ルバーブの育て方|栽培は簡単?植え付けから収穫までどのくらい?

  • タデ科

ルバーブは独特の酸味と香りが人気の西洋野菜です。収穫までに1年以上かかりますが、一度植えると5年ほどは収穫を楽しめます。また、育苗は難しいので、初心者は苗から育てるといいでしょう。

今回は密かに家庭菜園で人気を集める、高級食材ルバーブの育て方についてご紹介します。

ルバーブの育て方:栽培場所

ルバーブは適度な日当たりと、風通しの良い場所を好みます。栽培適温は10〜18度で、高温多湿を嫌うので、直射日光や西日を避けた涼しいところで管理しましょう。

栽培には梅雨時期移動できる鉢やプランターがおすすめです。なお、深く根をはるので8号以上の深型の鉢を選ぶようにしましょう。

ルバーブの育て方:水やり

鉢・プランター栽培のルバーブ

鉢やプランターでルバーブを育てている場合は、土の表面が乾いたらたっぷり与えましょう。夏の水やりは朝8時までなど、涼しい時間帯に行います。

地植え栽培のルバーブ

地植えでルバーブを育てている場合は、基本的に水やりは必要ありません。ただし、あまりに乾燥した期間が長いようであれば、1週間に1回ほど水やりをします。

ルバーブの育て方:用土

ルバーブは水はけのいい、弱アルカリ性の土壌を好みます。

鉢・プランター栽培のルバーブ

鉢やプランターでルバーブを育てる場合、赤玉土小粒7:腐葉土3の割合に、堆肥などと元肥として混ぜたものか、市販の野菜培養土を使用するようにしましょう。

地植え栽培のルバーブ

地植えでルバーブを育てる場合は、植え付け2週間前までに弱酸性の土壌にしておきましょう。苦土石灰を1㎡につき100gほどまいて、よく耕しておきます。その1週間後、腐葉土もしくは完熟堆肥を1㎡につき2kg、元肥として化成肥料を1㎡につき100gまいて耕しておきます。

ルバーブの育て方:種まき

ルバーブの種まきの方法

ルバーブの種まきは、3月下旬〜4月下旬に行いましょう。育苗ポットか、セルトレイに培養土をいれて、指で浅くくぼみを付けたら、一粒ずつくぼみに種をまいていきます。軽く土をかぶせて優しく手で抑えて密着させたら、たっぷり水をあげましょう。

ルバーブの種まき後の管理

ルバーブの発芽温度はだいたい25度ですので、発芽するまでは温度管理にきをつけましょう。土が乾燥しないように育てると、だいたい2週間ほどで発芽します。

ルバーブの育て方:植え付け

ルバーブの植え付けは本葉が3〜4枚でた、6月中旬〜7月中旬に行います。根鉢を同じくらいのくぼみをつけて、根鉢を崩さずに植え付けていきます。株間隔は40〜50cmとるようにしましょう。

ルバーブの育て方:肥料

ルバーブへの肥料は年2回追肥を行います。1回目の追肥は、植え付けから3週間後の、7月中旬〜8月中旬です。2回目の追肥はさらにその一ヶ月後の8月中旬〜9月中旬です。一株につき20gほどの化成肥料を、葉の広がりの下にまくようにしましょう。

ルバーブの育て方:夏越しのためのしきわら

ルバーブは耐暑性が低く、多湿にも弱いです。そのため日本の夏場はルバーブにとって厳しい環境になります。夏の温度上昇や、雨による泥はねを防止するためにも、株元にしきわらやマルチングをしてあげましょう。

ルバーブの育て方:収穫

ルバーブの収穫は植え付けから翌年の5月上旬〜6月下旬です。植え付けた年は株の充実のためにも収穫は控えます。草丈30〜50cmに育った株から順次、茎を収穫していきましょう。

なお、ルバーブの葉にはシュウ酸が多く含まれており、人体に有害なので切り落とします。

ルバーブの育て方:増やし方

ルバーブは種まきと株分けで増やすことができます。

種は夏頃に花芽の先についた果実から、種を採取します。株分けの場合は3〜5月に、4年以上育てた株に対して行います。掘り上げて、根元の芽がそれぞれにつくように、ナイフなどで切り分けていきます。

ルバーブの育て方:注意する害虫・病気

ルバーブは、うどんこ病、アブラムシ、コガネムシの被害に注意しましょう。日頃から株の風通しをよくしたり、みつけたら駆除するなどして、防除してください。

ルバーブってどんな野菜?どんな栄養がある?

ルバーブは、初夏に旬を迎える、茎を可食部分とするハーブ・野菜です。とくにビタミンCが豊富ですが、カリウム、葉酸、食物繊維なども含まれています。生食では酸味とえぐみが強いので、ジャムなどにして食します。

5〜7月ごろにはクリーム色の小さい花を縦に連ならせて咲かせます。

ルバーブの花言葉

ルバーブの花言葉には「忠告」「迅速」などがあります。由来としては、茎は可食であるのに対し、葉が有毒であることからつけられたと言われています。

ルバーブの育て方のコツを抑えよう!

ルバーブはなかなかスーパーなどでも見かけることのない、西洋野菜のひとつです。茎一本の値段は500円くらいで高級食材とも言われているので、家庭菜園で栽培して、気軽に食せるようになるといいですよね。

みなさんも、ぜひルバーブを育てて、すっきりとした味わいをお楽しみください。

ルバーブの新着コラム

ルバーブの花言葉|栄養や効能、毒性やジャムにて食べられる?の画像

ルバーブの花言葉|栄養や効能、毒性やジャムにて食べられる?

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ルバーブの基本情報

ジャンル
野菜
形態
多年草
学名
Rhubarb
別名
食用大黄
原産地
中国,ヨーロッパ

ルバーブの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
やや強い
耐暑性
弱い
耐陰性

時期

種まき
3月 、4月
植え付け・植え替え
6月 、7月
肥料
7月 、8月、9月
収穫
5月 、6月

ルバーブの新着投稿画像

みんなのルバーブの育て方

いいね
5

ルバーブのある暮らし

タイトル通り
by.kira kira
いいね
16

ルバーブ❁実験ジャム作り❣️

ちょっとだけルバーブ収穫したのでイチゴとハスカップ...
by.なち
いいね
15

ルバーブでジャム作り💛

ルバーブが手に入ったので、ジャムを作りました ルバ...
by.suiho

家庭菜園の種類

トマトの画像

トマト

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
ミニトマトの画像

ミニトマト

ブルーベリーの画像

ブルーベリー

ブルーベリーは場所もとらず、育てやすい為、手軽に楽しめる小果樹です。生食や、ジャム、スイーツなどにも...
キュウリの画像

キュウリ

鉢やプランター、地植えで育てることができます
オリーブの画像

オリーブ

一年を通して日当たりの良い場所で育てます。
オクラの画像

オクラ

鉢植えの場合、表面が乾いたら鉢底から水が流れるくらいたっぷりと水を与えます。水きれしないように注意し...