アセビの画像

アセビの育て方|植え付けや挿し木の時期と方法は?

  • ツツジ科
  • アセビ属
アセビの育て方|植え付けや挿し木の時期と方法は?の画像

アセビ(馬酔木)は寒冷地を除く日本全国でみかけることができます。アセビは葉に含まれている有毒成分によって「足がしびれる」ことにちなんで名づけられました。アセビは鉢植えや盆栽、生垣などに適しており、比較的育てやすいです。また、日本以外にも中国大陸や台湾などでも見かけることが可能です。

アセビは白色のかわいらしい花を咲かせるのが魅力的な花でもあります。アセビは古くから愛されてきた花の一つであり、古今集などにも登場しています。存在感もかなりある花であり、大きな品種だと3メートル程度になるものもあります。

ここではそんなアセビの育て方や花言葉などについて詳しく解説しました。もしもこれからアセビを育てたいという場合には参考にしてみてください。

アセビを育てる場所

アセビは比較的育てやすい花の一つで、比較的乾燥している場所でもしっかりと育ちます。

湿り気があり、水はけが良いような場所に植え付けましょう。水はけの悪い場所などに植え付けると育ちにくくなることがあるので気を付けましょう。

ただし、葉っぱが枯れる原因になりうるので、冬の時期に乾風が吹きつけるような場所は避けておくべきです。

アセビの植え付け・植え替え

アセビの植え付けは2月から3月にかけて行いましょう。また、秋に植え付けすることも可能です。とはいえ、基本的に春先に植えるのが育てるのが簡単なのでおすすめです。

苗を植えるときには、花と花の感覚を2メートル程度空けて植えてください。日陰でも育つものの、植える場所は半日陰が最適です。

もしもアセビが大きくなってきたら、数年に一回程度植え替えをしてみましょう。小さな鉢だとアセビの成長にも影響を与えます。

アセビの水やり

アセビは地植えの場合には、夏以外の水やりは基本的に不要です。しかし、土がからからに乾いてきたら、適度に水をあげるようにしましょう。朝もしくは夕方に水をあげてください。

鉢植えの場合には、土が乾いてきたら水をやりましょう。

アセビの肥料

アセビの肥料は、植え付けたのち、株もとに行います。肥料としては化学肥料や油粕などが使えます。また、後述する用土づくりもしっかりしておきましょう。

アセビの育て方で必要な土を、地植えと鉢植えでに分けて紹介します。

地植えの場合

アセビの苗を植える場所に、腐葉土や肥料を混ぜ込みます。根が土に深く埋まらないように気をつけましょう。

鉢植えの場合

鉢底石を敷き、用土を3分の1ほど入れます。用土は赤玉土1:鹿沼土1:腐葉土1の割合の用土を用いましょう。その後、苗を置いて定着させてから残りの土を入れます。

最後に水やりをして終わりです。水やりをして土が減ってしまったならば、土をつぎ足すことが必要です。

アセビの育て方で注意すべき病気・害虫

アセビは比較的病気などにかかりにくい品種になっています。そのため、初心者にもおすすめです。

かかりやすい病気

アセビがかかりやすい顕著な病気はありません。ちなみにアセビは毒性も多少あります。アセビはアセトポキシンと呼ばれる成分を含んでいます。馬がアセビの葉を食べてふらふらになったことからアセビは馬酔木とも名づけられました。

つきやすい害虫

アセビにつきやすい虫には、ハナマキムシやグンバイムシなどが挙げられます。

ハナマキムシの幼虫に、アセビの葉が食い散らかされることがあります。もしもくるくると丸まったような葉があった場合には、ハナマキムシの幼虫がその中に生息している可能性があります。この場合には葉ごと丸ごと除去しましょう。

グンバイムシは、ハナマキムシよりも厄介な害虫です。グンバイムシの被害に合うと葉っぱが白くなってしおれていきます。グンバイムシは春場や乾燥した時期に発生しやすいです。

また、グンバイムシは大量に発生することも多いので、もしグンバイムシが発生した場合には薬剤散布をして一挙に除去しましょう。

アセビの増やし方

アセビの増やし方は挿木が一般的です。5月から6月ごろに枝を10センチほど切り取って水に浸します。その後、不要な葉を取り除き用土に挿し木しましょう。発根するまではなるべく土を乾燥させないようにするのが肝心です。

アセビの手入れ・剪定

アセビは手入れを特にしなくとも樹形が定まりやすい品種です。そのため、あまり剪定をする必要性はありません。

もしも剪定する場合には春から初夏にかけて行いましょう。太い枝を切り落としたら切り口にゆごう材を塗布して、病気に感染しないようにすることも大切です。

アセビはどんな花を咲かせる?

アセビは2〜3月頃の時期に、赤やピンク、緑色などの壺型の小さな花をたくさん咲かせます。房のように連なっていることも特徴です。

アセビの花言葉

アセビの花言葉には、「犠牲」、「検診」といった意味があります。

アセビの育て方をマスターしよう!

アセビの育て方について詳しく紹介しましたがいかがでしたでしょうか。アセビは人気が高い園芸植物ですし、育てやすい品種でもあります。見た目も独特ですから、気に入ったら是非とも育ててみるとよいでしょう。とはいえ、虫害などには十分注意して育ててみてください。また、生垣用などとしてアセビを育ててみるのも良いでしょう。アセビはいろいろな楽しみ方も可能です。

アセビの新着コラム

アセビの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
低木
学名
別名
アセボ
原産地
日本、中国東部、台湾

アセビの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

アセビの新着投稿画像

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード