トキワシノブの画像

トキワシノブの育て方

  • シノブ科
  • キクシノブ属

トキワシノブの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Humata tyermannii

別名

原産地

日本、東アジア

トキワシノブの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

普通

耐陰性

あり

トキワシノブの育て方の画像

トキワシノブは、シダの一種です。常に緑のイキイキとした葉を繁らせているところから、トキワシノブと呼ばれています。シノブは、「耐え忍ぶ」から。寒さにも暑さにも強く、耐え忍ぶいじらしい植物なのです。

トキワシノブの育てる場所

トキワシノブは、丈夫な植物ですが、強い風や5℃以下の寒さにはあまり強くありません。シダの一種なので、湿度がある程度あって、直射日光があたらない、半日陰の場所を好みます。エアコンの風が直接当たらない、レースカーテン越しである程度日当たりがある屋内が最適です。

瓦にいれるなどして、和風の盆栽仕立てにするのもおすすめです。室内の観賞用にして、グリーンインテリアとしても良い感じです。

トキワシノブの水やり

トキワシノブは、シダの一種なので、多湿を好みます。特に夏場は乾燥しやすいので朝晩たっぷり水やりをしましょう。冬場は、それほど水やりをする必要はありませんが、用土やコケ玉などが乾いてきたら、たっぷりと水やりをします。

乾燥したままにしておくと、枯れてきますが、色が変わってそれはそれで風情があるという方もおられます。ただし、完全に枯れてしまう前に、水やりをして、元気を取り戻してもらいましょう。

肥料

それほど肥料を必要としませんが、常緑のため、春から秋にかけて液肥を与えると緑が濃く、瑞々しさを増します。

用土

トキワシノブは、シダの一種。シダは、本来は木や他の植物にくっついて育つ着床植物です。自生している場合は、土についていることはあまりありませんが、鉢植えするなら、水はけのよい土壌を選びます。土を使う場合には、山野草用の用土を選びましょう。

土でなくても、水ゴケやヘゴ板などでも育ちます。コケ玉の形で販売されているのをご覧になった方もおられるかもしれません。そのまま、鉢やかごに入れても大丈夫。流木などに、水ゴケで巻き付けたり、土以外のものにもつくので、自分なりのアレンジが楽しめるのも魅力です。

病害虫

アブラムシやカイガラムシ、ハダニなどが つくことがあります。
ハダニは、黄緑や赤い色で、1mmもないほどの小さな虫で、葉っぱの裏側に潜んでいます。葉っぱにくっついて、葉の汁を吸います。吸汁されると、葉っぱが白い斑点状になります。放置すると枯れてしまうので、葉をよく観察しておいて、ハダニを見つけたり、斑点状になったりしたら、すぐにその部分を切り取りましょう。

アブラムシは、2mmほどの小さな体ですが、群生します。株を弱らせてしまうので、見つけたらすぐにとりましょう。食用洗剤を吹き付けるのも有効です。

カイガラムシは、3mmほどの小さな虫で、白い綿毛のように見えます。生長すると、ワックスのようなものを分泌します。カイガラムシが付くと、株が弱り、枯れてしまうこともあります。

もし虫がついているのを見つけ たら、すぐ取ってしまうか、その部分の葉を切り取ってしまいます。大幅に虫がついているようであれば、薬剤を散布します。

トキワシノブの植え付け・植え替え

トキワシノブは、特に植え替えをする必要はありません。ただし、根っこがとぐろを巻くように伸びていくので、伸びすぎた場合や、植え替えをしたい場合には、根っこをほぐして植え替えます。

3月から4月にかけて、新しい葉が出る時期に植え替えると、増やすことができます。

葉が付いた根っこを、水に浸した水ゴケの中に入れておくだけでも、根を伸ばすことがあります。好みの鉢や枠などに植え替えて、オブジェのようにすることも可能です。

トキワシノブの増やし方

トキワシノブはシダの一種なので、種ではなく胞子で増えます。春先に、植え替えで増やすこともできますが、着床した胞子で増やすこともできます。トキワシノブがついているミズゴケなどに胞子がついて、春先に新芽を出すことがあります。くるんとした、ゼンマイのような新芽が出ます。ある程度の大きさになったら、別の鉢などに移しても大丈夫です。

トキワシノブの手入れ

コケ玉で販売されているものも多いトキワシノブ、水ゴケ植えで、乾燥させなければ、割と簡単に育てられます。

トキワシノブは、年を経るごとに、根っこがとぐろを巻くように渦巻き状に伸びていきます。鉢に巻いたり、根を壺のように見立てたりできるという特徴があります。また、トキワシノブの葉っぱは、根元に長い葉が茂り、先端に向けて短い葉になり美しい三角形を作ります。根っこから葉っぱまで、好みの形に整え、オリジナルの盆栽として楽しむことが出来ます。

トキワシノブの花言葉

トキワシノブを含む、シダは、花は咲きませんが、古くからの伝説に基づいた次のような花言葉を持っています。

① 「魅 惑」「魔 法」「神 秘」

シダは、胞子で増えますが、その胞子を食べたり身に着けたりすると、透明人間のようになれると、中世のヨーロッパでは信じられていました。不思議な力を持つ、神秘的な力があるという意味合いの花言葉があります。

② 「あ いま い」「不 分 明 」

こちらも、胞子を身に着けると体が見えなくなるという言い伝えに基づくもののようです。はっきりしないという意味合いを持っています。

③ 「誠 実 」「正 直 」

イギリスやフランスで通用している花言葉です。由来ははっきりしませんが、常に緑の葉を繁らせる姿に由来するのかもしれません。

④「価 値」

フランスでは昔、シダをサナダムシの駆除薬として使っていたとか。医学的な価値がある植物としての価値が認められているようです。

まとめ

トキワシノブは、常に瑞々しい緑を繁らせてくれます。丈夫な植物で、育てやすいだけでなく、特徴的な根が育ち、増やすのも簡単。土ではなく水コケなどでも育てられるので、木にはわしたり、盆栽仕立てにしたり、額縁などに入れたりと、様々な育て方ができます。直射日光と乾燥を避けられる屋内で育てて、お部屋のオリジナルなグリーンアクセサリーとしてはいかがでしょうか。

※トップ画像はうぃるそぬ。さん@GreenSnap

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

ガーデニア

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないと... ガーデニアの育て方へ

ムクゲ

日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ムクゲの育て方へ

ヒイラギ

半日陰でも育ちますが、できるだ日当たりの良い場所で育ててください。 ヒイラギの育て方へ

ルピナス

日当たりの良い場所を選んでください。 ルピナスの育て方へ

アネモネ

日当たりのよい場所で育てます。 アネモネの育て方へ

アルストロメリア

日当たりの良い場所を好みます。 アルストロメリアの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード