパ、東アジア、北アジア

スズランの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
強い
耐暑性
やや弱い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

スズランの新着投稿画像

みんなのスズランの育て方

念願の スズランエリカ

メモ:スズランの木(ゼノビア)

雨の阿蘇、ミヤマキリシマとスズランとわたし

スズランの新着コラム

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード