警告

warning

注意

error

成功

success

information

蓮(ハス)の育て方|花の時期は短い?種まき、鉢植えでも栽培できる?

  • ハス科
  • ハス属

仏教のシンボルでもあるハス(蓮)は、日本でもとても馴染みのある植物です。ハスは水辺に生息する水生植物で、神社付近の池に浮いている可愛らしい花を、一度は見たことがあるのではないでしょうか。個人で育てるにはむずかしそうなイメージがあるハスの花の育て方や手入れの方法、効果効能などハスについて詳しく解説していきたいと思います。

蓮(ハス)の育て方のポイント

ハスを育てるときは、「日当たりの良い場所」を選び、「水の温度を温かく保つこと」が大切です。

ハスを育てる水は、水温の高さとバクテリアの量が重要になります。水を頻繁に入れ替えてしまうと、水温が低くなり、バクテリアや微生物の量も減り、水が腐りやすくなる原因になります。

そのため、半日ほど直射日光が当たるような場所で管理しながら、水は少なくなり次第与えるとよいでしょう。

蓮(ハス)を育てる場所

ハス 蓮

ハスは日光を好むので、日当たりが良い場所で育てましょう。直射日光が当たるような場所でも問題ありません。

また、ハスは池に植え付けられている姿をよく見かけますが、鉢でも育てることができます。品種にも寄りますが、直径30cm以上ある鉢を選ぶようにしましょう。

鉢が小さすぎると夏には高温になりすぎ、冬には凍結してしまうので、鉢を二重にして育てる方法もあります。

蓮(ハス)を育てる土

ハスは、肥沃で粘土質な土壌を好みます。

田土と赤玉土、腐葉土、涅を混ぜたものがおすすめです。ハスの栽培は土で決まる、ともいわれているくらい重要なので、土には特にこだわりましょう。

蓮(ハス)の植え付け

ハスは種から育てることもできますが、根を土に植え付けるのが一般的です。

植え付け時期は、3〜4月頃が適期です。

穴が開いていない鉢に、よく練って粘土状になった土を1/3ほど入れます。このとき元肥も入れましょう。根を置き、その上から土をかぶせ、水がひたひたになるまで注ぎましょう。その後は、屋外の日当たりのいい場所で管理するだけです。

ハス(蓮)の水やり

ハスは土に水を与えるというよりは、水に浸して育てます。

とにかく水をたくさん必要とするので、水を切らさないように注意しましょう。土の上15cm程度まで水が入っているのが理想です。

夏は水が蒸発するのが早いので、こまめにチェックし、少なくなっているようなら水を足してあげてください。

冬は葉が枯れるため、雨水などで十分です。特に水やりの必要はありません。

蓮(ハス)の肥料・追肥

ハスは葉が出ているうちは、追肥は2週間に1回、最低でも月に1回くらいのペースで行うと元気に育ってくれます。元肥と追肥共にハス用の肥料が売られているので、そちらを利用することをおすすめします。

ハスの肥料はリンが多く含まれた肥料を使うようにしましょう。チッソが多い肥料をあげてしまうと、花が咲かなくなることもあるので、注意してください。

蓮(ハス)の花の時期

ハス 蓮

蓮の花の開花時期は、7〜8月頃です。夏の季節になると、水面から真っ直ぐに伸びた茎の先に、スイレンに似た花を咲かせます。

ただし、ハスの花は午前中しか開花しない性質を持っているうえに、4日ほどしか開花期間がないため、花を楽しみたい場合は咲いたらなるべく早い日の、早めの時間に観察すると良いでしょう。

蓮(ハス)の花が終わったらどうする?

ハスの実 種ができている

咲き終わったハスの花がらはそのままにしておくと種をつくってしまい、花を咲かせなくなります。そのため、花が終わったら、花がらは取り除くようにしましょう。

種は若いうちに収穫すれば、食べることもできます。

蓮(ハス)のお手入れ

黄色くなった葉は不要な物なので、取り除きますが、8月頃の葉は養分を供給するために必要なのでそのままにしておきます。

ほかにも藻が多発すると成長を妨げてしまうので、見つけたら取るようにしましょう。雑草は病害虫の原因となるので、こまめに除草することを心がけましょう。

蓮(ハス)の植え替え

ハスの根

株が込み合うと花が咲きにくくなってしまうので、根や葉が密接になってきたら植え替えするようにしましょう。

植え替え時期は、植え付け同様3〜4月頃が適期です。

植え替えの方法は鉢をひっくり返し、ハスの根を取り出して泥を落とし2節以上残してカットし別の鉢に植え替えてください。

蓮(ハス)の増やし方

株分け

ハスは株分けで増やすことができます(※やり方は植え替えと同じなのでそちらを参考にしてください)。

株分けする際には必ず萌芽するわけではないので、カットした根を土に埋めずに水に浮かべて日なたに置いておきましょう。

5月下旬くらいまでにハスの芽が出てこなかったら根が腐っていることもあるので、予備に残しておいた根を植えてください。そのときに気を付けなくてはいけないのは、予備の根には葉が出始めているので、それを埋めてしまわないように注意しましょう。

蓮(ハス)の育て方で注意すべき病気・害虫

かかりやすい病気

ハスに現れる病気で代表的なものは、腐敗病と斑点病などがあり、腐敗病の場合特効薬がなく、病気の症状が出ている葉を切るか植え替える必要がありますが、斑点病には効く農薬があるので、症状を見つけ次第すぐに対処するようにしましょう。

つきやすい虫

ハスによくつく害虫は、アブラムシやヨトウムシなどです。アブラムシは大量発生してハスの葉を吸汁し枯らしてしまったり、ヨトウムシは葉を食害してしまいます。食害などの痕跡が見つかったらすぐに駆除するか、アブラムシやヨトウムシに効く農薬をしようするようにしましょう。

蓮(ハス)の花の種類・品種

ハスには、赤や白の花を咲かせるアジア系の「ヌシフェラ種」と、黄色の花を咲かせ、北アメリカなどに分布される「ルテア種」の2種類があります。

ハス(蓮)の育て方を覚えて、開花を楽しもう!

今回はハスの育て方、効果効能や花言葉などハスについてのあれこれを詳しく紹介していきました。植え替えが必要だったり、少々手間がかかるハスですが、夏ごろになり水の上で咲いているハスの花を見ると素敵な気持ちになることができますよ!是非この記事を参考にハスの栽培にチャレンジしていただけたら嬉しいです。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ハスの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
Nelumbo nucifera
別名
原産地
熱帯、温帯アジア、豪州北部

ハスの性質

栽培難易度
やや難しい
耐寒性
普通
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
3月
肥料
4月 、5月、6月、7月、8月、9月
開花
7月 、8月、9月

ハスの新着投稿画像

みんなのハスの育て方

いいね
12

町田薬師池公園の大賀ハス

2022年7月24日撮影
by.むーたん
いいね
5

今年も懲りずにハスに挑戦

昨年、はやる気持ちを抑えきれず。寒いうちから始めた...
by.えるふ
いいね
41

猿賀公園のハス🪷

青森県平川市 猿賀公園 蓮の花まつり
by.白山吉光

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
胡蝶蘭の画像

胡蝶蘭

ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
シンビジウムの画像

シンビジウム

クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
ヒヤシンスの画像

ヒヤシンス

日当たりと水はけの良い場所を好みます。