小松菜の画像

小松菜(コマツナ)の育て方|種まきから収穫までは何日?どんな栄養がある?

  • アブラナ科
  • アブラナ属
小松菜(コマツナ)の育て方|種まきから収穫までは何日?どんな栄養がある?の画像

小松菜は真冬以外なら一年をとおして、いつでも簡単に栽培ができる葉物野菜です。収穫までの期間も1ヶ月ほどと、とても短いので、他の野菜との間作や混作にも使えます。

今回は手軽に栽培できて栄養も豊富な、小松菜の育て方をご紹介します。

小松菜の育て方:栽培する場所


小松菜は日当たりが良く、風通しの良い場所を好みます。1日の午前中だけ日が当たる、半日陰が最も好ましく、木漏れ日が当たる程度の明るい日陰でも育ちます。長時間の直射日光や、西日が当たる場所は避けましょう。

小松菜の栽培に適した鉢・プランターの大きさ

鉢やプランターで小松菜を育てる場合、深さ15cm以上あるものを選ぶようにしましょう。

小松菜の育て方:水やり

鉢・プランター栽培の小松菜

鉢やプランターで小松菜を栽培している場合、土の表面が乾いたら、底穴から水が漏れ出るまで
たっぷりとあげてください。基本的に乾燥を好むので、夏場日中の水やりは避けて、過湿には注意しましょう。

地植え栽培の小松菜

地植えで小松菜を育てている場合、発芽してからは、基本的に水やりは必要ありません。数日乾燥状態が続くようであれば、1日の午前中の涼しい時間帯に、たっぷりと水をあげるようにしてください。

小松菜の育て方:用土


小松菜は水はけと水もちのバランスのとれた用土を好みます。土壌酸度はpH6.0〜6.5で、中性に近い弱酸性を好みます。

鉢・プランター栽培の小松菜

鉢やプランターで小松菜を育てる場合は、用土の配合を、赤玉土小粒7:腐葉土2:バーミキュライト1の割合で用意してください。市販の野菜用培養土でもいいでしょう。

地植え栽培の小松菜

地植えで小松菜を育てる場合は、種まきの2週間前までに弱酸性の土壌にしておきましょう。苦土石灰を1㎡につき100gほどまいて耕しておきます。その1週間後、堆肥を1㎡につき1kg、化成肥料を100gまいて、よく耕しておきましょう。

小松菜の育て方:種まき

小松菜の種まきの時期

小松菜の種まきの時期は、2月下旬〜10月下旬に行いましょう。発芽温度は15〜25度が目安です。

冬季以外一年を通して種まきができますが、初心者におすすめなのは、害虫が減る時期の秋まきです。春まき、夏まきは生育がより早いですが、虫がつきやすいので注意してください。

小松菜の種まきの方法

小松菜はプランターでも地植えでも、筋まきで種をまいていきます。細い棒などで深さ1cm弱の溝をつけて、重ならないように種をまいていきましょう。土を寄せて溝を埋めたら、土と密着するように、手のひらで軽く押さえ、水をたっぷりあげましょう。

溝を複数つくる場合は10〜15cmほどの間隔をあけてください。

小松菜の種まき後の管理

小松菜の種まきをしたら、発芽するまでは土が乾かないように水をあげてください。

鉢やプランターの場合は、発芽まで新聞紙をかぶせるようにして乾燥を防ぎ、芽が出たら日のあたる場所へ移動させるといいでしょう。

小松菜の育て方:間引き


小松菜の間引きは、収穫までの間に2回行います。プランター栽培の場合には1回の間引きだけでもいいでしょう。間引いたものは間引き菜として、食べることもできます。

1回目の間引きは、種まきから5〜7日ほどあとの、本葉が1〜2枚でた頃を目安に行います。株間3〜4cmになるように、生育の悪いものを抜き、残した苗の株元が不安定なようであれば、土を足して寄せます。

2回目の間引きは、種まきから10〜15日ほどあとの、本葉が4〜5枚でた頃を目安に行います。株間が5〜7cmになるように、生育の悪いものを抜き取ります。

小松菜の育て方:肥料

小松菜の肥料は、間引きを同じタイミングで1〜2回、施肥するようにします。一株あたり3〜5gほど、もしくは1㎡に対して25gほどの化成肥料を、列の間にそって巻いていきます。土の表面をかるくほぐしながら混ぜ、株元に土を軽く寄せて押さえてください。

小松菜の育て方:収穫


小松菜の収穫は、草丈20cm前後を目安にしてください。株元を握って引き抜き、根の際をナイフやハサミで切断して収穫します。

春まきでは種まき後30〜40日、夏まきでは25〜30日、秋まきでは50〜70日で収穫となります。とくに春と夏は、生育スピードが早いので、収穫が遅れないように注意しましょう。収穫期を逃すと、葉がかたくなり味が落ちてしまいます。

小松菜の育て方:注意する害虫・病気


小松菜には、夏場になるとアブラムシ、ヨトウムシ、アオムシ、コナガなどの害虫が頻発します。5〜8月では寒冷紗で覆うなどして、卵の産み付けなどを予防してください。

また、病気では白さび病、炭疽病が発生しやすいです。天候が不純な春と秋に発生しやすく、過湿などが原因ですので、間引きをしたり、栽培場所に注意して風通しをよくしましょう。

小松菜はリボーンベジタブル(再生野菜)


小松菜は、スーパーなどで購入して使い終わった野菜から、再び栽培収穫ができる、リボーンベジタブルでもあります。根元を水につけておくと、ぐんぐんと葉が伸びてくるので、ある程度のびたら培養土に移植して、栽培・収穫します。

小松菜ってどんな栄養の野菜?どんな品種がある?

小松菜はカロテン、ビタミンC、鉄分、カルシウムなどが豊富な葉物野菜です。小松菜は長葉系と丸葉系の大きく二つに分けることができ、初心者には、比較的耐暑性・耐寒性に優れた品種や、耐病害虫の品種が多い、丸葉系がおすすめです。

小松菜の花言葉

小松菜は収穫せずにほおって置くと、とう立ちして黄色い花をつけます。花言葉は「ちいさな幸せ」です。育てやすい野菜ながらも栄養も豊富なことから、まさに、身近にある小さな幸せを感じる、小松菜らしい花言葉です。

小松菜の育て方のコツを抑えよう!


小松菜の栽培のポイントは、夏場は特に害虫に注意することです。唐辛子やにんにく、お酢でつくる、自家製防虫スプレーも効果的なので、害虫対策に注力しましょう。そこを抑えれば、収穫期間も短く、すぐに食べられる野菜ですので、ぜひ家庭菜園で育ててみてください。

小松菜の基本情報

ジャンル
野菜
形態
一年草
学名
別名
原産地
日本、中国

小松菜の性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
普通
耐暑性
普通
耐陰性

時期

種まき
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
収穫
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

小松菜の新着投稿画像

みんなの小松菜の育て方

初小松菜栽培の記録

小松菜を育ててみよう🥬 

再生栽培チャレンジ「小松菜」

家庭菜園の種類

トマト

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... トマト の育て方へ

キュウリ

鉢やプランター、地植えで育てることができます キュウリ の育て方へ

ブルーベリー

ブルーベリーは場所もとらず、育てやすい為、手軽に楽しめる小果樹です。生食や、ジャム、スイーツなどにも... ブルーベリー の育て方へ

イチゴ(観賞用)

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 イチゴ(観賞用) の育て方へ

ゴーヤ

グリーンカーテンにも人気の夏の定番植物 ゴーヤ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード