タカワラビの画像

タカワラビの育て方

  • タカワラビ科
  • タカワラビ属
タカワラビの育て方の画像

タカワラビを育てるのは決して難しくありません。タカワラビは見た目も独特で茎は茶色の毛で覆われています。わらび科の植物なこともあって厳かな雰囲気も漂います。そのため、一風変わった植物を育てたい人にも向いています。

このタカワラビは名前もいろいろあってゴールデンモンキーと呼ばれたり孫悟空と呼ばれることもあります。ゴールデンチャウチャウという名前も。

ここではそんなタカワラビについて解説したので参考にしておいてください。

タカワラビの育てる場所

明るい場所を好む植物です。タカワラビは耐陰性もある程度あり、室内やベランダで育てるのにも向いています。室内で育てる際には窓際のある程度日が当たるところで育てましょう。風通しの良いところで育てることも大事です。

タカワラビの水やり

タカワラビを育てる際には水をしっかりと与えましょう。このとき、フサフサの毛が生えた株にかからないようにあげてください。タカワラビは熱帯アジアの植物なので、加湿をより好みます。とはいえ、やりすぎも禁物で水をやりすぎると問題が起こりやすくなります。水は表土が乾いたら与える程度で構いません。

水やりの際に、。

冬場は水やりを減らしましょう。冬は土が完全に乾いて少し立ったら与える程度で良いです。室内での栽培で、暖房が聞いている場合は、水やりのペースは春夏と同じで大丈夫です。

肥料

春から秋にかけて緩効性肥料を与えます。

用土

通常の用土で構いません。

病害虫

室内で育てる分には特に発生する病害虫などはありません。しかし、水やりはしっかりしておくと良いでしょう。茎が乾燥すると最悪の場合には歯が枯れることもあります。土の状態には気をつけておきたいところです。

タカワラビの植え付け・植え替え

タカワラビはある程度育った苗が園芸店などで売られています。葉が全くついていない苗もけっこう珍しくありません。植え付けや植え替えはは春に行いましょう。

タカワラビの増やし方

タカワラビを自分で増やすのは難しいので園芸店で新しい苗を購入して増やすようにすると良いでしょう。

タカワラビの手入れ

基本的に手入れはあまりいりません。落葉することもあまりなく管理しやすい植物です。

まとめ

タカワラビは希少な植物なこともあり中国などでは幸運のシンボルとされています。タカワラビはあまり見かけることがないかもしれませんが、見た目がユニークなのでおすすめです。また、タカワラビを育てる際にはタカワラビだけでと寂しいので他の観葉植物もそばに置くとより見栄えします。

※トップ画像は hgp_botanicalさん@GreenSnap

タカワラビの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
つる植物
学名
別名
ゴールデンモンキー,孫悟空,ゴールデンチャウチャウ
原産地
熱帯アジア

タカワラビの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
弱い
耐暑性
やや強い
耐陰性
あり

タカワラビの新着投稿画像

みんなのタカワラビの育て方

白マジュんちのキンモウコウ(タカワラビ、ゴールデンモンキー)成長記録

Photo By 白マジュ

カツモウイノデとタカワラビ(キンモウコウ、ゴールデンモンキー)の育て方。植え替え編。

Photo By 白マジュ

カツモウイノデとタカワラビ(キンモウコ、ゴールデンモンキー)の育て方。導入編

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメンの育て方へ シクラメンの花言葉へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチアの育て方へ ポインセチアの花言葉へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオの育て方へ アサガオの花言葉へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズの育て方へ クリスマスローズの花言葉へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーションの育て方へ カーネーションの花言葉へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラの育て方へ シバザクラの花言葉へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード