ユーフォルビア・スザンナエの画像

ユーフォルビア・スザンナエの育て方

  • トウダイグサ科
  • ユーフォルビア属

ユーフォルビア・スザンナエの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Euphorbia susannae

別名

ドラゴンボール

原産地

南アフリカ

ユーフォルビア・スザンナエの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

やや強い

耐暑性

弱い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ユーフォルビア・スザンナエの育て方の画像

ユーフォルビア・スザンナエはトウダイグサ科ユーフォルビア属の多肉植物です。

雌雄異株で、実がつくのは雌株だけです。

日本名は瑠璃晃(るりこう)。全体的に丸い形をして、表面に柔らかいとげが生えているような形の、可愛らしくユニークな植物です。その見た目から、ドラゴンボールという呼び名もつけられています。

10月から11月には黄色い小さな花を咲かせます。

ユーフォルビア・スザンナエの育てる場所

ユーフォルビア・スザンナエを育てるには、日当たりがよく風通しのいい場所が適しています。

日に当たらないと球形が崩れる場合や花がつきにくくなる場合があるため、明るい場所で日光に当てる必要があります。ただ、長時間直射日光に当たると葉焼けをするので、直射日光の当てすぎにならないように気をつけましょう。

やや耐寒性が低いので、冬には霜を避けるために室内に入れて育てます。

ユーフォルビア・スザンナエの水やり

乾燥には強いのですが多湿に弱いので、やや乾燥ぎみの状態を保ちながら水やりをします。

水のやりすぎにならないよう、根元の土が乾いてから2~3日後位に水を与えるようにしましょう。

夏場には鉢が蒸れやすいので普段よりも水やりの回数を減らすようにします。

また、気温が下がる冬には株が休眠状態に入るため、月に1、2回位だけ、軽く水やりする程度がいいでしょう。

肥料

肥料は、成長期の夏に備えて3月から5月頃に控えめに与えます。

ユーフォルビア・スザンナエは肥料を与えすぎると形が崩れる場合があるので、かなり薄めた液体肥料、もしくは緩効性肥料を少量与えましょう。

用土

水はけのよい土が適しています。
多肉植物用の用土を使用するといいでしょう。

病害虫

病害虫がつきにくく、育てやすい品種です。

ユーフォルビア・スザンナエの植え付け・植え替え

植え付け・植え替えに適した時期は4月~6月頃です。
鉢植え内の根が混み合ってきたら、ひと回り大きい鉢植えに植え替えをします。

ユーフォルビア・スザンナエの増やし方

ユーフォルビア・スザンナエはさし木で簡単に増やすことができます。

植え付け・植え替えと同じ4月~5月頃に行います。

育てていると親株の表面に小さく丸い子株がつくので、子株をくるっと捻るようにして株から切り離し、その子株をそのまますぐにさし木します。

子株を取る前に、育苗箱等に多肉植物用の用土を湿らせておき、子株を切り取ったあとには根元が乾く前に急いで用土にさし木しましょう。

子株を切り取る際には乳白色の液体が出るので、手につかないように気をつけましょう。

ユーフォルビア・スザンナエの手入れ


日当たりや水やりに気をつけていれば、特別な手入れは必要ありません。

子株が増えてきたら、植え付け時期に子株を外して、もとの親株の形を整えるといいでしょう。

まとめ

今回はユーフォルビア・スザンナエの育て方や水やり、増やし方などをご紹介しました。

水やりの回数も少なく、病害虫にかかりにくい育てやすい植物です。

主に日当たりに注意していれば、とげとげのボールのようなかわいい姿を見せてくれます。

とげがあるけれど、さわっても痛くないという意外性も魅力の、ユーフォルビア・スザンナエ。

小さい鉢植えのものもあるので、個性的&おしゃれな部屋にするためのアクセントに飾って楽しむこともできるでしょう。

※トップ画像はみかささん@GreenSnap

ユーフォルビア・スザンナエの新着投稿画像

みんなのユーフォルビア・スザンナエの育て方

ドラゴンボール💚種の作り方💜

ユーフォルビア・スザンナエの新着コラム

多肉植物・サボテンの種類

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。 カランコエ の育て方へ

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。 金のなる木 の育て方へ

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 シャコバサボテン の育て方へ

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... アデニウム の育て方へ

リトープス

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... リトープス の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード