ユーフォルビア・ラクテアの画像

ユーフォルビア・ラクテアの育て方|植え替え時期や水やりの頻度は?

  • トウダイグサ科
  • ユーフォルビア属
ユーフォルビア・ラクテアの育て方|植え替え時期や水やりの頻度は?の画像

ユーフォルビア・ラクテアは、乾燥地帯原産の多肉植物で、扇状に広がる姿がユニークです。ユーフォルビアはサボテンにもよく似ていますが、トゲや毛がないのが特徴的です。

ここでは、そんなユーフォルビアラクテアの育て方についてご紹介します。

ユーフォルビア・ラクテアの育てる場所

ユーフォルビアラクテアは、できるだけ明るくて風通しの良い場所で育てましょう。

ただし直射日光は苦手なので、年間を通して直射日光には当てないよう、レースのカーテン越しの明るい場所に置いてください。

また、ユーフォルビアラクテアは寒さが苦手なので、5度以上に下がらない場所で管理できるようにしましょう。

ユーフォルビア・ラクテアの水やり

春から秋にかけては、土が乾いたらたっぷりと水やりをします。ユーフォルビアラクテアは乾燥には強いため、冬は月に1回程度の水やりでOKです。

なお、雨の多い梅雨時は過湿になりがちなので、水やりを控えめにします。水やりの際には、土が乾いていることをよく確認してください。

ユーフォルビア・ラクテアの肥料

ユーフォルビアラクテアは4月から10月頃までは成長期ですので、緩効性肥料を1カ月に1回程度与えましょう。冬は肥料を与える必要はありません。

ユーフォルビア・ラクテアの土

ユーフォルビア・ラクテアを育てるときは、水はけの良い土を用いましょう。山野草用の土やサボテン用の土、多肉植物用の土を使えばOKです。

ユーフォルビア・ラクテアの植え付け・植え替え

ユーフォルビアラクテアの植え替え時期は、5月以降が適しています。頻度でいうと、2年から3年に1回程度が良いでしょう。

ユーフォルビアラクテアは根っこがデリケートなので、根が切れないよう、また、乾燥させないように注意しながら、手早く植え替えます。

ユーフォルビア・ラクテアの増やし方

ユーフォルビアラクテアは、「種まき」や「挿し木」で増やすことができます。

挿し木で増やす場合は、切り口から出る白い液体を拭き取り、水で洗い流すなどして、切り口をよく乾かしてから行います。この白い液体に触ると手がかぶれることがありますので注意してください。

ユーフォルビア・ラクテアの手入れ

ユーフォルビアラクテアの手入れは、それほど大変なお手入れはありません。ただ、過湿には弱いので、風通し良く管理してください。

ユーフォルビア・ラクテアの育て方で注意すべき病気・害虫

ユーフォルビアラクテアには、まれにアブラムシやカイガラムシが付くことがあります。見つけたらすぐに駆除しましょう。

ユーフォルビア・ラクテアを育ててみよう!

ここでは、扇状の姿がユニークな、ユーフォルビア・ラクテアの育て方についてご紹介しました。

ユーフォルビア・ラクテアは、乾燥に強く、多少うっかり水やりを忘れたとしても問題なく育ち、それほど難しいお手入れもありませんので、初心者も気軽に育てられます。ぜひ育ててみてください。

※トップ画像はHiroさん@GreenSnap

ユーフォルビア・ラクテアの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
別名
原産地
インド

ユーフォルビア・ラクテアの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
やや弱い
耐暑性
やや強い
耐陰性

時期

種まき
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
剪定
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ユーフォルビア・ラクテアの新着投稿画像

みんなのユーフォルビア・ラクテアの育て方

ユーフォルビア・ホワイトゴースト(ラクテア白斑)

ユーフォルビア・ラクテアの新着コラム

多肉植物・サボテンの種類

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。 カランコエ の育て方へ

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。 金のなる木 の育て方へ

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 シャコバサボテン の育て方へ

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... アデニウム の育て方へ

リトープス

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... リトープス の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード