アマドコロの画像

アマドコロの育て方

  • キジカクシ科
  • アマドコロ属
アマドコロの育て方の画像

アマドコロは、北海道から九州にかけての山野に自生している多年草なので、暑さにも寒さにもとても強い植物です。

冬には地上部分が枯れてしまいますが、春になると芽を出して、それぞれの葉の付け根から1~2個のベル状の花をぶら下げるようにして咲かせます。

アマドコロの花は先端がうっすら緑に染まったスズランのような白い花です。

花後、熟すと黒くなる、小さな丸い実がなります。

アマドコロの茎や地中の根茎は甘みがあるため、山菜として食用にされてきました。

アマドコロとナルコユリはとても似ていて、アマドコロがナルコユリとして流通していることがよくあります。

茎を触って引っ掛かりがあるのがアマドコロで、つるんとしているのがナルコユリです。

アマドコロよりナルコユリの方が葉っぱが細長くなっています。

アマドコロの育てる場所

アマドコロは丈夫な植物なので、日当たりから明るい日陰までどこでも育てることができますが、夏の直射日光で葉焼けしたり、夏場に乾燥がひどくなると枯れることがあるので、明るめの日陰で育てるのが適しています。

鉢植えの場合、日向で育てて、乾燥しがちな季節だけ日陰に置き場所を変えて育てることもできます。

アマドコロは、木漏れ日が当たる程度の日照条件があれば花付きには問題がないので、シェードガーデンにぴったりの植物です。

アマドコロの水やり

アマドコロはやや湿り気のある状態を好みます。

庭植えの場合、基本的には自然の恵みだけで十分ですが、乾燥が続くときは水やりしましょう。

鉢植えの場合、表面の土が乾いてきたらたっぷりと水やりします。

冬には地上部分がなくなりますが、完全に乾いてしまうと春になっても芽が出てこないので、乾燥しすぎないように注意して、冬でも水やりしましょう。

肥料

アマドコロは特別に肥料をあげなくてもよく育ちますが、春と秋に緩効性化成肥料をひとつまみ施肥しておくと株がよく育ちます。

庭植えは、植え付け時に庭土に腐葉土をたっぷり混ぜておくと、追肥しなくてもよく育ちます。

用土

庭植えにするとき、たっぷり腐葉土を混ぜておいた庭土を用いましょう。

鉢植えの場合、普通の培養土や、赤玉土小粒に半量の腐葉土を混ぜたものがおすすめです。

水はけが悪いときは、川砂やバーミキュライト・パーライトなどをブレンドしましょう。

病害虫

丈夫なので、特になし。

アマドコロの植え付け・植え替え

ポット苗は一年中植え付けが可能ですが、アマドコロの植え付け適期は10~11月(秋)と3月(発芽前)です。

アマドコロは根を深く伸ばすので、十分な深さのある場所・鉢に植えましょう。

アマドコロは根詰まりすると生育が極端に悪くなるので、鉢植えは1~2年ごとに、一回り大きな鉢に植え替えるようにしましょう。

根茎を植えて育てることもできます。

横に寝かせた根茎の上に土を5cmほどかぶせます。

庭植えも鉢植えも、芽の位置が偏ってバランスが悪くなったときは植え替えて配置しなおします。

芽の位置と伸びていく方向を確認してバランスよく配置しなおしましょう。

アマドコロの増やし方

アマドコロは株分けで増やします。

植え替え時に株についた土をなるべくよく落とし、アマドコロの根茎の分かれ目を手で折って株分けします。

株分けしたらすぐに植えつけましょう。

種をまいて育てることもできます。

種の周りの実を洗い流してから1cmくらいの深さで種まきしますが、芽が出るまでに2年ほどかかります。

アマドコロの手入れ

日本の山野に自生する植物なので、明るい日陰に植えていれば手を掛けなくてもよく育ちます。

冬に枯れた地上部分は刈り取っておきましょう。

株が混みあったり偏ったりしたら植え替えて配置しなおします。

アマドコロの花言葉

「元気を出して」「心の痛みのわかる人」「小さな思い出」

アマドコロの花は4~6月に咲き、切り花としても楽しめます。

斑入りの葉が美しいため、花がなくても葉にも観賞価値があります。

アマドコロは「甘野老」と書き、地下部の根茎がヤマノイモ科の「オニドコロ(鬼野老)」似ていて、味が甘いことから「アマドコロ」と名づけられました。

まとめ

葉が美しく、小さな白いベル状の花を吊り下げて咲かせるアマドコロは、日本にも自生しているので育てやすく、シェードガーデンにぴったりの植物です。

切り花としても人気があります。

同属のナルコユリと似ているため、ナルコユリとして流通していることがよくあります。

※トップ画像はリュウさん@GreenSnap

アマドコロの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
別名
甘野老,ナルコラン
原産地
日本,朝鮮半島,中国

アマドコロの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
強い
耐暑性
普通
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

アマドコロの新着投稿画像

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード