ボタンの育て方


GreenSnap編集部

GreenSnap編集部


公開日:2019.05.20

ボタンの花の魅力は、大輪で華やかなことでしょう。各地にボタン園もあり、愛好家も少なくありません。大きく美しく咲くボタンの花を見て、育ててみたいと思っている人に、ボタンの育て方をご紹介します。

ボタンの育てる場所

ボタンは一度植えるとずっと花が楽しめるといわれるくらい丈夫な植物です。ただ、過度の湿気や夏の暑さには弱く、育てる場所を間違えると枯らしてしまうかもしれません。翌年以降も花を咲かせるためには、日当たりが良く、通気性が良い場所で管理をすることが大事になります。また、用土は水はけ、水持ち、保水性が良い物を選びます。地植えをするときは、湿地帯は避けるようにしましょう。

7月、8月の気温が高い時期は、ボタンにとっては過ごしにくい時期となるので、鉢植えで育てる時は、できるだけ涼しい場所で管理してください。ボタンは、寒さには強いといわれていますが、土が凍りつくと成長を妨げてしまうので、気温が低い場所ではシートで覆ったりして、寒さ対策をします。鉢植えも、外に置いておいて問題はありませんが、できるだけ日当たりが良い場所に置くようにしましょう。

ボタンの水やり

ボタンを育てるポイントが水やりです。ボタンは湿気を好まないため、土はできるだけ乾燥気味にさせておきます。草花の多くは、土が乾いたら鉢底から水が流れる位たっぷりと水やりをしますが、ボタンを育てる時は、与え過ぎないように注意します。どちらかといえば、土が湿る程度で乾燥した状態を保つようにしましょう。気温が低くなる冬場は土が凍結することもあるので、水やりを不要です。水やりはしなくても、春になると芽が出てきます。

肥料

ボタンは、定期的に肥料を与えることで大きな花を咲かせることができます。肥料を与えるタイミングや種類が大事になります。

ボタンに肥料を与える時期は、冬から初春にかけて、初夏、秋の3回です。

元肥

9月~10月の植え付けの際におこなう肥料で、ボタンの成長を促すために行います。元肥として適しているのは、緩効性肥料か有機質の骨粉、リンやカリが多く含まれている肥料です。植え付ける時は、肥料が根に付かないように注意してください。

春肥

2月~3月にかけて与える肥料は「春肥」といって、1年間の健康を維持するためのものです。肥料を与えることで、根がしっかりと張るようになり、花芽の付きをよくします。肥料は、緩効性肥料か有機質である「油カス」を与えます。

お礼肥え

ボタンの花は、4月~6月にかけて開花します。5月~6月の花が終わったタイミングでお礼肥えとして肥料を与えます。これは、樹木の体力を回復させるのと夏場や秋にかけてボタンの健康を維持するのが目的です。お礼肥えで与える肥料も緩効性肥料が適しています。

用土

ボタンを育てる用土は、赤玉土6、腐葉土3、もみ殻くん炭1の割合で混ぜた土が適しています。土作りをする時は、ここに肥料を加えて耕します。鉢植えの時は、土だけでなく、肥料もブレンドされている草花用の培養土に植え付けをしてもよいでしょう。

病害虫

ボタンは、丈夫な植物といわれますが、気温の変化や土壌の状態によっては、病気にかかったり、害虫の被害を受けることもあります。枯れている葉や茎を見つけた時は取り除くようにしてください。

灰色カビ病(3~7月・9月)

ボタンがかかる病気で最も注意をしたいのが、灰色カビ病です。最初は、ボタンの花や葉にシミのような斑点ができます。進行すると株全体が灰色のカビに覆われるようになります。気温が低く、湿気が多いと起こりやすいので、春から初夏にかけてと、9月の急に気温が下がった時は、灰色カビ病が蔓延しやすくなります。風通しが良い場所で育てるというのも、病気を予防するポイントのひとつです。

白絹病(6月~10月)

土壌が原因で起こる病気で、根の部分や土が絹糸のような白い菌糸で覆われます。症状が進むと根元から枯れていきます。白絹病は気温が高くなると発症しやすくなるので、湿気が多くなる6月頃から残暑が厳しい10月頃までは要注意です。白絹病は菌が発症するのは、土の表面部分になるので、地植えの時は、土をしっかり耕すとよいでしょう。白絹病になった時は、株の部分は取り除くようにしてください。土も表面部分は取り除いて、新しい土を上から追加します。

肥料焼け

肥料焼けとは、肥料の与え過ぎることで、根が枯れてしまう病気のことをいいます。ボタンも元肥で入れた肥料が根に付いてしまうと「肥料焼け」にかかりやすくなります。ボタンは「肥料食い」する植物ともいわれ、土作りの段階や花が終わった時、休眠時に肥料を与えて成長を促します。そのため、どうしても肥料過多になってしまいがちです。肥料を与える時は、適量を守ることと、有機質のものか緩効性のものを選ぶようにしてください。

カイガラムシ

ボタンにつきやすい害虫のひとつがカイガラムシです。ボタンの幹の部分を虫が覆いつくし、貝殻のような殻がつきます。カイガラムシの害が進むと排泄物によるウイルスを媒介したり、株全体を枯らしてしまいます。カイガラムシを予防するには、休眠期である冬場に農薬を散布するという方法があります。

根コブセンチュウ

土の中にいるセンチュウによる被害のことをいいます。根の部分に分泌物をつけてこぶ状にします。根から栄養分が行かなくなるので、幹や葉の生育が悪くなり、花が咲かなくなることも。葉が下を向いているときは根コブセンチュウによる害を疑った方がよいかもしれません。1年に1回、根元に肥料を与えて成長を促すことで根コブセンチュウの害を避けることができます。

ボタンの植え付け・植え替え

ボタンは、9月~10月に植え付けをします。シャクヤクの台木に接ぎ木されている苗を植え付けるのが一般的です。園芸店で販売されているものは、あらかじめ接ぎ木されているものが多くなっています。ボタンの苗はほとんどが接ぎ木2年生や3年生と書いてあります。苗を選ぶ時は、葉が大きなものを選ぶと育てやすいでしょう。

植え付けをする前に、花芽を取り、短く剪定しておきます。地植えで育てる時は、事前に耕した土に植え付けます。土はつぎ目の部分までかぶせるようにします。根が付くまでは、乾燥させないようにたっぷりと水をやるようにしてください。

鉢植えの場合は、底にネットを張り、鉢底石を入れて、清潔な土と元肥を入れた鉢に植え付けをします。この時肥料の部分に根が付かないように気を付けましょう。

ボタンは、移植は好みません。基本的には、一度植え付けをすれば、ほとんど植え替えをする必要はありません。ただ、株に元気がない、根が張っているという場合は、大きな鉢に植え替えをするか、地植えにしましょう。

ボタンの増やし方

ボタンは、シャクヤクの苗木に接ぎ木して増やすことができます。自分で接ぎ木をする時は、8月~9月頃に行います。接ぎ木する道具や苗は、清潔なものを使うようにしてください。植え付けに使う土も新しいきれいな土を使用します。

ボタンの剪定

9月の終わりに、枯れた葉や重なった枝を切り落とします。このとき葉脈の部分には花芽が付いているので、元部に近い部分のものだけを残します。

ボタンの花を毎年楽しむためには、1年目は、花芽を取って、根の部分に栄養がいきわたるようにすると、翌年以降、花が咲きやすくなります。

ボタンの種類

ボタンは、園芸用に改良された品種が多く、花の色や花形も様々です。現在、ボタンは、日本系、中国系、アメリカ系、ヨーロッパ系の品種があります。

八千代椿

日本系のボタンの品種で、淡いピンク色の花が咲きます。花形は八重で、大輪になります。八千代椿という名前の由来は、不明です。

花王(かおう)

日本系のボタンの品種で、赤系のピンクの花が咲きます。花形は八重で、大輪です。早咲きの品種のため、温かい地域なら4月中旬頃から花を咲かせます。唐の時代にボタンの花が「百花の王」といわれたことが、花王の名前の由来になっています。

白王獅子

日本系のボタンの品種で、大輪で真っ白な花が咲きます。花の形は八重になっています。

鎌田藤

日本系のボタンの品種で、大輪で藤色の花が咲きます。花の形は八重で、早咲きの品種なので、4月中旬頃から、花が咲きはじめます。

太陽

日本系のボタンの品種で、花の色は赤です。八重の大輪で、早咲きの品種になります。

島錦

日本系のボタンの品種で、太陽の改良種です。花の色は、赤と白のマルチカラーで、花の形は大輪の八重になります。島錦も早咲きの品種です。

ハイヌーン

フランスで作られたボタンの改良品種で、淡い黄色の花が咲きます。大輪の八重咲きで、香りがあるのが特徴です。ハイヌーンは遅咲きの品種のため、早くても5月、北海道や東北の気温が低いところでは、6月が見頃になります。

ボタンの花言葉

ボタンを代表する花言葉は「王者の風格」「高貴」「壮麗」などがあります。

ボタンは、元々根の部分を「薬草」にして飲んでいましたが、唐の時代以降は、大輪の美しい花が好まれるようになり、「百花の王」といわれるようになりました。宮廷で愛される花ということもあり、「王者の風格」や「高貴」といった花言葉が付いたのかもしれません。

ボタンには「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」というように、女性の容姿を表現することわざもあります。元々は、漢方薬の宣伝として使われたもので、女性特有の病に効果があるといわれました。現在は、女性の美しさを表すことわざの代表として知られています。何枚も花びらが重なって、大きく咲くボタンの花は、とても見事なので、壮麗という花言葉も生まれたのでしょう。

まとめ

今回は、ボタンの花の育て方について紹介してきました。ボタンは、肥料も多く与えなければなりませんし、水やりの仕方も他の植物とは異なります。ちょっと育てるのが大変そうですが、コツをつかめば、何年も花を楽しめます。お家の庭をボタン園のようにしてみたいという人は、ぜひ挑戦しましょう。

※トップ画像はななさん@GreenSnap

花の育て方に関連するカテゴリ

花の育て方の関連コラム

ボタンの育て方の画像

ボタンの育て方

ボタンの花の魅力は、大輪で華やかなことでしょう。各地にボタン園もあり、愛好家も少なくありません。大きく美しく咲くボタンの花を見て、育ててみたいと思っている人に、ボタンの育て方をご紹介します。 ボタンの...

GreenSnap編集部

2019.05.14

アジュガの育て方の画像

アジュガの育て方

抜いても、抜いても生えてくる雑草に悩んでいる人におすすめなのが、アジュガというシソ科の植物です。お庭のグラウンドカバーにも人気で4月~6月にかけて花が咲きます。 今回は、アジュガの育て方と種類を紹介し...

GreenSnap編集部

2019.03.25

ヤツガシラの育て方の画像

ヤツガシラの育て方

ヤツガシラは、熱帯アジア原産のサトイモ科タロイモ属の仲間で、里芋の中でも高級品とされています。 ここでは、そんなヤツガシラの育て方についてご紹介したいと思います。 ヤツガシラの育てる場所 ヤツガシラは...

GreenSnap編集部

2019.05.14

ムサシアブミの育て方の画像

ムサシアブミの育て方

ムサシアブミは、本州から沖縄にかけて分布しているサトイモ科の山野草です。 草丈20センチから50センチになる多年草で、5月から6月頃に仏炎苞と呼ばれる花が咲きます。 ここでは、そんなムサシアブミの育て...

GreenSnap編集部

2019.05.14

マサキの育て方の画像

マサキの育て方

北海道南部から九州まで、日本各地に分布するマサキは、海岸近くに自生していることが多く、生け垣にもよく利用されています。 樹高は2メートルから6メートルほどになり、根元近くから枝分かれするのが特徴的です...

GreenSnap編集部

2019.05.14

花の育て方のみどりのまとめ

冬越しミリオンベル大輪その後

ジュリアンの夏越し

ミニひまわりの成長記録

Photo By ASA❤︎

サフィニア

サフィニアアート ももいろハート🍑今年ももりもりに挑戦!

スーパーレッドカサブランカ

人気のコラム

簡単DIY!vol.9「100円製氷ケース」で多肉ポット作り方の画像
カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
360度ぐるりと可愛い! フライングリースって知ってる? の画像
簡単DIY!vol.6.「タマゴの殻で簡単ポット」作り方(多肉を植えてみよう)の画像

開催中のフォトコンテスト

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード