ムシトリスミレの画像

ムシトリスミレの育て方

  • タヌキモ科
  • ムシトリスミレ属

ムシトリスミレの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Pinguicula spp.

別名

原産地

全世界

ムシトリスミレの性質

栽培難易度

やや難しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

やや弱い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ムシトリスミレの育て方の画像

ムシトリスミレは、スミレに似た可愛らしい花が咲く食虫植物です。寒地性、暖地性、熱帯高山性の3つのタイプがありますが、寒地性タイプは、暑さに弱く、栽培が難しいため、ほとんど流通しておりません。今回は、日本で多く流通している暖地性、熱帯高山性タイプのムシトリスミレの育て方をご紹介します。

ムシトリスミレの育てる場所

暖地性

一年中日当たり、風通し共に良い場所が適しています。

熱帯高山性

低温は苦手です。最低でも5~10℃程度は必要で、明るい日陰を好みます。鉢植えの方が、季節・気温により管理する場所を変えられるのでおすすめです。

ムシトリスミレの水やり

暖地性

いつも湿らせてある状態を好みます。こまめな水やりを心がけましょう。

熱帯高山性

根腐れの恐れがあるため、受け皿に水をため、その上に鉢を置き、底から吸水させてあげます。

肥料

暖地性、熱帯高山性共に、基本的には肥料を与えなくても育ちます。

用土

暖地性、熱帯高山性共に、水ゴケのみに植える方法や、赤玉土、鹿沼土、ピートモスなどをブレンドした土がおすすめです。

病害虫

暖地性、熱帯高山性共に、ナメクジに気をつけましょう。

ムシトリスミレの植え付け・植え替え

冬から春の間が、植え付け・植え替え共に、おすすめの時期です。

ムシトリスミレの増やし方

株分け

適度な大きさに株を分けます。植え替えする時に一緒に株分けすると、一石二鳥です

葉ざし

水ゴケを湿らせておき、基部から外した葉をのせ、明るめの日陰で根が出るのを待ちましょう。12月~3月頃の葉が適しています。

ムシトリスミレの手入れ

特別に手を掛けなくても、育ってくれます。たまに、枯れている葉は、取ってあげましょう。また、ムシトリスミレを含め食虫植物は葉をいじられることを嫌います。水やりの時も、葉に水がかからないように気をつけましょう。

ムシトリスミレの種類

ムシトリスミレには、北米原産の暖地性、メキシコ原産の熱帯高山性、越冬する寒地性の3つのタイプがあります。日本において寒地性タイプは、自生地が保護されていたり暑さに弱いため栽培が難しく、ほとんど流通していません。暖地性と、熱帯高山性のタイプが多く流通しています。

まとめ

今回は、ムシトリスミレの育て方や増やし方などについてご紹介しました。ムシトリスミレは、葉の表面から出す粘着力で虫を捕らえてくれる食虫植物であるにも関わらず、スミレに似た可愛らしい花を咲かせる、観賞にも適した植物です。

育てる環境や水やりに少し気を使いますが、肥料も要らず、難しい手入れも必要ありません。あなたも育ててみてはいかがですか?

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

フウリンオダマキ

午前中は日が当たる場所、午後は日が当たらない半日陰で育てます。 フウリンオダマキの育て方へ

セリ

乾燥を嫌う為、湿地などでも生育可能です。 セリの育て方へ

ブーゲンビレア

「情熱」「あなたしか見えない」など情熱的な花言葉を持つ。 ブーゲンビレアの育て方へ

グロキシニア

庭植えは向いておらず、鉢で育てます。室内の明るい日陰がよい。 グロキシニアの育て方へ

ホトトギス

風通しの良い、明るい日陰で育ててください。 ホトトギスの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード