ヤクシマアセビの画像

ヤクシマアセビの育て方

  • ツツジ科
  • アセビ属
ヤクシマアセビの育て方の画像

春になるとスズランのような白いベル状の小さな花を葉が隠れるほど咲かせるアセビは、万葉集にも10首読まれているほど、古くから親しまれてきた常緑の花木です。

ヤクシマアセビは、「屋久島馬酔木」と書くアセビの変種で、名前の通り屋久島に自生している日本の固有種で、屋久島でも1000mを超える高所にのみ自生しています。

自生種は採取できませんが、園芸品種は園芸店でも手に入れることができます。

ヤクシマアセビは一般的なアセビよりも葉や枝が細く、樹高も高くならないのでアセビの矮小種になります。

ヤクシマアセビの樹高は1m前後になり、生育環境が良ければ4mくらいまで育つことがありますが、通常のアセビより小さめです。

最大の違いは花穂のつき方にあり、アセビは花穂が垂れ下がるように咲きますが、ヤクシマアセビは上に向かって突き出すように花穂がつきます。

実がなっても穂は上を向いたままで、実はアセビと同じく上向きになり、熟すとポンとはじけます。

ヤクシマアセビの育てる場所

ヤクシマアセビは、日当たりと風通しのよい場所を好みます。

屋久島でも1000m以上の高地に自生していることから、涼やかな環境を好むことがわかります。

ヤクシマアセビは耐陰性も高いので、半日陰でもよく育ちます。

ある程度湿り気のあるような環境を好むので、日当たりがよすぎる場所よりは、半日陰の方が育てやすくなります。

ヤクシマアセビの水やり

ヤクシマアセビを庭植えにしたとき、根付いた後は基本的には自然の恵みだけで十分ですが、乾燥が続くときはたっぷり水やりしましょう。

ヤクシマアセビは土がからからに乾いている環境を好まないので、株元に腐葉土を厚く敷き詰めるようなマルチングをしておき、乾燥を防いでおくのもおすすめです。

ヤクシマアセビを鉢植えにしたとき、表面の土が乾いてきたらたっぷりと水やりするようにしましょう。

ヤクシマアセビは、湿り気のある土を好みますが、ずっと水浸しでは根腐れしてしまうので、鉢皿に水をためないようにしましょう。

夏の乾燥しがちな季節は、風通しの良い明るい日陰に置き場所を変えて、朝夕水やりするなどして、乾きすぎないように注意します。

冬の休眠期は、生育期の春~秋にかけてより乾燥気味に管理しますが、乾きすぎるとダメージを受けるので、土が乾ききる前に水やりしましょう。

肥料

アセビはヤクシマアセビも含めて多肥を好まないので、春に株元に緩効性化成肥料をまいておきましょう。

マルチングに腐葉土を使うなどして、有機質が多く含まれるようにしておくのもおすすめです。

用土

ヤクシマアセビは、水はけのよい土を好みますが、ある程度湿り気のある環境が好きなので、土が乾きすぎないように注意しましょう。

土質はあまり選びませんが、鉢植えは赤玉土小粒や鹿沼土小粒に半量ほどの腐葉土をブレンドした土を用いて、庭植えは庭土に腐葉土をたっぷり混ぜ込んでおくのがおすすめです。

酸性の土壌を好むので、あらかじめ苦土石灰などをまいておく必要はありません。

水はけと水持ちを改良するために、川砂やバーミキュライト・パーライト、酸度未調整のピートモスなどをブレンドするのもおすすめです。

 

病害虫

ヤクシマアセビも葉や茎、花も含めて有毒物質を含んでいるので病害虫が付きにくくなっています。

ハマキムシが付くことがあるので、丸まった葉があったら取り除いておきます。

グンバイムシが付くと葉が白くなって枯れてきます。被害のひどいところは取り除いたうえで、薬剤を散布します。

グンバイムシは乾燥が続くと付きやすいので、葉っぱの裏表にときどき葉水をかけて予防しておきましょう。

 

ヤクシマアセビの植え付け・植え替え

ヤクシマアセビは、新芽が伸び始める前の3月~4月か、秋が深まる10月~12月が植え付け・植え替えの適期です。

ヤクシマアセビを植えつけるとき、土をなるべく落とさないで、深植えにならないように注意して植え付けましょう。

ヤクシマアセビを庭植えにするときは、植え穴を大きく掘って腐葉土をたっぷりと混ぜ込んで置き、庭土を少し戻したところに苗をセットし、腐葉土を混ぜ込んだ庭土を用いて植えつけましょう。

ヤクシマアセビを鉢植えにするときは、防虫ネットを敷いた上に鉢底石を底に入れてから苗を植え付けましょう。

鉢植えは2年おきに植え替えましょう。

鉢を外して土を1/3ほど落とし、伸びすぎた根を整理してから、一回り大きな鉢に植え替えましょう。

ヤクシマアセビも根を広く浅く張るので、深植えにならないように注意します。

ヤクシマアセビの増やし方

種からも育てることができますが、何年もかかってしまうので、挿し木で増やすのが一般的です。

花後すぐに剪定をするので、この時しっかりした枝を挿し木に使います。

水で湿らせた苗床に挿し木して、地上部が育ってくるまで水切れしないよう管理します。

ヤクシマアセビの手入れ

ヤクシマアセビもアセビ同様夏に来春の花芽をつけるので、樹形を整えるときは花後すぐに剪定を行います。

剪定枝は挿し木に使えます。

まとめ

ヤクシマアセビは、アセビよりも葉が小さく枝も細めで低木になりますが、性質や育て方はアセビと変わりません。

大きな違いは、花穂が垂れ下がるアセビに対して、ヤクシマアセビは花穂が上に伸びます。

土が乾燥しすぎるのが嫌いなので、乾燥のし過ぎに注意しましょう。

※トップ画像はhiroさん@GreenSnap

ヤクシマアセビの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
低木
学名
別名
原産地
日本,中国,台湾

ヤクシマアセビの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
剪定
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ヤクシマアセビの新着投稿画像

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード