虹の玉の画像

虹の玉の育て方

  • ベンケイソウ科
  • セダム属

虹の玉の基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Sedum rubrotinctum

別名

セダム・ルブロティンクツム

原産地

メキシコ

虹の玉の性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
虹の玉の育て方の画像

厚みがあり艶がある赤い葉が特徴で、可愛らしい存在感がある多肉植物です。お部屋の窓際やテーブルの上に、思わず飾りたくなる形状をしていて、お庭にある他の植物の足元に植えたり、鉢に寄植えしても良いアクセントになります。四季により葉の色の変化が見られますので、鑑賞して楽しむことができます。特に秋~春の季節は鮮やかさが美しい赤色に、紅葉する姿が見ていて和みます。太陽の日をよく当てることで、成長も旺盛になってきます。初夏になりますと、黄色の星型の花が咲きますので、1年中通して鑑賞ができる観賞植物です。

虹の玉の育てる場所

日当たりが良く風通しいい場所が最適なので、お部屋の窓際かベランダ、日陰ではない庭などが生育環境として最適です。高温多湿には弱いため、梅雨の季節は雨が降らない場所へ、移動させるといいでしょう。冬の対策としては、雪や霜には大丈夫ですが、凍ってしまうと枯れる原因になります。育てる場所を暖かい所へ、移動するなどして管理して下さい。気温の目安は凍っていない環境であれば、マイナス1℃~2℃ぐらいまでです。

虹の玉の水やり

葉が丸く厚みがある形状は、水分を蓄えているためなので、水を与えすぎますと腐りやすくなります。又、あげる水の量が多くても、綺麗な赤色の葉にならない要因になってしまいます。基本的に乾燥ぎみでいいですが、特に夏と冬の季節は水を与えなくても大丈夫です。春と秋の季節は、用土が乾いてきましたら水を与えます。ですが、水分量が多くなりますと用土が乾きにくいため、用土表面を湿らす程度、少なめに与えるといいでしょう。

肥料

虹の玉を植える用土に元肥として、ゆっくり効くタイプの肥料である、緩行性肥料を混ぜておくと、追加して肥料を与える必要がありません。

用土

用土を自分で配合できない人は、多肉植物用培養土を使用して、育てる方法でも大丈夫です。用土を配合したい場合は、鹿沼土小粒2・赤玉土小粒2・ピートモス2・川砂2・燻炭2、の割合で混ぜて使用するといいでしょう。

病害虫

昆虫は付きにくいタイプの多肉植物ではありますが、アブラムシとカイガラムシが付くかもしれません。発生する季節としては春~秋にかけて、アブラムシが葉や茎などの汁を吸って、株が枯れる原因になります。カイガラムシも樹液などを吸い、株を弱らせてしまいます。付いている数が少ないのであれば、ティッシュか歯ブラシなどで優しく拭いて落としてあげて下さい。数が多い場合は駆除専用の、殺虫剤を使用するといいでしょう。病気については、風通しが悪く高温多湿になりますと、カビ類が発生するため根腐れしてしまいます。

虹の玉の植え付け・植え替え

最適な季節としては春~秋になります。真夏と真冬の季節は、植え付け・植え替えに向いていない時期なので、行わないようにして下さい。最適なタイミングとしては、1年~2年に1回は、植え替えするといいでしょう。根の生育がいいため鉢の中が、すぐ根でいっぱいになってしまいます。根詰まりしますと、水分が吸えなくなりますので、気根がいっぱい生えてきて、手入れするのが難しくなってきます。スペースに余裕がある鉢への、植え付け・植え替えがいいでしょう。

虹の玉の増やし方

葉挿しの方法で増やしたい場合は、葉を切って植木鉢やプランターなどに挿しておくだけで、手軽に増やすことができます。大きく成長してきたので、管理が大変になってきたため、葉挿しを行うのもいいですし、他の部屋にも飾りたいなどの理由で、増やしていくのも楽しいです。挿し木の方法は、植え替え作業中に折ってしまったものでも、春~秋の季節であれば、簡単に増やすことができます。

虹の玉の手入れ

葉に水を貯めている植物なので乾燥に強く、水を与えすぎるとダメージになりますので、水分量は注意するといいでしょう。又、日に当てるとよく成長します。成長してきましたら根詰まり状態になりますので、忘れずに植え替えを行い、伸びすぎて手入れが難しい状態になってきましたら、葉をカットして他の鉢に葉挿しなどで移し替えて下さい。カットした切り口は、風通しがいい日陰で2~3日乾かし、雑菌が入らないようにします。

虹の玉の種類

世界中に生息している多肉植物になりますが、種類は400種類ぐらいあります。和名が厚葉弁慶(あつばべんけい)と言われている、乙女心(おとめごころ)は、虹の玉の交配種で葉に厚みがあり、赤い葉に紅葉する姿などがよく似ています。成長しますと10~30㎝ぐらいになり、乙女心も虹の玉と同じ程の大きさに育ちます。

まとめ

お世話をするのが難しくないですし、可愛い形や綺麗な色をしていますので、まずは1鉢育ててみるのも手軽な多肉植物です。園芸ビギナーの人でも、気軽に育てて成長してくれますし、他の植物との寄せ植えも簡単です。ちょっとおしゃれな鉢などを買ってきて、インテリアとして飾る方法も最適です。葉に水分を含んでいるため、水を過度に与えないようにして下さい。根の成長も早いため、根が詰まってきたら大きい鉢に植え替えしましょう。

※トップ画像はゆうさん@GreenSnap

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの種類

南十字星

星形の葉っぱが特徴的な多肉植物。 南十字星の育て方へ

エケベリア・シャビアナ

エケベリアの中でもこの種は、波型の葉を持ちます。葉色は緑だけでなく、淡紅色〜紅色のものも多く存在しま... エケベリア・シャビアナの育て方へ

サルメントーサ

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 サルメントーサの育て方へ

バイオエンシス

根元からたくさん茎を出し、新芽も芽吹きます。白い棘が印象的ですが、先端は赤っぽくなっていますが次第に... バイオエンシスの育て方へ

ムスコーサ

細長い姿がユニークな多肉植物。 ムスコーサの育て方へ

胡蝶の舞

茎の先端に釣り鐘状の花を咲かす多肉植物。 胡蝶の舞の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード