クラッスラの画像

クラッスラの育て方

  • ベンケイソウ科
  • クラッスラ属

クラッスラの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Crassula

別名

クラッスス

原産地

南アフリカ、マダガスカル

クラッスラの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

普通

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
クラッスラの育て方の画像

クラッスラは、アフリカ原産の多肉植物です。いくつも重なった肉厚の葉姿がとても可愛らしく、人気を集めています。また、種類が豊富な点もクラッスラの魅力です。そこで今回は、クラッスラの育て方についてご紹介します。

クラッスラの育てる場所

クラッスラは多湿が苦手なため、日光がよくあたるとともに、風通しがよい場所で育てましょう。日照不足や蒸れた状態になると、株が弱くなります。

ただし、夏は西日が当たらない場所など、半日陰になる場所が適しています。耐暑性はあるものの、強い日差しに長時間当たると、葉が変色してしまうからです。

また、屋外で栽培する場合、雨の日は雨が当たらない軒下や、室内などに移動させるなどしてください。雨により土が湿りすぎると、根腐れしやすくなります。

寒さにはあまり強くありませんが、0〜3度程度までなら耐えられます。よって、寒さ対策をすれば冬場でも屋外で育てることが可能です。霜が直接鉢に当たるのを避けるために、棚の上などに置くようにしてください。加えて、寒風が当たる場所も避けましょう。

クラッスラの水やり

クラッスラはアフリカ原産の植物なので、少し乾燥ぎみに育てるのがポイントです。土が乾燥したら、たっぷりと水やりをすれば問題ありません。

こまめに水やりをすると土が多湿状態となり、根腐れを招きます。根が腐ると株の生育が悪くなるだけでなく、場合によっては株自体が枯れてしまうので注意しましょう。

冬は休眠期なので、水やりは控えめにします。土が乾燥してから3〜4日後に水やりをするぐらいの感覚で大丈夫です。

肥料

生育期が始まった4月〜5月にかけて薄めた液体肥料、もしくは緩効性肥料を少量与えて、成長をサポートしましょう。もともと肥料を多く与えなくても十分育つ性質なので、与えすぎに注意してください。

また、元気がないときは、液体肥料を少量施肥するとよいでしょう。液体肥料は即効性があるので、株の回復に効果的です。

用土

湿った環境が苦手なクラッスラには、水はけのよい用土が適しています。市販の多肉植物用の培養土を利用するとよいでしょう。

また、配合土を作る場合は、排水性に優れている赤玉土や鹿沼土、パーライトに腐葉土をブレンドするとよいです。赤玉土小粒と鹿沼土小粒をそれぞれ3割、パーライトと腐葉土をそれぞれ2割にして混ぜ合わせます。

病害虫

風通しが悪く乾燥した環境になると、カイガラムシやハダニが発生することがあるので注意しましょう。

カイガラムシ

カイガラムシは、葉や茎に寄生し汁液を吸って栄養を奪う害虫です。大量に発生すると枯死に至ることもあります。葉や茎を傷めないように注意しながら、歯ブラシでこそげ落として退治しましょう。

また、薬剤を散布して駆除するのも効果的です。その場合は、カイガラムシ専用のものを使ったようがよいでしょう。というのも、カイガラムシの成虫は、貝のような硬い殻に保護されているため、通常の薬剤では効かないことがあるからです。見つけ次第、早めに駆除しましょう。

ハダニ

ハダニも葉を吸汁して被害をもたらす害虫です。主に葉の裏側に発生しやすい傾向にあります。水が苦手なので少し強めに葉水をすると、ある程度退治できます。しつこく発生する場合は、薬剤を散布して駆除するとよい。

また、以下の病気にも注意しましょう。

黒星病

黒星病はカビが原因で起こり、葉を枯らしてしまう病気です。感染すると葉に褐色の斑点ができます。雨が多いジメジメとした梅雨に発生しやすいので、風通しをよくしておきましょう。

軟腐病

軟腐病も梅雨から夏の高温多湿の時期に発生しやすく、土中の細菌が原因で起こる病気です。感染すると下葉に病斑ができ、やがて葉が柔らかくなり腐敗していきます。多湿にならない環境を作り防除しましょう。

クラッスラの植え付け・植え替え

植え替えは3月〜5月頃、もしくは9月〜10月頃に行いましょう。時間が経つと土の粒も少しずつ砕けてくるので、水はけが悪くなります。また、成長に合わせて植え替えることで、根づまりを防げます。

根鉢を少しほぐして古い土を1/3程度落とし、枯れた根を取り除いて1回り大きな鉢に植え替えてください。通常は植え替え後、根を活着しやすくするために水やりをたっぷりと行うのですが、クラッスラの場合は植え替え後、3〜4日程度経ってから水を与えます。

植え替え後は明るい日陰で管理し、徐々に日当たりのよい場所に移動させます。

クラッスラの増やし方

クラッスラは葉挿しによって簡単に増やせます。3月〜5月頃、もしくは9月〜11月頃が適期です。やり方は以下のように行います。

  1. 元気な葉を葉元から切る
  2. 浅めの深さのお皿やバットなどに用土を入れ、その上に置く
  3. 水やりをせず、明るい日陰や半日陰の場所で根が出るまで管理する
  4. 発根したら土に埋めて水やりをし、日が当たる場所に移動する
  5. ある程度大きくなったら鉢に定植する

クラッスラの手入れ

風通しや日当たりをよくするために、葉が込み入っている場合は剪定をしましょう。また、古くなった下葉などもカットしておくと、軟腐病の予防になります。

クラッスラの種類

クラッスラには以下をはじめとした、いろいろな種類があります。

金のなる木(花月)

金のなる木は、かわいらしいぷっくらとした丸い葉形をしており、開花期に白やピンクの花を咲かせます。茎と肉厚な葉は水分を蓄えられるため、乾燥に強いのが特徴です。

神刀

神刀は、刀のような形をした葉形が大きな特徴です。そのため、個性的な多肉植物を育てたい人におすすめです。暑さには強いですが寒さには弱いので、冬場は室内で育てたほうがよいでしょう。

火祭り

火祭りは、葉が紅葉する品種です。秋になると葉が赤く色づき、「火祭り」という名前の通り、鮮やかな葉姿を楽しめます。

ゴーラム

ゴーラムの魅力は、そのユニークな葉の形です。棒状で先端だけ平らにくぼんでおり、くぼみの縁が赤く色づいています。また、挿し芽や葉挿しで簡単に増やせます。

まとめ

クラッスラは、多肉植物ならではのぷっくりとした愛らしい姿が魅力的で、年間を通して楽しめます。もともと乾燥に強い性質なので、水の与えすぎに注意しましょう。また、風通しをよくし、多湿に気をつけることもポイントです。

日頃の手入れや増やし方も簡単なので、トライしてみてはいかがでしょうか。

※トップ画像はちっちさん@GreenSnap

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの種類

センペルビウム

葉がロゼット状につく春秋生育型の多肉植物です。株元からランナーを出して子株をつけ、群生します。花を咲... センペルビウムの育て方へ

ミセバヤ

一年を通して日当たりがよく風通しの良い場所で育てます。 ミセバヤの育て方へ

仙人の舞

赤褐色もしくは茶褐色の落ち着いた美しい彩りの多肉植物。 仙人の舞の育て方へ

アロエ・ベラ

日当たりがよく、乾燥している環境を好みます。 アロエ・ベラの育て方へ

胡蝶の舞

茎の先端に釣り鐘状の花を咲かす多肉植物。 胡蝶の舞の育て方へ

テトラゴナ

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 テトラゴナの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード