警告

warning

注意

error

成功

success

information

【動画付き】シクラメンの育て方!冬の正しい水やり方法、鉢の置き場所は?

  • サクラソウ科
  • シクラメン属

シクラメンは冬の室内を華やかにしてくれる鉢花として定番の球根植物です。室内であれば初心者でも育てやすく、きちんと育てれば、毎年開花を楽しめるので、正しい育て方で管理しましょう。

この記事では、室内で育てる鉢花用のシクラメンの冬の育て方を中心にご紹介していきます(※夏の管理方法については、本記事の後半に記載しています)。

【動画】簡単にわかるシクラメンの育て方

この動画ではシクラメンの育て方の基本的な部分と、ポイントを簡単にまとめています。まずは、こちらの動画をチェックしてみましょう。

詳しい育て方などについては、以下を参考にしてくださいね。

初心者必見!シクラメンの冬の育て方ポイント

シクラメン 花 ピンク

シクラメンの育て方は、「冬の水やりの仕方」と「置き場所」が重要です。水やりをするときは、花や葉っぱに水がかからないよう注意してください。

また、シクラメンは冬と夏と冬では管理方法が異なります。

秋〜春の間は日当たりの良い場所で管理し、夏の間は日陰または半日陰となる場所で管理することで、翌年以降もくり返し花を咲かせることができます。

シクラメンの置き場所

シクラメンは耐寒性が弱いため、鉢花として室内で管理するのが一般的です。

基本的には、室内の日当たりがいい窓際で管理すると良いでしょう。春・秋はレースカーテン越しの日光に当てます。冬の日中はできるだけ直接日光に当て、夜間になったら外気に触れないよう窓から離れた場所に移動してあげます。

置き場所 レースカーテン越しの窓際 日陰または半日陰の室内 レースカーテン越しの窓際 昼:窓際夜:窓から離れた場所

ただし、室内の適温は10〜15℃(最低5℃)であるため、暖房が効きすぎやすいリビングなどは避けた方がいいかもしれません。

※屋外でシクラメンを育てたい場合は、耐寒性の強い「ガーデンシクラメン」を選びましょう。なお、ガーデンシクラメンの場合は育て方が異なるため、こちらの記事を参考にしてください。

シクラメンの水やり

シクラメン 水やりカレンダー 9〜3月頃の間は表土が乾いたら株元へ水やりして、4月頃から徐々に頻度を減らす

シクラメンのような球根植物は根自体が細いので、水やりをしすぎると根腐れを起こしてしまうため、乾燥気味に育てましょう。冬の間は、表土が乾いていて、葉のハリがなくなってきたら水やりをします。

なお、シクラメンへの水やりの正しい方法は、下側の葉をかき分けて株元(土)にのみ、そっと水をあげることです。ほかの草花と違って、花や球根に水がかかると株が傷んでしまうので気をつけてください。

シクラメンが密集していて、中央の株元に水やりしにくいときはどうしたらいいの?

シクラメンが密植されていると、鉢の中央あたりに植えてある株へ正しく水やりをするのがむずかしい場合があります。そんなときは、鉢の下に水を入れるお皿がついた「底面給水鉢」を使うのがおすすめです。

シクラメンの水やりは「底面給水鉢」を使うと簡単

底面給水鉢とは、お皿に水を入れれば、お皿と鉢底をつないだヒモやスポンジを伝って、適量の水がシクラメンの根っこに吸い上げられるという仕組みになっている鉢のことです。

ただし、これを使用する場合も、肥料のまわりをよくするために、たまに土に水やりをしてあげてください。お皿の水は、切れないように注意しましょう。

シクラメンの肥料

シクラメン 肥料カレンダー 開花中の10〜3月の間は2ヶ月に1回の頻度

シクラメンの花が開花している間は2ヶ月に1回くらいの頻度で、チッソ分の少ない液体肥料(もしくは化成肥料)を施します。

底面給水鉢で育てている場合は、お皿に液体肥料を薄めて入れてもOKです。

シクラメンの花

シクラメン 開花時期カレンダー 開花時期は10〜3月

シクラメンの開花時期は、10〜3月頃です。

うまく花が咲かない原因はなんでしょうか?

  • 葉組みを行っていない!
  • シクラメンは、球根の上部にきちんと日光を当てないと花が咲きません。
    そのため、葉が茂りはじめる10月頃から、株の中央上に生えた葉をやさしく引っ張って、株の一番外側下に移動させます(これを葉組みといいます)。これによって球根に日光を当てることができるようになります。

  • 室内の温度が快適でない!
  • シクラメンの生育温度は、10〜15℃です。冬の室内は暖房によって20℃以上に保たれていることも多いため、花が咲きにくい場合があります。
    できるだけ日当たりがよくて、かつ涼しい場所へ移動してください。もしそのような場所が確保できない場合は、「日当たり」よりも「温度」を優先してください。

花がしおれたらどうしたらいいの?

シクラメンの花がしおれたり、枯れた場合は、その都度花がらを摘みます。ただし、シクラメンの場合は花だけ摘み取るのではなく、手で茎ごとねじりとります。そうすることで、茎にカビが生えるのを防ぐことができます。

花が終わったというサインはありますか?

春になり、新しいつぼみができなくなったら、花が終わったというサインです。花後のお手入れは、翌年の花つきを左右する大切な作業です。こちらの記事もしっかり確認しておきましょう。

シクラメンの夏の管理方法

シクラメンは高温多湿の環境に弱いため、気温があがる5月頃から徐々に生長が鈍り、休眠状態に入りながら夏越しをします。

夏越しさせるためには「休眠させる」のが一般的ですが、「休眠させない」方法もあります。

休眠させる場合は、夏の間は「日陰」で鉢を管理し、水やりを一切断ちます。詳しい管理方法や、休眠させない方法については、こちらの記事を参考にしてくださいね。

シクラメンの植え替え

シクラメン 植え替え時期カレンダー 休眠しない場合は5月、休眠する場合は8月下旬から9月

シクラメンの植え替え時期は、花が終わったあとの8月下旬〜9月頃(※休眠させていない株は5月頃)が適期です。

植え替えと同時に、水はけと通気性のいい土を新しく用意してあげるといいでしょう。市販の草花培養土もしくはシクラメン専用の培養土がおすすめです。

植え替えるときは、まず古土をすべて落とし、根っこを半分ほど切り落としましょう。そして、球根のてっぺんまで土がかぶらないよう、球根の半分〜1/3ほどが土に埋まる程度にしましょう。

なお、植え替え方法は休眠させた場合と休眠させていない場合で異なります。それぞれの詳しい手順については、こちらの記事を参考にしてください。

シクラメンの増やし方

シクラメンの増やし方 花が終わったら花茎ができる 種の採取

シクラメンは球根植物ですが、分球で増やすことはできないため、種を採取して「種まき」で増やすのが一般的です(ただし、発芽率は低く、花が咲くまでに時間もかかります)。

多めに種をつくると翌年の花つきが悪くなるため、種を採取したい場合は、どれか一つの花茎のみ花がら摘みをせず、そのまま放置し、丸い花径ができるのを待ちましょう。半年ほど経過して、茶色くなってきたら種を採取し、乾燥させて保存します。

詳しい種の保管方法および種まき方法については、こちらの記事を参考にしてください。

シクラメンの育て方でよくある病害虫トラブル

茎や球根にカビが生えた!原因と予防策は?

シクラメンは、花が終わったら茎ごと取り除く必要があります。茎が残ったままになっていると、茎にカビが生えたり、灰色カビ病を発症し、球根まで腐ってしまう恐れがあるからです。花後は必ず、花と茎を一緒に取り除きましょう。

株にクモの巣のようなものがついた!原因と予防策は?

葉っぱが傷みはじめている場合は、それはクモの巣ではなくハダニの可能性が高いです。シクラメンは乾燥気味の環境を好みますが、乾燥しすぎるとハダニが発生します。乾燥がひどい場合は、軽く葉水をしてあげるとこれを予防することができます。

冬に強いシクラメンの育て方は、これとは異なる!

シクラメンの育て方や性質など、基本的な情報をご紹介しました。温度管理が難しいと感じるかもしれませんが、適温を把握していれば大丈夫です。ガーデンシクラメンのように、寒さに強い品種もありますよ。

毎年新しい品種が出てくる植物なので、もし園芸店などで見かけたらどんな種類があるのかチェックしてみてください。

シクラメンの新着コラム

シクラメンの花が終わったら、種ができる前に〇〇する?その後の方法は?の画像

シクラメンの花が終わったら、種ができる前に〇〇する?その後の方法は?

シクラメンをきれいに咲かせるには肥料が肝心?おすすめの種類、与える時期や方法は?の画像

シクラメンをきれいに咲かせるには肥料が肝心?おすすめの種類、与える時期や方法は?

【写真解説】シクラメンの植え替え方法|毎年行う必要はあるの?ベストな時期は?の画像

【写真解説】シクラメンの植え替え方法|毎年行う必要はあるの?ベストな時期は?

シクラメンの夏越し|休眠させる方法や失敗しないコツ!新芽はいつ出てくる?の画像

シクラメンの夏越し|休眠させる方法や失敗しないコツ!新芽はいつ出てくる?

シクラメンの花言葉|色別だと怖い意味もある?プレゼントで避けるべき色は?の画像

シクラメンの花言葉|色別だと怖い意味もある?プレゼントで避けるべき色は?

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

シクラメンの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
Cyclamen persicum
別名
カガリビバナ,ブタノマンジュウ
原産地
中近東、地中海沿岸

シクラメンの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
普通
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
9月
肥料
1月 、2月、3月、4月、5月、9月、10月、11月、12月
開花
1月 、2月、3月、10月、11月、12月

シクラメンの新着投稿画像

みんなのシクラメンの育て方

いいね
96

しまね花の郷 シクラメンフェア

島根県産を中心に たくさんのシクラメンを集めたフェ...
by.PHV
いいね
2

夏越しのガーデンシクラメン

今年、猛暑を乗り切ったガーデンシクラメン。 初めて...
by.ほえほえ
いいね
325

ガーデンシクラメン

今年のガーデンシクラメンは ほとんどハンギング仕立...
by.りみ

花の種類

胡蝶蘭の画像

胡蝶蘭

ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
シンビジウムの画像

シンビジウム

クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
ヒヤシンスの画像

ヒヤシンス

日当たりと水はけの良い場所を好みます。
アネモネの画像

アネモネ

日当たりのよい場所で育てます。