イキシアの画像

イキシアの育て方

  • アヤメ科
  • イキシア属
イキシアの育て方の画像

イシキア(学名:Ixia)はアヤメ科イキシア属(ヤリズイセン属)の球根植物の総称です。

イキシアはイクシャとも呼びます。和名が槍水仙(ヤリズイセン)であることから、イキシア属とヤリズイセン属のどちらでも間違いではありません。槍水仙の名は、花のつき方が水仙に似ていることに由来しますが、水仙はヒガンバナ科スイセン属であり系統は離れています。

イキシアの原産地は南アフリカで、50種ほどの原種があります。日本国内で園芸用として流通しているイキシアのほとんどは交配種です。開花時期は4~5月で、数輪~20数輪の花が穂状花序または円形花序につき、直径2~3センチの花を咲かせます。花色のバリエーションは豊富で、白・赤・桃・橙・黄・紫・青・褐色などがあります。

イキシアの茎は針金のように硬く細長く、葉も同様に細長い形状です。草丈は20~30cmの品種から、大きいものでは60~80cmまで伸びる品種もあります。秋植えの球根植物であり多年草であるイキシアは、上手に夏越しと冬越しをすることで毎年花を観賞できます。

イキシアの育てる場所

日当たりと水はけの良い場所で育てます。耐暑性は強く、国内では関東以西の温暖地や暖地での栽培が適しています。イキシアは半耐寒性球根であり、耐寒性はやや弱めです。氷点下になるような場所では、地植えしたままの冬越しは避けてください。寒冷地では鉢植えにして、日光が当たる室内で育てましょう。

次に夏越しの方法も紹介します。イキシアの球根は高温と多湿を嫌うので、鉢植えの場合は花後に雨の当たらない場所に移動してください。地植えの場合は花後に葉が枯れてきたら土から球根を掘り出し、雨の当たらない場所で秋まで保存しておきます。これは花後に球根が水を吸い上げると腐る原因になるためです。

イキシアの球根の植え付け

球根の植え付け・植え替えは10~11月が適期です。連作には向かないので、鉢植えでも地植えでも毎年植え替えを行います。

鉢植えにする場合は、掘り上げてた球根を新しい土を入れた鉢に植え付けてください。深さ3~4cmの穴に球根を入れ、上には2~3cmの土を盛ります。4号蜂なら3球、5号鉢なら7球程度の植えられます。

地植えにする場合は前年に植えた場所を避けて植え付けてください。植え付ける深さは5cm、植え付け間隔は4~5cmくらいが良いでしょう。

イキシアの水やり

球根を植え付けた10~11月から花後(5月下旬~6月頃)の休眠期に入るまでは、土の表面が乾いたら水をたっぷり与えます。花後に葉が枯れてきたら休眠期だと判別できます。

植え付け時期の10~11月まではそのまま水をやらずに乾燥させてください。鉢植えの場合は雨の当たらない場所に移動し、地植えの球根は掘り上げ、秋まで乾燥させておきます。

肥料

イキシアは毎年植え替えをするので、肥料は必要ありません。むしろ肥料を与えない方がよく育ちます。

用土

水はけの良い土が適しています。鉢植えの場合は赤玉土7:腐葉土3程度の割合で用土を作りましょう。水はけを良くするためにも鉢底には敷石や鉢底ネットを敷いてください。

イキシアはアルカリ性のある土を好みますが、日本の土壌はほどんどが酸性です。地植えの場合は、1週間ほど前から土に苦土石灰を混ぜ込んで改良しましょう。

病害虫

イキシアに害虫の被害はほとんど見られません。病気もかかりにくいですが、高温や多湿で球根が腐らないよう注意してください。

イキシアの植え替え

植え替えは10~11月が適期です。イキシアは連作に向かない植物なので、植え替えは毎年行います。詳しい植え替えの方法は「植え付け」の項を参照してください。

イキシアの増やし方

自然に分球をするので、子球を植え付けて増やします。子球は小さいので、親球とは別の鉢に植え付けて太らせます。赤玉土7:腐葉土3の割合で配合した用土に化成肥料を混ぜ込み植え付けてください。1年ほどで大きくななったら本格的に植え付けます。

イキシアの手入れ

5~6月、咲き終わった花がらは摘み取ります。6~7月、葉が枯れてきたら休眠期に入るタイミングと分かるので水やりを休止しましょう。定植初期のの10~11月は水をたっぷり与えます。3月中旬~4月の生育期には土が乾かないように注意してください。4~5月の開花期を過ぎたら、花がら摘みに戻ります。

イキシアの花言葉

イキシアの花言葉は「誇り高い」「秘めた恋」「団結」または「団結して当たろう」です。

また、イキシアは5月16日の誕生花でもあります。

まとめ

イキシア(イクシャ、槍水仙)の栽培方法や花言葉を紹介しました。秋植え球根植物であり多年草であるイキシアは、連作には向かないので毎年植え替えする必要があります。球根の管理は大変かもしれませんが、さまざまなカラーバリエーションの可愛い花をたくさんつける植物です。分球によりよく増えるので、寄せ植えにして楽しんでみてはいかがでしょうか。

※トップ画像はまりの庭さん@GreenSnap

イキシアの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
別名
ヤリズイセン,槍水仙,イキシア・マキュラータ
原産地
南アフリカ

イキシアの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
普通
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

イキシアの新着投稿画像

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード