ユーフォルビア・オンコクラータの画像

ユーフォルビア・オンコクラータの育て方

  • トウダイグサ科
  • ユーフォルビア属

ユーフォルビア・オンコクラータの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Euphorbia oncoclada

別名

原産地

マダガスカル

ユーフォルビア・オンコクラータの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

やや弱い

耐暑性

やや強い

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

剪定

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ユーフォルビア・オンコクラータの育て方の画像

多肉ユーフォルビアの原産地はアフリカ大陸ほかの乾燥地帯です。「ユーフォルビア・オンコクラータ」もそのひとつでマダガスカル島原産、サボテンによく似たユーモラスなフォルムです。葉に水分を蓄える多肉植物は初心者ガーデナーにもトライしやすい植物です。この記事では人気の多肉植物ユーフォルビア・オンコクラータの育て方全般についてご紹介します。

ユーフォルビア・オンコクラータを育てる場所

■戸外・室内

高温多湿を嫌うユーフォルビア・オンコクラータは、風通しの良い暖かい屋内で育てるのが基本です。夏場に限っては雨のあたらない戸外でも育てることができます。

■日光

太陽光線を好むユーフォルビア・オンコクラータはなるべく日当たりのよい場所で育てるようにしましょう。

ただし直射日光が当たりすぎると、ユーフォルビア・オンコクラータの特徴である茎がうちわのように広がる「綴化 テイカ」が起きずにまっすぐの茎に伸びることも。変化に気づいたら太陽光線を避けるようにしましょう。

ユーフォルビア・オンコクラータの水やり

ユーフォルビアの生育タイプには夏型と冬型がありますが、ユーフォルビア・オンコクラータは夏型になります。

生育期の春から夏にかけては、土の表面が乾いたら葉にかからないようにして水やりを実行しましょう。週に一度程度が目安です。冬場になれば月に一度程度で十分です。

ユーフォルビア・オンコクラータの肥料

植え付け時に緩効性肥料を加えた後はそれほど肥料は必要ありません。

ユーフォルビア・オンコクラータの生育期にあたる春から夏場にかけて、薄めた液肥を月1回をめどに与えるだけで十分です。

ユーフォルビア・オンコクラータの用土

ユーフォルビア・オンコクラータを育てる用土は排水性がよいことです。

根腐れ防止のために鉢底石を多めに入れて水はけのよい土で育てましょう。

市販のサボテン用の土を利用するとよいでしょう。

ユーフォルビア・オンコクラータの病害虫

病気

ユーフォルビア・オンコクラータは病気に強く、注意すべき病気は特にありません。ただし加湿には注意しましょう。冬場だけでなく、生育期もあまり土が湿りすぎていると根腐れ病を起こすことがあります。また葉に水が付きすぎると軟腐病が発生することも。

害虫

特に注意すべき害虫はありません。

ユーフォルビア・オンコクラータの植え付け・植え替え

■ユーフォルビア・オンコクラータの植え付け

赤玉土や鹿沼土、川砂をベースとした水はけのよい土、あるいは市販のサボテンや多肉植物用の土などに植え付けます。用土には緩効性肥料を加えておきましょう。

■ユーフォルビア・オンコクラータの植え替え

初夏から夏にかけてが植え替えに適した時期になります。根を切らないようにすること、乾燥させな
いようにすることに注意しましょう。

新しい容器には植え付け同様に緩効性肥料を混ぜ込みます。

ユーフォルビア・オンコクラータの増やし方

ユーフォルビア・オンコクラータは初夏のころに花が咲くことがありますが、雌雄異株のユーフォルビアは、イチョウと同じで雄花と雌花が別々の株に咲きます。一株では種ができません。

しかし一株でも枝ざし、根ざしでの増やし方が可能です。

ユーフォルビア・オンコクラータの手入れ

ユーフォルビア・オンコクラータは過度な水分が大敵! 根腐れ秒防止のために水やりの後は受け皿に溜まった水は捨てましょう。

また成長すると90センチに達することも。大きくなりすぎたらほどよい大きさにカットするとよいでしょう。ただし切り口から出る白い液体にはかぶれることがあるので注意が必要です。

まとめ

ユーフォルビア・オンコクラータは育てるのが楽しくなるユニークな形に注目が集まっています。

そのうえ、手入れもそれほど必要なく栽培が容易な点も魅力です。

ガーデニングを始めて間もない方も、InstagramなどのSNSにアップしたくなるかわいいユーフォルビア・オンコクラータを手に入れてみてはいかがですか?

※トップ画像はhacciQさん@GreenSnap

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの種類

ウエンディ

提灯の様な花を咲かす美しい品種。オランダの大学で作り出された、作出者名にちなんで「カルパーウェンディ... ウエンディの育て方へ

三日月ネックレス

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良... 三日月ネックレスの育て方へ

アロエ・ディコトマ

日当たりがよく、乾燥している環境を好みます。 アロエ・ディコトマの育て方へ

仙人の舞

赤褐色もしくは茶褐色の落ち着いた美しい彩りの多肉植物。 仙人の舞の育て方へ

七宝樹

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当... 七宝樹の育て方へ

ミロッティー

銀灰色のうぶ毛が特徴的な多肉植物。 ミロッティーの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード