ストレプトカーパスの画像

ストレプトカーパスの育て方

  • イワタバコ科
  • ストレプトカーパス属

ストレプトカーパスの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Streptocarpus

別名

原産地

アフリカ,アジア,マダガスカル

ストレプトカーパスの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

弱い

耐暑性

やや弱い

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

剪定

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ストレプトカーパスの育て方の画像

ストレプトカーパスは南アフリカ原産の花で、蘭のような花を咲かせます。イワタバコ科の多年草に属するストレプトカーパスは、無茎と有茎の2つに大きくわけることができますが、130種を超える種類が存在します。花の色は、紫、白、ピンクなど多様です。今回は、そんなストレプトカーパスの育て方についてご説明します。

ストレプトカーパスの育てる場所

原産地が南アフリカということで、暖かい環境で育てるのが生育もよく適しています。そのため温室のような環境で育てるのがおすすめです。南アが原産地ですが、30℃を超えるような猛暑は苦手なので、直射日光を避けて育てます。

冬の寒い気候は苦手ですが、5℃ぐらいの気温なら冬越ができますので、基本的に庭植えには向いてなく、室内に入れて管理することができる鉢植えがおすすです。

ストレプトカーパスの水やり

温室が育てるのにベストな環境なため、湿度がある程度保たれた状態が必要です。ただし、水をあげすぎると根が腐るので土が乾いたらみずをやります。湿度が低い気候の時期は、霧吹きなどで水をかけてあげるとよいでしょう。

肥料

市販サれている花用の液体肥料を薄めてあげます。あげる時期は、生育がもっともよい春と秋です。

用土

土は排水性の高いものを好みます。自分でバーミキュライト・ピートモス・ビーナスライト・ゼオライトなどをブレンドして土を作ることもできます。園芸店で市販されている用土の場合は、有機質を多く含んだものを選びます。セントポーリア用の培養土がおすすめです。

病害虫

気をつけたい害虫は、ハダニ、カイガラムシです。カイガラムシは、茎のあたりで派生します。薬剤ではなく見つけ次第駆除しましょう。

ハダニは、空気が乾燥すると発生しやすくなります。ストレプトカーバスは、湿潤な気温が好みですので、霧吹きなどで葉に水をかけてあげることで、ハダニを防ぐことができます。食用に使う植物ではないので、ハダニ用の薬剤で予防・駆除ををしてもおすすめです。

ストレプトカーパスの植え付け・植え替え

4月下旬から6月下旬の春から初夏にかけてが植え付け・植え替えのおすすめ時期です。秋もう植え付け・植え替えが可能ですが、暖かい時に行いましょう。ストレプトカーパスは、根の成長が早いのが特徴です。そのため、鉢いっぱいになると、成長が停滞しはじめます。一年に一度の割合で鉢を替えてあげます。

ストレプトカーパスの増やし方

ストレプトカーバスは、成熟した葉を使って簡単に増やすことができます。挿し葉を作るのには、ほどよく成長をした葉を切ります。水に挿して根が出るまで待ちます。発根がしたら、その挿し葉を鉢植えの土に挿して栽培していきます。

ストレプトカーパスの手入れ

ストレプトカーパスの花は、5~10月です。草丈は、大きくて30cmほどの小柄な植物です。花が散ったあとに、花がらを放置したままにしておくと、カビの原因となります。花がらを見つけた場合は、その都度片付けてあげるとよいでしょう。

コンパクトにまとまりやすい植物ですが、あまりにも葉や枝が多いしげている等の場合は、成長に応じて、適宜剪定をします。インテリアとして好みの見た目に、剪定し整えてあげるとよいでしょう。

ストレプトカーパスの花言葉

紫だけでなく、白やピンクなど異なる色があるストレプトカーパス。下向きで可憐な花にとてもマッチした「この囁きに耳を傾けて」「清純な愛」「真実」などが花言葉といわれています。

まとめ

温室のような湿度の高い場所で育てるのがおすすめのストレプトカーバスは、ガーデニング初心者には少し育てにくい植物です。ただ、上手に育てると、毎年花を咲かせてくれる多年草ですので長く愉しむことができます。

※トップ画像はkazutanさん@GreenSnap

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

フウセンカズラ

日当たりの良い場所を好みます。 フウセンカズラの育て方へ

シロツメクサ

日向か半日陰で育てます。真夏の暑さに弱いので夏は明るい日陰で育てます。 シロツメクサの育て方へ

カラー

カラーは大きく分けて、乾燥地域で育つ「畑地性」と湿地地帯で育つ「湿地性」の2タイプがあります。 カラーの育て方へ

ハナミズキ

土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。地植えの場合は、よほど乾燥しない限り水やりの必要は... ハナミズキの育て方へ

ナデシコ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ナデシコの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード