ガマズミ育て方|水やりや育てる場所、実が食べられるって本当?

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

公開日:2020.07.07

ガマズミは綺麗な花ですが、実も美しいですよね。その実が食べられるって本当でしょうか。今回は、ガマズミとはどんな花なのか、育てるにあたっての水やり、土選びのポイントや花言葉について紹介しています。実の食べ方も載せていますので、ご参照ください。

ガマズミってどんな花?


ガマズミは成長すると2~3mになる低木。小さな白い花を咲かせます。

花期は初夏の5~6月ごろ。花は1つ1つは小さいですが、集まって咲くため、遠目で見てもその存在感はしっかり。ガマズミは長く飛び出したように見える5つのおしべも特徴的です。花も美しいですが、ガマズミの果実は花に劣らず美しいです。

実は9~11月ごろにつきます。果実は3~5mmの小さく、だんだん赤く熟します。秋ごろには、赤い実と緑のガマズミの葉の美しいコントラストを楽しむことができるでしょう。

ガマズミの果実は、酸味が強いため、生食には向きません。しかし、焼酎に漬けて果実酒、を作ったりシロップにしたりと楽しむことができます。

ただし、園芸店で売られている生花のガマズミは基本的に食用ではありませんので、気を付けましょう。食用にする場合は自分で育てたもののみにして下さいね。

ガマズミの育て方:育てる場所

ガマズミは日差しを好みますので、日当たりの良い場所で育ててください。人間の手入れがなくても、林などに自生するほどの生命力のあるガマズミ。

こちらは、手間のかからない庭木として迎え入れることができますが、なるべく日当たりのよい場所を選んであげましょう。枝が密集すると通気性が悪くなるので、適宜剪定を行ってください。

ガマズミの育て方:水やり

ガマズミは蒸れを嫌います。そのため、基本的に地植えの場合では水やりは不要です。根をつけるまでの期間のみ、土の表面が乾いたタイミングで水やりをしてください。

土の表面の色が薄く白っぽくなったら、土が乾燥しているサインです。鉢植えの場合は、土の表面が乾いてから、たっぷりと水やりをします。

ガマズミの育て方:用土

先述したように、ガマズミは蒸れに弱いので、水はけのよい土を選びましょう。鉢植えでガマズミを育てる場合は、赤玉土7:腐葉土3ほどの割合の土を作ると良いでしょう。市販の腐葉土でも問題はありません。

ガマズミの育て方:肥料

ガマズミの肥料は、粒状になった緩効性肥料をおすすめします。緩効性のため、ゆっくりと栄養が土の中に溶けていき、植物全体に行きわたります。

肥料を与える時期のおすすめとしては、5~6月、11~12月です。5~6月はガマズミの花が咲き、体力を使っている時期となりますので、この時に栄養をしっかりと与えてあげましょう。11~12月は落葉をしてガマズミが疲労している時期に当たるため、この時期にも肥料を与えると良いです。

ガマズミの育て方:植え付け・植え替え

2~3mまで成長する樹木ですので、スペースのある場所に植え付けましょう。植え付け時期は、落葉期を選んでください。鉢植えで育てている場合は、成長してきたタイミングで大きな鉢植えに植え替えが必要です。

植え替えのペースは年に1度ほど。土の中で根が窮屈になってしまうと、ガマズミが弱ってしまうので、注意が必要です。

ガマズミの育て方:手入れ

特にこれといった手入れはありませんが、蒸れを苦手とする植物ですので、枝が伸びてきて密集してきたら通気性をよくするため適宜剪定をしてください。

ガマズミの育て方:増やし方


挿し木で増やすことができます。適当な茎を1本カットし、葉がついていたら取って下さい。カットした断面を斜めにして、数時間水に浸します。その後、増やしたい場所にカットしたガマズミを土に挿して増やすことができます。

挿し木は根がまだ張っていないため、グラグラしやすいですので、深めに土の中に入れるようにしましょう。

ガマズミの育て方:注意する害虫・病気

注意する害虫

ハダニとカイガラムシに注意をしましょう。ハダニはガマズミの葉の裏につきます。ガマズミの葉の緑の元である葉緑素を抜いてしまうため、葉が白く変色するのです。葉が乾燥するとハダニがつくため、葉水を行いましょう。

万が一にハダニが発生した場合は、粘着力の弱いテープなどで取って下さい。粘着力が強いとガマズミを傷つける可能性がありますので、マスキングテープなどが良いでしょう。こまめにハダニがついていないかチェックするのも効果的です。

カイガラムシは、丸い貝殻のような硬い見た目の害虫です、1~3mmの小さな丸い虫がついていないか見てみてください。テープなどで取るようにしてください。

ガマズミの花言葉

ガマズミの花言葉は「愛は死より強し」、「結合」です。

ガマズミを育ててみよう

1つ1つは小さなお花ですが、密集して美しい姿を見せてくれるガマズミは、まさに「結合」という花言葉にぴったりですね。山野にも自生するほどなため、園芸初心者の方でも育てやすい植物と言えます。お庭にスペースのある方はぜひ。

GreenSnap編集部
植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

花の育て方に関連するカテゴリ

花の育て方の関連コラム

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード