培養土とは|使い方や腐葉土との違いは?植物によって配合が違う?

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

公開日:2020.08.11

培養土は園芸や家庭菜園を楽しむ上で理解しておくべき用土のことです。その植物にあった土壌環境は千差万別ですので、市販品や自分で混ぜ合わせてつくってみるといいですね。

今回は、植物が育つ土台となる、培養土の種類や配合例などについてご紹介します。

培養土とは?


培養土とは、植物を育てるときに使う土のことです。基本的には育てる植物にあった土質になるよう、いくつかの用土や元肥が配合されてつくられており、特定の植物が好む、水はけや保水性、または肥料成分や、土の粒の大きさに至るまで、最適な環境に土づくりした用土のことを言います。

なお、培養土は自分で混ぜ合わせてつくるほか、市販品も多くあります。

市販品?手作り?それぞれの培養土の特徴・効果とは?


とくに市販の培養土は、土づくりの手間が省けるというメリットがあります。例えば野菜用の土づくりをするときは、酸度調整をし、堆肥の発酵をまって、元肥を適切に施すなど、土づくりには2〜3週間かかりますが、市販の野菜培養土を使うことによって、それらの手間や時間が省けます。

また、自分で配合する培養土の場合、手間や時間はかかりますが、植物だけでなく、育てる場所の気候や、環境に合わせて配合することもできるので、より生育に合った土づくりをすることができます。

ガーデニングの用土の基本的な考え方

培養土をつくる、もしくは市販品を適切に選んだり使うには、ガーデニング用土の基本的な考え方を理解する必要があります。用土は大きく「基本用土」と「有機物・無機物の改良用土(補助用土)」にわけることができ、培養土はそれらを配合してつくられます。

基本用土

基本用土はベースとなる用土で、ほとんどの場合、配合の割合は5割以上と大半をしめます。

赤玉土


火山灰土が粒状になったもの。通気性、保水性、排水性、保肥性に優れる、最もよく使われる基本用土。

鹿沼土


軽石質の黄色い粒状の用土。通気性、排水性に富んでおり、pH値が5.0前後のため、酸性土壌を好む植物によく使われる。

黒土


有機質に富み、保水性が高い。ただし、通気性、排水性が悪いため、改良用土で性質を補う必要がある。

真砂土


花崗岩が風化した土。粒子が細かく粘土質のため、水もちはいいが、排水性が悪いので、補助用土で補う必要がある。

有機物の改良用土(補助用土)

有機物の改良用土は、微生物の働きを活発にさせ、土の通気性や排水性、保肥性などあらゆる面で土壌改善の効果をもたらす。

ピートモス


湿地の水ゴケを腐植化したもの。ほぼ無菌であり、なおかつpH値が4.0前後と、酸性が強い傾向を持つ。

堆肥


堆肥には、牛や鶏などの家畜ふん堆肥、樹皮などのバーク堆肥などがあり、それぞれ有機物を多分に含み、微生物を活性化させる。

腐葉土


広葉樹の落ち葉を発酵させたもの。通気性、排水性、保肥性に優れ、赤玉土に次いでよく使われる用土。

無機物の改良用土(補助用土)

無機物の改良用の多くは、鉱物などからつくられ、基本用土の通気性、排水性、保水性を補います。また無菌で清潔な用土も多いです。

パーライト


真珠岩などの火山岩を高音、高圧で焼成した人口用土。無菌、通気性、排水性にすぐれ、重さも非常に軽量。

バーミキュライト


蛭石を加熱し、10倍以上にふくらませた人口用土。無菌、通気性、保水性にすぐれ、種まき用土などにもよく使われる。

日向土


宮崎大地の下層土にある軽石を砕いた用土。通気性に優れ、適度な保水性も併せ持つ。小粒、中粒、大粒とサイズの展開もある。

軽石


火山性の多孔質な砂礫。通気性、排水性にすぐれ、軽量ながらに強度も高いので、大きなものは鉢底石に、小さく砕かれたものは土に混ぜて使う。

培養土と腐葉土の違いとは?

培養土と腐葉土は違いに混同されがちですが、培養土は「植物に適した配合用土」であるのに対し、腐葉土は「落ち葉を発酵させた改良用土」です。たしかに腐葉土は、培養土によく使われますが、これらは全く別物で、腐葉土(改良用土)と基本用土を合わせたものが、培養土となります。

培養土の種類とその用土配合

培養土は育てる植物による違いや、育てる環境によって、その用土の配合は異なります。以下の植物別の培養土の基本配合を理解した上で、育てる環境での配合も参考にしながら、培養土づくりの参考にしてください。

植物別の培養土の基本ブレンド

草花用培養土

赤玉土(小粒)6:腐葉土4
赤玉土(小粒)5:鹿沼土1:腐葉土2:バーミキュライト2

野菜用培養土

赤玉土(小粒)6:腐葉土4
黒土4:腐葉土2:バーミキュライト1:ピートモス2:堆肥1

観葉植物用培養土

赤玉土(小粒)7:腐葉土3
赤玉土(小粒)1:鹿沼土1:バーミキュライト2:軽石(小粒)2:ピートモス2:堆肥2

多肉植物・サボテン用培養土

赤玉土(小粒〜中粒)3:鹿沼土3:腐葉土4
赤玉土(小粒〜中粒)3:鹿沼土2:日向土2:腐葉土2:バーミキュライト:1

種まき用培養土

種まき用培養土は、赤玉土(小粒)5:ピートモス2~3:バーミキュライト2~3の割合で配合されていることが多いです。無菌で細かい粒状の用土が適しています。

育てる環境別の培養土の配合

ベランダ・屋上での栽培

ベランダや屋上で栽培するときは、用土が乾燥しやすいため、保水性をあげるバーミキュライトを、基本ブレンド用土に対して2割ほど混ぜるといいでしょう。

ハンギングバスケットでの栽培

吊り下げて楽しむハンギングバスケットでの栽培には、重量での落下の危険を防ぐため、パーライトを、基本ブレンド用土に対して3割ほど混ぜるといいでしょう。

日陰での栽培

日陰で草花や野菜を栽培すると、日が当たらず鉢土が乾きにくくなります。そのため、排水性をあげる小粒軽石や日向土などを、基本ブレンド用土に2割混ぜるといいでしょう。

寄せ植えでの栽培

草花などを寄せ植えして栽培するときは、保水性をよくすると蒸れがちになるので、基本ブレンド用土に対して2割ほど小粒軽石を混ぜて、排水性をあげましょう。

培養土の使い方


培養土は、自分で配合してつくる場合、十分に微生物が活性化していないため、すぐには作付けできません。植物を植える1〜2ヶ月前に混ぜ合わせ、水で湿らせて、通気性のいい容器にいれて保管してください。

市販の培養土は、すでに微生物が活性化した状態のものですので、すぐに作付け、種まきができます。

培養土を使うときの注意点と対処法

培養土は、自作であっても市販品であっても、堆肥の熟成度のばらつきや、肥料の過不足による生育不良を引き起こす可能性があります。その症状と対策方法、そして市販の培養土を選び方を、下記記事でご紹介していますので、こちらも参考にしてください。

市販の培養土の値段はいくら?

市販の培養土はネットやホームセンターはもちろん、ダイソーなどの100円ショップなどでも購入することができます。

値段は製品にもよりますが、だいたい5kgあたり500〜1000円が相場です。

培養土を使って園芸や家庭菜園をもっとうまく楽しもう!


培養土の基本的な配合や、環境に合わせた配合を知っていると、植物が生育不良のときの対処がしやすいですよ。培養土の特徴や使い方を理解して、園芸が家庭菜園に取り入れてみてください。

GreenSnap編集部
植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

ガーデニングに関連するカテゴリ

ガーデニングの関連コラム

ガーデニングの新着投稿画像

rose antique

143

ユーパトリウム(セイヨウフジバカマ) 沢山、咲いてきました♬ ポンポンのようで可愛いです♡♡♡

こむ

53

先日見事な弾けっぷりを見せてくれた綿花子さん、新たに花をつけていました🏵️ まだ舞える! 綿のイメージで白い花なのかと思っていたら、桃色でしたかわいい〜〜(ʘᴗʘ✿)

ミキ

83

こんにちは☁️ ガカイモ科スタペリア属 大型タイプのギガンティアです🌸 手と同じくらいの 大きさの花が咲きました🌸 サボテンに見えますが… 棘は無く、多肉植物に入るようです🤔 今年の初め、...

花が好き

186

こんにちは😃 赤いハイビスカスさんもオレンジのハイビスカスさんに負けじと咲いています(笑) どちらにも拍手👏🤗💕💕💕

❤️カホちゃん

68

ヒガンバナ 加工

Magu

135

シャリテトワ✨ お待たせ致しました(*´∀`*) 今朝カットして今ゆっくり開いています 咲き進んだところもUPしたいので しばらくシャリテトワ投稿失礼します m(_ _)m

クリスタル

146

✤巨大な爺さま&プレ企画開催中✤ 今日は朝から多肉のお手入れしてます🌱 胴切り、徒長苗の挿し木、葉挿しetc. やる事いっぱい❗それが楽しい😊🎶🎶🎶 今年の春に胴切りした高砂の翁 大鉢寄せ...

TAKA丸

109

コキア。 別名ホウキグサですが枯れさせてほうきにできるみたいですな🧹

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード