モモの画像

モモの育て方

  • バラ科
  • サクラ属

モモの基本情報

ジャンル

果樹

形態

高木

学名

Prunus persica

別名

原産地

中国

モモの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

収穫

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
モモの育て方の画像

春にはかわいい花が咲き、夏に甘い実を付けるモモ。本格的な果樹のイメージも強く、育てるのは難しそうと感じる方も多いのではないでしょうか?実際モモは、病害虫が多く、薬剤散布や摘果、袋がけなど多くのお手入れもあり、簡単に育てられる果樹ではありません。しかし、育つのが早く、植え付けた翌年から果実を楽しむことができ、早く結果を出せる果樹なのです。今回は、努力次第で結果が出るモモの育て方をご紹介します。

モモの育てる場所

モモを育てるには、何より日当たりが重要です。日当たりのよい場所が適しています。特に夏の成熟期の日当たりが大切で、逆に夏の降雨は避けたいところです。

地植えの場合は、日当たり重視、鉢植えの場合、夏は雨の日、晴れの日で移動させてあげると良いでしょう。

モモの水やり

モモは過湿を嫌うため、乾燥気味に育てます。

地植え

植え付け直後こそ乾燥させないように水やりをしますが、苗が落ち着けば、特に水やりの必要はありません。夏場に降雨がない日が続き、土が乾ききってしまった時だけ水やりしましょう。特に、果実の成熟期に水分を抑えた方が、果実の甘みが増します。

鉢植え

土の表面が乾いたら、たっぷり水やりしましょう。

肥料

植え付け時に元肥として緩効性の化成肥料を与えます。地植え、鉢植え共に、寒肥として2月頃、実が付く5月頃、収穫後のお礼肥として10月頃にそれぞれ有機質肥料か速効性の化成肥料を与えてあげましょう。

用土

水はけがよいことが重要ですが、同時に水持ちがよい土作りをしましょう。赤玉土小粒7に対し腐葉土3位の割合の用土に苦土石灰を少々加えます。市販の果樹用培養土を用いてもよいでしょう。

病害虫

モモは病害虫が多い果樹です。病害虫のせいで、花芽が付かない、果実が収穫できない、場合によっては枯れてしまうことさえあります。しっかり対策しましょう。

病気

縮葉病:若い葉がかかりやすく、葉が赤色に縮れ、膨らみ、やがて落葉します。感染拡大を防ぐため、病気にかかった葉はすぐに取り除いてください。予防するには、発芽前に薬剤を散布しておきましょう。

灰星病:収穫期が近くづく頃、果実表面に斑点ができ、腐ってしまいます。病気にかかった果実はすぐに取り除いてください。予防するには、感染しやすい梅雨時に薬剤を散布し、果実が付いたら果実に袋をかぶせて感染を防ぎましょう。

黒星病:葉に淡褐色または黒色の斑点ができ、斑点は次第に大きく広がり、やがて落葉します。感染拡大を防ぐため、病気にかかった葉や落ちた葉はすぐに取り除いてください。予防するには、定期的に薬剤を散布しましょう。

モモせん孔細菌病:葉、枝、果実に感染する病気です。葉では、まず葉が白っぽくなり、褐色に変色し、穴があき落葉します。果実が感染すると、黄色くしおれたり、褐色の斑点ができ、やがて深い亀裂を生じます。枝に感染すると、枝表面が紫黒色に変色し、へこみ、ひび割れへと進行し、細い枝だと枯れてしまうこともあるので注意が必要です。感染した部位はすぐに取り除いてください。予防するには、定期的に薬剤を散布しましょう。

害虫

アブラムシ:新芽や葉に寄生し、汁液を吸います。病気も媒介するので注意が必要です。

ハダニ:葉に寄生し、汁液を吸い、発育不良を招きます。

カメムシ:新芽や葉、枝、幹にも被害を及ぼしますが、何より果実の汁液を吸い、果実に大きなダメージを与えるため注意が必要です。

シンクイムシ:新芽を食べてしまう、果実の中に侵入し食べてしまうなどの被害があります。果実の中に侵入してしまうと駆除が難しいです。ご注意ください。

カイガラムシ:葉、枝、幹に寄生して、汁液を吸い、発育不良を招きます。また、カイガラムシの排泄物は病気を誘発するため、間接被害も怖いです。

モモハモグリガ:幼虫が葉を食害します。

上記害虫は、葉や枝、幹、果実などを吸汁する、食害する、病気を媒介する等の害を生じ、モモの発育を妨げ、最悪枯れてしまうこともあります。また、大切な果実を台無しにしてしまうこともあるので、見つけたら捕殺すると共に、殺虫剤を散布してください。予防するには、定期的に殺虫剤を散布しましょう。

ご紹介した通り、モモは多くの病気にかかりやすく、多くの害虫が付きやすい果樹です。病気・害虫共に予防できる殺菌・殺虫剤を定期的に散布することをおすすめします。

モモの植え付け・植え替え

植え付け

11月中旬~4月中旬頃に植え付けます。寒冷地では3月~4月中旬、暖地では11月中旬~12月が適しています。予め苗の根を水につけ、吸水させてから植え付けましょう。穴を掘ったら、準備した用土と掘り出した土を混ぜ、穴半分位まで入れます。根を広げながら苗を植え、残りの土を入れてください。苗が倒れないよう、支柱を立て、最後にたっぷり水やりしましょう。

植え替え

植え替えは、根詰まりを防ぎ、通気をよくするのが目的です。根のまわり具合を確認しながら、少なくとも2~3年に1回は一回り大きな鉢に植え替えましょう。

モモの増やし方

種まき

種を乾燥させず、すぐに種まきします。硬い殻を割って中身を取り出し、薄皮を剥いてまきましょう。

芽接ぎ

まず、台木にする木の接ぐ部分周辺の枝を切り落としておきます。次に、芽接ぎするモモの芽を葉が少し残るように削ぎ、台木に切れ込みを入れ、台木の切れ込みに芽を密着させましょう。最後に、接ぎ木テープで固定します。9月頃に行いましょう。

モモの手入れ

受粉

花粉がない品種の場合、花粉がある品種の花粉を人工授粉しなければいけません。つまり、2種類のモモの木を育てる必要があります。風がない日の午前中を選び、八分咲きの時と満開時に行いましょう。

摘蕾

枝の先端の方についた上向きの蕾や、1節に2つ以上ついている蕾をやさしく摘み取り、間引きましょう。2月下旬~4月中旬頃に行います。

摘果

美味しいモモの実にするために摘果します。枝の長さにより、1枝に1~2個の実になるよう間引きましょう。5月~7月頃に行います。

袋がけ

大切な果実を病害虫から守るため、果実に袋をかけます。風で袋が取れないように、しっかりと枝に結び付けましょう。

剪定

桃の木は若い枝に花芽をたくさん付けるため、休眠期の12月~2月下旬頃に剪定をし、若い枝が伸びやすくしてあげましょう。たくさんの花芽が付けば、実付きもよくなるため、休眠期の冬剪定は欠かせません。

また、風通しをよくし、不要な枝に栄養が取られるのを防ぐため、夏剪定として7月下旬~8月頃に、花芽が付かない徒長枝を中心に不要な枝を剪定しましょう。

モモの収穫

モモの収穫期は、果実の色と香りで判断します。果実が色付いてきたら袋を外し、1週間程、日に当てて着色を促しましょう。緑色が消え、しっかり色付き、モモの香りが強くなったら食べごろです。収穫しましょう。実が落ちる直前が一番甘いのでしっかり見極めてください。

モモの花言葉

「私はあなたの虜です」「あなたに夢中」

「気立ての良さ」「チャーミング」

「天下無敵」など

まとめ

今回は、モモの育て方やお手入れ方法などをご紹介しました。病害虫も多く、成長ごとにいろんな手入れをしなければいけないモモは、決して簡単に育てられる果樹ではありません。手のかかる子供ほどかわいいといいますが、モモも一緒です。苦労して、手をかけた分、おいしい実を付けた時の感動はひとしおでしょう。

また、実はもちろん、かわいい花も魅力です。春にかわいい花が咲き、夏にいい香りのおいしい実を付けるモモにチャレンジしてみませんか?

※トップ画像はHana to Nekoさん@GreenSnap

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

家庭菜園の新着投稿画像

家庭菜園の新着コラム

家庭菜園の種類

水菜

乾燥に弱いので水切れには注意します。 水菜の育て方へ

ルッコラ

日当たりを好みます。真夏の直射日光下では葉がかたくなってしまうので、明るい日陰で育てるか、遮光ネット... ルッコラの育て方へ

トウモロコシ

温暖な気候と日当たりの良い場所 トウモロコシの育て方へ

ブドウ

大きくヨーロッパブドウとアメリカブドウに分類され、日本で栽培されるのはヨーロッパブドウです。果実とし... ブドウの育て方へ

大豆

日当たりが良く、水はけの良い場所を好みます。 大豆の育て方へ

サルナシ

日当たりの良い場所を好みます。 サルナシの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード