警告

warning

注意

error

成功

success

information

みょうが(茗荷)の栽培・育て方|植え方や収穫時期は?プランターでもできる?

  • ショウガ科

みょうが(茗荷)は東アジアを原産とする、ショウガ科ショウガ属の多年草です。その独特な風味から、料理にさっぱりとした清涼感をもたらしてくれる香味野菜として知られています。豊富な栄養素を含むだけでなく、家庭菜園でも簡単に栽培できる手軽さも魅力のひとつです。

今回は誰でも簡単に栽培できる万能食材、みょうがの育て方をご紹介します。

みょうが(茗荷)はどんな野菜?育て方は簡単?

連作障害
あまり出ないが、1〜2年空ける
栽培期間
3月中旬〜9月ごろ
生育適温度
20〜23℃

みょうがは生姜の仲間で、独特の香りと辛味、シャキッとした食感が特徴の香味野菜です。日本には本州から沖縄まで広く自生しており、古くから食用として栽培されてきました。

みょうがは植え付けの後、ほとんど手がかからないので、初心者でも簡単に収穫することができます。一度植え付けると、4〜5年は収穫を続けられるため、長い期間収穫を楽しめます。

みょうが(茗荷)の栽培環境

みょうがの栽培環境は、直射日光のあたらない、湿った日陰〜半日陰が適しています。建物の陰や、木の根元などで栽培するとよいです。日当たりの悪い場所でも育てられるので、他の野菜が植えられない場所で栽培するのがおすすめです。

みょうが(茗荷)はプランターでも栽培できる?

みょうがは、プランターでも簡単に栽培できます。地下茎を長く伸ばして成長するので、深さ30cm以上の深めのプランターを選ぶのが良いでしょう。プランターの場合も、木陰や半日陰の日当たりが悪く、少し湿った場所で栽培するのがポイントです。

みょうが(茗荷)を植える時期は?


みょうがを植える時期は、3月中旬〜4月中旬、もしくは9月〜10月です。寒冷地は、暖かくなってきた4月ごろに植え付けるのが良いでしょう。

みょうがの種は市販されていないため、園芸店で球根(みょうがの地下茎)を購入して育てるのが一般的です。みょうがの球根は、太い根っこのようなものが塊になった状態になっています。球根は、太くしっかりしたものを選ぶと良いですよ。

みょうが(茗荷)の収穫時期は?

みょうがを、3月〜4月に植え付けた場合は、その年の8月〜9月が収穫時期です。9月〜10月に植え付けを行った場合は、翌年の梅雨明けごろからが収穫時期となります。

ただし、植え付けた最初の年は生育が不安定なので、収穫できない可能性もあることを覚えておきましょう。2年目はしっかり収穫できるので、安心して気長に待ってくださいね。

みょうが(茗荷)の植え方


みょうがの球根を購入したら、時間を空けずにすぐ植え付けましょう。地植えのみょうがは、植え付けの2週間前から土壌の準備をしておきます。

プランターに植える場合は、市販の野菜用培養土に完熟堆肥を2割ほど混ぜ込んだものがおすすめです。みょうがは有機質が多く、水はけがよく保水性が高い土を好むので、土壌に完熟堆肥や、腐葉土を混ぜて、有機質の多い土壌を作るとよく育ちます。

  1. 植え付け2週間前:1㎡に対して苦土石灰を100gまいてよく耕す
  2. 植え付け1週間前:1㎡に対して堆肥2Kg、化成肥料100gを畑の全面にまいてよく耕す
  3. 植え付け直前:幅70cm〜80cm、高さ15cmの畝をつくる。

プランター栽培の植え方

株間は10〜15cmほどあけて、深さ10cmほど掘った穴に植え付けましょう。

  1. プランターの上から10cm程度まで用土を入れる
  2. 株間15cm間隔で、芽が上向きになるように根株を置く
  3. 土をかぶせて、表面を平らにならす
  4. たっぷりと水をやる
  5. みょうがは乾燥に弱いので、水やりの後に敷きわらをかぶせる

地植え栽培の植え方

  1. 畝に長さ15cm〜20cm、深さ10cm程度の溝を20〜30cm間隔で2列掘る
  2. 芽が上向きになるように根株を2〜3個まとめ、株間を20〜30cm空けて溝に置く
  3. 土をかぶせて、畝の表面を平らにならす
  4. たっぷりと水をやる
  5. みょうがは乾燥に弱いので、水やりの後に敷きわらをかぶせる

みょうが(茗荷)の肥料・追肥

プランター栽培の追肥

プランター栽培のみょうがの追肥は、化成肥料なら1カ月に1回、液体肥料なら1週間に1回の頻度で施すと良いでしょう。追肥は、記載されている規定の容量を施してくださいね。

敷きわらを敷いている場合は、わらの上から追肥をしても問題ありません。

地植え栽培の追肥

地植え栽培のみょうがの追肥は、成長に合わせて2回行います。1回目の追肥は、本葉が3〜4枚の頃です。1㎡あたり30gの化成肥料を株の周囲にまき、土と肥料をよく混ぜて株元に土を寄せましょう。

2回目の追肥は、気温が上がってきた7月ごろに、1回目と同量の肥料を追肥します。

みょうが(茗荷)の水やり

プランター栽培の水やり

プランター栽培のみょうがは、土の表面が乾いたら水やりを行います。プランターは乾燥しやすいので、できれば毎日水をやりましょう。

地植え栽培の水やり

地植え栽培のみょうがは、水やりはほとんど必要ありません。よほど乾燥しているときは、たっぷりと水をやりましょう。

みょうが(茗荷)の収穫


みょうがは、毎年梅雨明けごろから花芽の収穫が始まります。みょうがの花芽は茎の下からぴょこっと顔を覗かせるように生えてきます。

土から顔を出した花芽を、花が咲く前にハサミで切り取るか、手で折り取って収穫しましょう。土がついているので、よく洗ってから食べてくださいね。花が咲いてしまうと風味が落ちるため、花が咲く前に収穫を済ませましょう。

みょうが(茗荷)の収穫後の手入れ

みょうがは、収穫が終わると地上部の葉が枯れていきます。葉は自然に枯れるまで放置しても問題ありませんが、地面の間際で切ってしまっても良いでしょう。

プランターの場合は、そのまま放置していると土が乾いてしまいます。土の上に堆肥をかぶせ、土の表面が乾いたら定期的に水やりをしましょう。休眠期も手入れを続けることで、翌年また収穫ができますよ。また、間引きや株分けなども、収穫の後に適宜行ってくださいね。

みょうが(茗荷)の植え替え


みょうがは、地植え栽培でもプランター栽培でも、2年に1度のペースで植え替えを行いましょう。植え替えの時期は、新芽が出る前の2〜3月が適しています。

土から球根を掘り起こしたら、土を全て落とし、地植えの場合は別の場所へ、プランターの場合はひと回り大きなプランターに植え替えましょう。このとき、球根が増えて大きくなっていたら、古い球根や根を取り除き、新しい球根を残しましょう。植え替えと同じタイミングで、株分けを行うと良いでしょう。

みょうが(茗荷)の間引き

みょうがは、長い期間植えっぱなしで育てていると、根が増えて地上部が混み合ってきます。地上部が混み合ってきたら、収穫の後に間引きを行いましょう。

間引きでは、混み合っている部分の葉を茎の根元からカットするか、引き抜きます。

みょうが(茗荷)の株分け

みょうがは、冬場に地下茎の一部を15〜20cmほど切り取って、他の場所に植え付けるだけで簡単に株を増やすことができます。簡単に株分けができるので、育てたい方に贈ることもできます。

みょうがの栽培で注意すべき害虫・病気

みょうがの栽培で注意したい害虫や病気は、根茎腐敗病です。湿気の多い土壌で菌が発生し、根は腐って、葉茎は黄色く変色したのちに枯れてしまいます。

一度感染すると回復は見込めないので、感染した株を引き抜いて処分しましょう。他の株への感染も防ぐため、薬剤散布は忘れずに行います。水はけをよい状態に保ち、予防することが大切です。

みょうが(茗荷)を栽培して、暑い夏を乗り切ろう!

みょうがは、そこまで手をかけなくても、苦労せずに毎年収穫できる野菜です。日当たりが悪い庭でも簡単に栽培できるので、家庭菜園初心者の方にもおすすめの野菜です。

みょうがはビタミンたっぷりの野菜なので、夏を力強くのりきるためにぜひ栽培してみてくださいね。

ミョウガの新着コラム

ミョウガ(茗荷)の花言葉|花の特徴や食べ方、栄養や効能は?の画像

ミョウガ(茗荷)の花言葉|花の特徴や食べ方、栄養や効能は?

ミョウガの花の特徴は?咲いたあとの蕾は食べられるの?の画像

ミョウガの花の特徴は?咲いたあとの蕾は食べられるの?

ミョウガを自宅で栽培しよう!柵を使って上手に育てるコツの画像

ミョウガを自宅で栽培しよう!柵を使って上手に育てるコツ

みょうがに肥料は必要?みょうがの栽培についての画像

みょうがに肥料は必要?みょうがの栽培について

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ミョウガの基本情報

ジャンル
野菜
形態
多年草
学名
Zingiber mioga
別名
茗荷,蘘荷
原産地
東アジア

ミョウガの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
やや強い
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
2月 、3月、4月、5月
肥料
6月 、7月、8月、9月、10月
収穫
7月 、8月、9月、10月

ミョウガの新着投稿画像

みんなのミョウガの育て方

いいね
46

ミョウガ記録

ミョウガを初めて植えてみました!
by.みーこ
いいね
1

ヤブミョウガ

若い葉は食べられるそうです。
by.大石おかず
いいね
28

ミョウガとトンボちゃん

住み着いたトンボちゃんとの記録
by.shi_miz

家庭菜園の種類

トマトの画像

トマト

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
ミニトマトの画像

ミニトマト

ブルーベリーの画像

ブルーベリー

ブルーベリーは場所もとらず、育てやすい為、手軽に楽しめる小果樹です。生食や、ジャム、スイーツなどにも...
キュウリの画像

キュウリ

鉢やプランター、地植えで育てることができます
オリーブの画像

オリーブ

一年を通して日当たりの良い場所で育てます。
オクラの画像

オクラ

鉢植えの場合、表面が乾いたら鉢底から水が流れるくらいたっぷりと水を与えます。水きれしないように注意し...