警告

warning

注意

error

成功

success

information

カランコエ・パリの育て方|置き場所や水やりの仕方は?

  • ベンケイソウ科
  • カランコエ属

カランコエ・パリはカランコエ属の中でも、多くの花色を持っている品種です。花も八重咲きで華やかな印象があり、人気も高まっています。クイーンローズとも呼ばれるカランコエ・パリの育て方などについてご紹介していきます。

カランコエ・パリの日当たり

カランコエ・パリは、日当たりの良い場所を好みます。年間を通して、日の良く当たる場所で管理してください。ただし、直射日光に浴びると葉が焼けてしまいますので、注意してください。

窓際に飾っていても葉焼けを起こしている場合は、レースのカーテン越しにして置くなどしてください。

カランコエ・パリは短日植物です。花を咲かせるための工夫が必要です(短日植物の特徴については「花(形態)」で説明します)。

カランコエ・パリの置き場所

カランコエ・パリは日当たりさえ良ければ、屋外でも室内の窓の側でも育てられます。夏は直射日光に当たらないようにして明るい日陰で管理するようにしましょう。

ある程度の気温が下がってくると枯れてしまいます。霜に当たると完全に枯死してしまいます。冬は室内の明るい場所に移動させて育てましょう。暖地であれば外でも越冬することができます。

また、風通しの良い環境で管理しておいてください。

カランコエ・パリの水やり

夏の水やり

カランコエ・パリは多肉植物であるため乾燥には非常に強いです。水やりを少々忘れてしまっても、枯らすことはありません。逆に水やりをしすぎると、過湿になって根腐れを起こしてしまいます。

カランコエ・パリへの水やりは、表土が完全に乾いてからにします。

多肉植物は水やりをせずに管理していると、葉っぱがしわしわになってくることがあります。これは水を欲しているサインです。このタイミングでたっぷりと水をあげても良いでしょう。

冬の水やり

冬も夏とほとんど同じで、乾かし気味に管理します。

水やりを行うときに、葉っぱには水がかからないように注意しましょう。葉に水をかけ続けてしまうと、かかった部分から腐ってきて最終的には枯れてしまうことになります。指を使って葉を優しく持ち上げてから、細長い口をしたジョウロなどで水を注いでください。

カランコエ・パリの肥料・追肥

カランコエ・パリに肥料を与えるときは、液体肥料を施すようにします。5月と10月辺りに1度与えておくぐらいがちょうどよいです。

カランコエ・パリの土

カランコエ・パリを育てるときは、一般販売している多肉植物用の土で十分です。配合土は、各々2割の割合で、鹿沼土・赤玉土・腐葉土・ピートモス・川砂を混ぜ合わせましょう。

カランコエ・パリの植え替え・植え付け

カランコエ・パリは生長が活発なため、根を張るのが早いです。1年か2年に1度は、植え替えを行うようにしてください。植え替え時期は、3月・4月か9月が適期です。

植え替えを行わなければ、根詰まりを引き起こして水切れを起こします。水切れの状態になると、下葉から黄色に変わり枯れてしまいます。現状のものより一つ大きいサイズの鉢に植え替え、土も新しいものに交換してください。

引き抜いたときに付いた土は、手で優しく掻き落としておきましょう。植え付けも同様のやり方で植えていきましょう。

カランコエ・パリの増やし方(挿し木)

カランコエ・パリは、挿し木で増やすことができます。

挿し木に用意するものとしては、コップなどの容器・挿し木用の土・鉢・発根促進剤です。枝の先端から5cm〜10cmの間で切断します。先端の葉を2枚くらい残したら後は全部バッサリ落としてしまいましょう。

切るときも剪定バサミなどを使ってください。切り口に、発根促進剤を塗ってコップに水を入れて挿しておきます。新しい鉢に挿し木用の土を入れて、中央に指で穴を空けます。

穴に水に浸けておいた茎を取り出して植えましょう。そして、半日陰で管理し水をたっぷりと与えます。1ヶ月ほど経つと発根してきます。半年して根がしっかりしてきたら、ワンサイズ大きい鉢に植え替えていきます。

カランコエ・パリの育て方で注意すべき病気・害虫

カランコエ・パリの葉の状態が良ければ、病気の心配はありません。ただし、葉が腐っている部分を放置していると健康的な葉にも悪影響が出ます。

そしてすす病や灰カビ病にも発展してしまいますので、傷んでいる葉を見たら腐っている部分と周りを切除してしまいましょう。

カランコエは、寒い季節から気温が暖かくなる時期になると、アブラムシがついていることがあります。アブラムシは発見次第、殺虫剤などで駆除しましょう。

カランコエ・パリの管理温度

カランコエ・パリは耐暑性がやや低い性質を持っているので、暑さには気をつけて管理してあげましょう。

一方、寒さには気温0度〜5度以上であれば耐えることができるので、霜などに当たらないように管理しておくと越冬は簡単でしょう。品種によって強さが異なってきますが、カランコエ全体でいうと、5度以上の生育温度が必須となります。

カランコエ・パリの種類・品種

カランコエ・パリはベンケイソウ科カランコエ属の多肉植物です。カランコエ属はマダガスカル島に多く分布していますが、アフリカや東南アジアにも自生しています。草丈も20cmよりも大きくなることはなく、20cm以内の幅と小さいです。

カランコエ・パリは、2009年にヨーロッパの園芸商品の中で賞を多く獲得した品種でもあります。園芸植物としてであったり、プレゼントとしても利用されることが多いです。花が咲くと高級感がありますので、部屋に飾ってもおしゃれな演出になります。

別名にクイーンローズ(クィーンローズ)という名前でも流通しています。カランコエ・パリは八重咲きになる美しい花を咲かせます。

カランコエ・パリの花(形態)

カランコエ・パリ(クイーンローズ)は、カランコエ属の中でも八重咲きでバラのような形に開く品種です。花の色にも、赤やピンク、オレンジ、黄色、白色と明るくバリエーション豊かです。

花芽が付いたときから高級感が溢れており、満開になれば見とれてしまうほど美しい姿になります。カランコエ・パリの花の開花時期は、10月から翌年の5月頃まです。

しかし、カランコエ・パリは短日植物といわれる性質があり、日が短くなるようにすることで花芽を付けます。花芽は、生長することで花を咲かせるための土台となる部分です。花芽がなければ花を鑑賞することもできなくなります。

植物は蛍光灯の光でさえも、日光であると勘違いし、昼と認識してしまいます。室内で管理しているときは、段ボール箱など覆うことができるもので、光を遮断させてあげてください。こうすることで年中花を咲かせることができます。毎日遮光させましょう。

カランコエ・パリの花言葉

カランコエ・パリには、「幸運を告げる」「たくさんの小さな思い出」「あなたを守る」「おおらかな心」「幸せを作る」「柔軟性」「切磋琢磨」という花言葉があります。

カランコエ・パリを育ててみよう!

カランコエ・パリ(クイーンローズ)は、花が華麗で、明るい花を咲かせてくれます。短日植物の特徴を掴んでいれば、一年中バラのような花を見られるなんて楽しいですね。

部屋のおしゃれグッズとして飾ると、植物がより映えると思います。是非、カランコエ・パリを育ててみてはいかがでしょうか。

カランコエ・パリの新着コラム

カランコエがひょろひょろになる原因は?どんな環境を好む?の画像

カランコエがひょろひょろになる原因は?どんな環境を好む?

【冬の花図鑑30選】冬に咲く花の名前や花言葉はなに?鉢植えや花木でよく見るのは?の画像

【冬の花図鑑30選】冬に咲く花の名前や花言葉はなに?鉢植えや花木でよく見るのは?

カランコエの花言葉|花の特徴は?いつの誕生花?色別で意味が違う?の画像

カランコエの花言葉|花の特徴は?いつの誕生花?色別で意味が違う?

カランコエの種類|人気品種13選!兎シリーズや珍しい品種をご紹介の画像

カランコエの種類|人気品種13選!兎シリーズや珍しい品種をご紹介

カランコエの挿し木|時期や方法は?葉挿しや水耕栽培の増やし方もできる?の画像

カランコエの挿し木|時期や方法は?葉挿しや水耕栽培の増やし方もできる?

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

カランコエ・パリの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
Kalanchoe blossfeldiana 'Paris Evergreen'
別名
紅弁慶,ベニベンケイ
原産地
マダガスカル

カランコエ・パリの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
やや弱い
耐陰性

時期

開花
3月 、4月、5月

カランコエ・パリの新着投稿画像

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
バラの画像

バラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。