ヒメツルソバの画像

ヒメツルソバの育て方

  • タデ科
  • ペルシカリア属
ヒメツルソバの育て方の画像

花の咲き始めは白ですが、だんだんピンクへと変色するヒメツルソバ。小さな花が集まって、まるでポンポンのようでかわいいです。また、開花期も長く、長い間花が楽しめるのも魅力の1つでしょう。ヒメツルソバは、ヒマラヤ原産のタデ科の植物で、丈夫で繁殖力も旺盛なので、グランドカバーとしても人気があります。丈夫で育てやすく、初心者にもおすすめです。今回は、ヒメツルソバの育て方をご紹介します。

ヒメツルソバの育てる場所

あまり場所を選ばないので、半日蔭でも育ちます。ただ、花をよく咲かせたいのなら日当たりのよい場所を選びましょう。

ヒメツルソバの水やり

地植え

地植えにする場合は、特に水やりの必要はありません。自然の降雨で十分です。ただ、降雨がない日が続き、乾燥しきっている時のみ水やりをしましょう。

鉢植え

土が乾いたら水やりをします。

肥料

特に必要ありません。施すのなら、植え付け時に、元肥として緩効性の化成肥料を施しましょう。その後は必要ありません。多肥にすると、葉ばかり成長して、花付きが悪くなってしまいます。

用土

水はけのよい用土を好みますが、あまり神経質にならなくても大丈夫です。腐葉土を多めに混ぜて用いましょう。

病害虫

特に注意する病害虫はありません。ヒメツルソバは丈夫で、繁殖力が旺盛な植物です。アブラムシやハダニ、ナメクジ、ケムシがいても、大事に至るようなことはありません。それほど繁殖力が旺盛なのです。

ただ、周りに植えてある他の植物に被害が及ぶ可能性がありますので、害虫を見つけたら捕殺しましょう。毒があるドクガの幼虫などもいます。くれぐれも素手では触らず、割りばしなどを使って捕まえましょう。

ヒメツルソバの植え付け・植え替え

春(3月下旬~5月頃)が適していますが、ヒメツルソバは丈夫なので、冬以外であればいつでも植え付け・植え替え共に可能です。

植え付け

地植えにするなら、水はけがよくなるよう、掘り返した土に腐葉土を多めに混ぜ、元肥として緩効性の化成肥料を施し植え付けます。

鉢植えにする場合は、市販されている園芸用の培養土を用いるとよいでしょう。

植え替え

ヒメツルソバは繁殖力が旺盛です。鉢植えの場合、根詰まりしたら、株分けして鉢を増やして植え替えます。地植えの場合でも、予期せぬ場所に広がってしまうこともあるので、このような場合は、掘り上げて、他の場所に植え替えましょう。

ヒメツルソバの増やし方

株分け

ヒメツルソバは、とにかく繁殖力が旺盛です。鉢植えの場合は、根詰まりしたタイミングで株分けして、他の鉢に植え替えて増やします。地植えの場合は広がり過ぎてしまったら、株分けをして他の場所に植え替えて増やしましょう。

差し芽

茎を5~10cm程度の長さに切り取り、下部の葉を取り除き、用土に挿します。

ヒメツルソバの手入れ

ヒメツルソバは丈夫な植物なので、特別な手入れは必要ありません。むしろ、育ちすぎて花壇を占拠してしまう、予期せぬ場所に広がってしまうこともあります。このような場合は、掘り上げて、株分けし、他の場所に植え替えましょう。

ヒメツルソバの花言葉

「愛らしい」「気が利く」「思いがけない出会い」など

小さなかわいい花のイメージから、かわいい花言葉が連なります。

まとめ

ヒメツルソバの育て方をご紹介しました。まるでポンポンのように、小さな花が丸く集まって咲くヒメツルソバは、かわいらしいです。また、開花期が長いのもいいですね。

見た目のかわいらしさとは裏腹に、丈夫で繁殖力が旺盛なので、グランドカバーとしても人気があります。特別な手入れも必要ないので、初心者でも気軽にチャレンジできる植物です。

丈夫で育てやすいヒメツルソバをあなたも育ててみませんか?

※トップ画像はいちみりさん@GreenSnap

ヒメツルソバの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
別名
ポリゴナム
原産地
ヒマラヤ

ヒメツルソバの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
普通
耐暑性
強い
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ヒメツルソバの新着投稿画像

みんなのヒメツルソバの育て方

ヒメツルソバ

ヒメツルソバ

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード