ここではそんなアセビの育て方や花言葉などについて詳しく解説しました。もしもこれからアセビを育てたいという場合には参考にしてみてください。

アセビの育てる場所

アセビは比較的育てやすい花の一つです。乾燥している場所でもしっかりと育ちます。湿り気があり水はけが良いような場所に植え付けしかし、水はけの悪い場所などに植え付けると育ちにくくなることがあるので気を付けましょう。アセビの植え付けは2月から3月にかけて行いましょう。また、秋に植え付けすることも可能です。とはいえ、基本的に春先に植えるのが育てるのも簡単なのでおすすめです。植える際には花と花の感覚を2メートル程度空けて植えてみてください。日陰でも育つものの、植える場所は半日陰が最適です。

アセビの水やり

地植えの場合には夏以外は基本的に水やりは不要です。しかし、土がからからに乾いてきたら適度に水をあげるようにしましょう。朝もしくは夕方に水をあげてください。鉢植えの場合には土が乾いてきたら水をやりましょう。

肥料


肥料は植えた後に株もとに行います。肥料としては化学肥料や油粕などが使えます。また、後述する用土づくりもしっかりしておきましょう。

用土

アセビを地植えするさいと鉢植えする際に分けて紹介します。

・地植えの場合

植える場所に腐葉土や肥料を混ぜ込みます。根が土に深く埋まらないように気を付けましょう。

・鉢植えの場合

鉢底石を敷き、用土を3分の1ほど入れます。用土は赤玉土1:鹿沼土1:腐葉土1の割合の用土を用いましょう。その後、苗を置いて定着させてから残りの土を入れます。最後に水やりをして終わりです。もしも水やりをしたために土が減ってしまったならばつぎ足すことが必要です。もしもアセビが大きくなってきたら、数年に一回程度植え替えをしてみてください。小さな鉢だとアセビの成長にも影響を与えます。

病害虫

アセビは比較的病気などにかかりにくい品種になっています。そのため、初心者にもおすすめです。

病気

アセビがかかりやすい顕著な病気はありません。ちなみにアセビは毒性も多少あります。アセビはアセトポキシンと呼ばれる成分を含んでいます。馬がアセビの葉を食べてふらふらになったことからアセビは馬酔木とも名づけられました。

害虫

・ハナマキムシ

ハナマキムシの幼虫にアセビの葉が食い散らかされることもあります。もしもくるくると丸まったような葉があった場合にはハナマキムシの幼虫がその中に生息している可能性があります。この場合には葉ごと丸ごと除去しましょう。

・グンバイムシ

グンバイムシはハナマキムシよりも厄介な害虫です。グンバイムシの被害に合うと葉っぱが白くなってしおれていきます。グンバイムシは春場や乾燥した時期に発生しやすいです。グンバイムシは大量に発生することも多いです。もしもグンバイムシが発生している場合には薬剤散布をして一挙に除去しましょう。

アセビの植え付け・植え替え

アセビは挿し木による増やし方が 5月から6月ごろに枝を10センチほど切り取って水に浸します。その後、不要な葉を取り除き用土に挿し木しましょう。発根するまではなるべく土を乾燥させないようにするのが肝心です。

アセビの手入れ

アセビは手入れを特にしなくとも樹形が定まりやすい品種です。そのため、あまり剪定をする必要性はありません。もしも剪定する場合には春から初夏にかけて行いましょう。太い枝を切り落としたら切り口にゆごう材を塗布して病気に感染しないようにすることも大事です。

アセビの種類

アセビにはいくつかの種類があります。例えば、ヤクシマアセビやアメリカアセビなどです。特に園芸品種として有名なのがアケボノアセビです。

・アケボノアセビ

通常のアセビは白色の花をつけますが、アケボノアセビはピンクの花をつけるのが特徴になっています。アケボノアセビは観賞用として大変おすすめです。

・タイワンアセビ

タイワンアセビは赤色の花を咲かせる品種です。タイワンアセビは日本で見かけることは少ないです。

・リュウキュウアセビ

リュウキュウアセビはかつては奄美大島と沖縄本島に自生していました。しかし、園芸用に採取されたことから絶滅したとされています。

アセビの花言葉

アセビの花言葉として「犠牲」「検診」があります。これはギリシャ神話にちなんだ花言葉です。神々の怒りのために岩に張り付けられていたアンドロメダを献身的にペルセウスが救ったことからこの花言葉が名づけられました。他にも「一緒に旅をしましょう」といった花言葉もあります。また、万葉集にもアセビを扱った歌がいくつかあるほどです。アセビはこのように日本人と大変ゆかりが深い花なのです。アセビに興味がある人はこうした文献を調べてみるのも良いでしょう。

まとめ

アセビの育て方について詳しく紹介しましたがいかがでしたでしょうか。アセビは人気が高い園芸植物ですし、育てやすい品種でもあります。見た目も独特ですから、気に入ったら是非とも育ててみるとよいでしょう。とはいえ、虫害などには十分注意して育ててみてください。また、生垣用などとしてアセビを育ててみるのも良いでしょう。アセビはいろいろな楽しみ方も可能です。