ムベの画像

ムベの育て方

  • アケビ科
  • ムベ属
ムベの育て方の画像

ムベと聞いてもピンとこない人も多いと思いますが、アケビなら知っている人も多いでしょう。ムベはアケビによく似た実を付けます。それもそのはず、ムベはアケビ科ムベ属に属するツル性の植物です。春には、白っぽい細長い花びらで、中心に赤紫色の筋が入った釣鐘状の花を咲かせ、秋には、アケビの実に似た紫色の実を付けます。果肉は透け感のある白色で、種が多く、味はほんのり甘いです。どんな味なのか、興味があれば育ててみてはいかがですか?今回は、ムベの育て方をご紹介します。

ムベの育てる場所

日当たりのよい場所が適しています。日陰でも育ちますが、よく花を咲かせ、多くの果実を実らせるには、日当たりのよい場所を選びましょう。

ムベの水やり

地植え

地植えにする場合、植え付けからしばらくの間は、土の表面が乾いたら水やりをします。苗が根付いた後は、特に水やりの必要はありません。自然の降雨で十分です。ただし、降雨がない日が続き、乾燥しきっている時だけは水やりをしましょう。

鉢植え

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら水やりをします。

肥料

寒肥として2月頃と、花後の6月頃、果実が付き始める10月頃に化成肥料を施します。

用土

水はけ、水持ち共によい用土が適しています。あまり神経質になる必要はありません。掘り返した土に腐葉土を混ぜて用いましょう。

病害虫

病気

うどんこ病:葉や茎にうどん粉をまいたように白いカビが生える病気です。うどんこ病にかかった葉は光合成を行えず、発育不良に陥ります。薬剤を散布して対処しましょう。

害虫

アブラムシ:新芽や葉裏に寄生して汁液を吸います。汁液を吸われた植物が生育不良に陥る直接被害と、病気を媒介する間接被害があるため注意が必要です。アブラムシは繁殖力が旺盛なので、早めに殺虫剤を散布して駆除しましょう。

ハダニ:葉裏に寄生して汁液を吸います。汁液を吸われた箇所は葉緑素が抜けて白い点となり、やがてハダニの数が増えると、白い点と点がつながり、カスリ状になってしまいます。早めに殺虫剤を散布して駆除しましょう。

ムベの植え付け・植え替え

植え付け・植え替え共に3月~4月もしくは、10月~12月が適期です。

植え付け

掘り返した土に腐葉土を混ぜ、元肥として化成肥料を施して植え付けします。ムベはツル性の植物なので、支柱やネット、生垣などを立て、ツルを誘引してあげましょう。

植え替え

鉢植えの場合には、植え替えが必要です。根のまわり具合を確認し、根詰まりしているようなら、ワンサイズ大きい鉢に植え替えます。少なくとも2年に1回は植え替えましょう。

ムベの増やし方

種まき

熟した果実から種を採取し、よく洗って果肉を落とし、そのまま種まきします。

挿し木

花後の6月~7月頃に若い枝を切り取り、発根促進剤に浸けた後、挿し木します。

ムベの手入れ

人工授粉

ムベは、同じ株の花粉では実りにくい自家不和合の性質をもっています。このため、他の株の花粉で人工授粉した方が結実しやすいのです。

摘果

果実が多すぎると果実の品質が落ちます。果実の品質をよくするには摘果が必要です。観賞用に育てていて、果実を収穫しないのであれば必要ありません。

剪定

ツルが混みあうと株の内側まで日が届かなくなります。また、鉢植えの場合は、なるべくコンパクトに育てたいものです。混みあったツルや伸びすぎたツルは剪定します。花後の6月~7月に行いましょう。

ムベとアケビの違い

ムベとアケビは同じアケビ科の植物のためよく似ています。ムベとアケビの違いは、アケビが落葉性なのに対し、ムベは常緑性です。また、アケビの果実は熟すと割れるのに対し、ムベの果実は熟しても割れません。

まとめ

ムベの育て方をご紹介しました。春には、白っぽい細長い花びらで、中心に赤紫色の筋が入った釣鐘状の花を咲かせ、秋には、アケビの実に似た紫色の果実を付けます。果実といっても、種が多く食べるところは少ないです。観賞用として育てるとよいかもしれませんね。味を確かめてみたいのなら、しっかり摘果しましょう。

あなたも花と果実が楽しめるムベを育ててみませんか?

※トップ画像はmuscatさん@GreenSnap

ムベの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
つる植物
学名
別名
トキワアケビ
原産地
日本,中国,台湾,朝鮮

ムベの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
収穫
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
剪定
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ムベの新着投稿画像

みんなのムベの育て方

ムベ ~開花から収穫まで~

五島美術館庭園散策

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード