イワダレソウの画像

イワダレソウの育て方|庭への植え方と覚えておくべき注意点とは?

  • クマツヅラ科
  • フィラ属
イワダレソウの育て方|庭への植え方と覚えておくべき注意点とは?の画像

イワダレソウ(岩垂草)は、グランドカバーとして適したプラントです。日本でも自生している植物です。繁殖力が芝生の10倍ともいわれ、あまりにも育ちすぎて困ってしまうということもあります。

そんなイワダレソウの育て方についてみていきましょう。

イワダレソウの日当たり

イワダレソウは、日当たりの良いところでよく生長します。イワダレソウの特徴として、日光に当たる時間が3時間程度しかない環境でも十分に育つことができます。半日陰でも育てられる丈夫です。

イワダレソウの置き場所

イワダレソウは、基本的にどこでも元気に育ちます。

ただし、イワダレソウは根が深く生えるので、取り除いて別の植物を植えようとしても育てるのが難しくなります。また、そどんどん繁殖してほかの植物を植えられなくなることもあるので、イワダレソウを植える場所は、最初に十分考慮してから植えましょう。

芝生の代わりに庭に植える場合、鉢植えやプランターなどで育てる場合は、問題ありません。ちなみに、イワダレソウは人に足で踏まれても問題ないという踏圧耐性があります。

イワダレソウの水やり

夏の水やり

イワダレソウを地植えしている場合は、一年を通して水を与える必要がありません。乾燥にも強いですが、真夏の乾燥する日が続くときは水を撒いてあげてください。

鉢植えの場合は、乾燥がきつい時期ですので朝と夕方の2回に分けて水を与えるようにしましょう。土の表面が乾いてから水をあげましょう。

冬の水やり

冬は特に水やりを行う必要はありません。

イワダレソウの肥料・追肥

イワダレソウは、基本的に肥料を不要とします。

地植えであれば、痩せ過ぎた土地でないのであれば問題ないでしょう。鉢植えで育てている場合は、生育の調子が悪いようであれば、春と秋に緩効性化成肥料を施すようにしてください。あくまでもイワダレソウの様子を観察してからにしましょう。

イワダレソウの土

イワダレソウを育てるときは、土質にも基本こだわる必要はないです。繁殖力も旺盛でグランドカバーにも利用されることから、どんな環境でも植えることができます。強いていうならば、水はけの良い土にしておくことで、生育はより良くなります。

イワダレソウの植え替え・植え付け・種まき

植え替え・植え付け

イワダレソウの植え付け時期は、4月〜7月を適期としています。イワダレソウを地植えする場合、比較的暖かい地域であれば、2月辺りから植えていってもいいですし、秋が終わるころにでも問題ありません。

北海道・東北地方・信越地方などの寒い地域であれば、早めの春や晩秋に植えてしまうと根付く前に寒波によって枯死してしまう可能性があります。できれば、暖かくなってから植えると管理もしやすく早くに生長します。

イワダレソウを植え付ける際は、横に伸びて広がる性質があることを考慮して、地面すれすれで植えていきましょう。植えた場所が平らになるようにするためにも重要なことです。

イワダレソウを鉢植えにするのであれば、底が浅い鉢を選び、プランターでは丸形の大きいものが最適です。

種まき

外来種のヒメイワダレソウの場合、極稀に種をつけることがあります。種まきすることで新たに増やすことが可能です。種を蒔いて水やりを施しておけば自然に生長します。

イワダレソウの手入れ

イワダレソウがキレイに広がってもらうためにも、雑草抜きは欠かさず行いましょう。こまめに抜き取るか、除草剤を使用することが大切です。3ヶ月もあれば庭全体をイワダレソウで覆うことができるでしょう。一年経てばきれいな緑の絨毯が完成します。

イワダレソウを植え付ける間隔は、1平米(100cm)であれば大体4ポット植えるようにします。ポットとポットの間は50cm開けてください。きっちり50cmを測らなくても大丈夫です。

イワダレソウの増やし方(株分け)

イワダレソウの増やし方は、「株分け」です。

株分けは真冬以外であれば1年を通して行うことが可能です。丈夫で繁殖力がありますので、長さを適当に切って植え付けるだけで育ちます。

イワダレソウの育て方注意すべき病気・害虫

イワダレソウは害虫に強い植物ですので、対策などしていなくても問題ありません。むしろイワダレソウの品種は害虫のえさになる雑草や花を咲かせなくしてくれるので、イワダレソウ自体が害虫対策になります。

病気もあまり気にすることはありませんが、まれに白絹病にかかることがあります。

白絹病は感染病で葉っぱが枯れてしまったような茶色い葉っぱに色を替えてしまう病気です。感染してしまったら株は元気にはならず、回復の兆しもありません。発見したら速やかにスコップなどを用いて掘り起こし処分するようにしてください。

イワダレソウの管理温度

イワダレソウは、16度〜35度が適した生育になります。15度以下になってしまうと茎葉が褐色に変化して、休眠状態に入ってしまうので注意しましょう。

イワダレソウは耐寒性も耐暑性にも強く-5度まで耐えることができます。

イワダレソウの種類・品種

イワダレソウはクマツヅラ科・イワダレソウ属に分類される日本産の植物です。元々のイワダレソウは、海の浜の砂場に似た所に這いながら育ちます。日本では、伊豆半島から南西諸島の海岸側にかけて分布しています。

イワダレソウは日照時間が3時間しかない環境でも十分に育てることができます。日本のイワダレソウから品種改良されたのが「クラピア」です。

クラピアは、宇都宮大学の教授であった倉持仁志さんにより日本産のイワダレソウを用いて品種改良したのが「クラピア」です。クラピアの生長っぷりは芝生の約10倍にも昇ります。そのためグランドカバーに利用される機会が多いです。

クラピアには「S1」「S2」「K5」というのがあります。この3種類には違いがあり、一つは「花の色」が異なります。

まずは、「S1」です。S1は、S2との違いというものは特になく、園芸店などでも同じものとして扱われていることが多いです。強いていえることは、S1はS2より草丈が少し低いということぐらいです。花の色で購入するのが良いかもしれませんね。

次に「K5」ですが、こちらの品種は寒い地域で育てるのに適した品種と言えます。しかし、実際は「S1」と耐寒性が変わりません。S1との違いとしては、芽吹きが少し早く休眠に入るのも10日程度遅くに入ります。

また、暖かい地域であれば緑色維持率がS1であれば4割ですが、K5は7割にも増します。

外来種もありヒメイワダレソウと呼ばれています。ヒメイワダレソウは東南アジアからペルーの亜熱帯地域に自生しています。世界中では約200種類もの品種があることが確認されています。

ヒメイワダレソウは野生化が警戒されている品種で、生態系被害防止外来種リストに指定されました。その理由にはヒメイワダレソウが日本の生態系の被害を及ぼす危険性があるとしたからです。

また、種子が10%にも満たない数値で付けることがあり、種子があると繁殖を想像以上に拡大してしまう可能性があります。そのため日本では、イワダレソウ及びクラピアの生育をおすすめしています。

ただし、クラピアは「改正種苗法」で登録されている品種です。茎や葉や根を無断で栽培したり、増殖、譲渡、販売さらに輸出入などを行うと種苗法に違反することとになります。クラピアの類似した商品の扱いには注意してください。

イワダレソウの花

イワダレソウの花の大きさは直径が1cm〜1.5cmと小さく、丸い形をした花が咲きます。

イワダレソウの花色は、白やピンクです。正確にいうと、クラピアS1が白い花でクラピアS2がピンクの花を咲かせます。クラピアK5に至っては希薄なピンク色に咲きます。ヒメイワダレソウに関しても白やピンク色をしています。

また、全体的に見るとイワダレソウの開花時期は5月〜10月の間ですが、S1・S2の場合、5月〜10月で、K5はこの期間よりも1か月ほど短くなります。

イワダレソウの花言葉

イワダレソウの花言葉には、「忍ぶ恋」という意味があります。

岩場にへばり付くようにして可愛らしい花を咲かす様子から、忍耐深い感じがして恋を秘めているところを連想させたとされています。

イワダレソウの名前の由来

イワダレソウの名前は、岩のある場所に垂れ下がるようにして生えていることに由来します。

別名「リッピア」とも呼ばれ、日本には昭和初期のころに渡来してきたとされています。この名前はヒメイワダレソウも同じで使われています。イワダレソウの学名には、Phyla nodiflora(フィラ・ノディフロラ)といいます。

またはLippia nodiflolaとも綴られます。属名はラテン語の種族という意味である「phyle(phylon)」から由来しています。

種小名のノディフロラでは、「節上開花の」という意味が用いられています。漢字に変換しても「岩垂草」になります。

イワダレソウを庭に植えてみよう!

イワダレソウの品種と育て方についてご紹介しました。

植えるだけで十分生長し、匍匐するので雑草や害虫が寄り付かないという便利な性質を持っています。しかし、植えた場所や生長の仕方では驚くほどの繁殖をしてしまいかねません。

イワダレソウは種子をつけず、除草剤で枯らすことは容易いので、芝生代わりに育ててみてください。

イワダレソウの新着コラム

イワダレソウの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
別名
クラピア
原産地
日本、亜熱帯各地

イワダレソウの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

イワダレソウの新着投稿画像

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメンの育て方へ シクラメンの花言葉へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチアの育て方へ ポインセチアの花言葉へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオの育て方へ アサガオの花言葉へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズの育て方へ クリスマスローズの花言葉へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーションの育て方へ カーネーションの花言葉へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラの育て方へ シバザクラの花言葉へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード