フランネルフラワーの画像

フランネルフラワーの育て方|種まき時期や切り戻し方法は?地植えでも育つ?

  • セリ科
  • アクティノツス属
フランネルフラワーの育て方|種まき時期や切り戻し方法は?地植えでも育つ?の画像

フランネルフラワーは、白っぽい緑色をした葉の中から、白くやわらかな花を咲かせます。オーストラリア原産のセリ科アクチノータス属の多年草植物です。以前は輸入切り花として親しまれていましたが、品種改良が進み鉢花の流通も増えました。そんなナチュラルでふんわりとした優しい雰囲気で、近年人気が高まっているフランネルフラワーの育て方を説明します。

フランネルフラワーを育てる場所

フランネルフラワーは、年間を通して日がよく当たる場所で育てましょう。日光が不足すると、間延びして花が付かなくなります。

また、多湿が苦手なので雨の当たる場所には置かないようにしましょう。梅雨や夏場の高温多湿に弱い植物です。霜に当たると枯れてしまいます。そのため、寒い地域で育てる場合は、冬は室内の日当たりのよい場所で管理します。

屋外で管理したい場合は、霜の当たらない場所に鉢を置くか、地植えの場合はビニールなどで防寒しましょう。

フランネルフラワーの水やり

フランネルフラワーを育てている土の表面が乾いたら、たっぷりと水をやります。土が常に湿っていると根腐れを起こす可能性があります。

フランネルフラワーの肥料

フランネルフラワーへは、3カ月に1度、固形肥料を施します。葉が白っぽくなるのは肥料が不足している可能性が考えられます。株が弱ったり花が小さくなってきたら、液肥を与えてもよいでしょう。ただし、夏は肥料を控えめに与えましょう。

フランネルフラワーを庭に植える場合は、基本的には肥料やりの必要はありません。

フランネルフラワーの土

フランネルフラワーは、水はけのよい酸性の土を好みます。酸度無調整のピートモスと鹿沼土を5:5の割合で混ぜた用土が向いています。

フランネルフラワーの植え付け・植え替え

フランネルフラワーの植え付け・植え替えの適期は、4〜5月または9〜10月頃です。

フランネルフラワーは根が非常にデリケートなので、植え付け・植え替えの際は傷めないように注意しましょう。根はなるべく触らず、ていねいに扱います。

フランネルフラワーの増やし方(種まき)

フランネルフラワーの増やし方は「種まき」が一般的です。枯れた花をそのままにしておくと、いずれ種が実るので、その種を5月頃にまきましょう。

フランネルフラワーの手入れ

花がら摘み

フランネルフラワーの花弁が黄色くなってきたら、開花が終わる合図です。付け根から切り取るようにしましょう。そのままにしておくと種ができてしまいます。花がらを放置しておくと病気の原因にもなるので、こまめにカットします。

切り戻し

フランネルフラワーは8月頃に枝を5㎝程度切り戻すと、株の形が整い新芽が生長します。風通しが良くなり、病害虫の予防にもなります。切り戻す際は、必ず枝に葉を何枚か残すようにします。古くなった下葉も取り除くようにしましょう。

フランネルフラワーの育て方で注意すべき病気・害虫

病害虫には強いフランネルフラワーですが、念のため、以下の病気と虫には注意しましょう。

灰色カビ病

枯れ葉や花がらに灰色カビ病が発生することがあります。風通しの悪い環境で蒸れると発生しやすい病気です。対策として、こまめに花がらや枯れた葉を摘み取る・風通しのよい場所に置きましょう。

ハダニ

6から9月はハダニに気を付けましょう。株が弱っていたり、風通しの悪い場所に置くとハダニが発生しやすくなります。ハダニを見つけたら薬剤で対処しましょう。予防として、風が通る場所に置くのも手です。

フランネルフラワーの花

フランネルフラワーは、毛織物のフランネルのようなやわらかい手ざわりの白い花を咲かせます。花と枝葉の表面には細かい毛が密集していて、ふわふわとした独特の質感があるのが特徴です。

フランネルフラワーの種類

フェアリーホワイト

4~6月、9~12月に2度花を咲かせるフェアリーホワイト。コンパクトなので、鉢植えで育てやすい品種です。花びらのふちが緑色に色づくのが特徴となっています。

フランネルフラワーを種から育ててみよう!

細かい毛の生えた不思議な質感と、白くかわいらしい花と葉でガーデニングファンを魅了するフランネルフラワー。夏場の高温多湿には気を付けて、酸性の土で管理しましょう。

フランネルフラワーの花はもちが良く、花数も多いです。長い期間たくさんの花を楽しみたいという方にはぴったり。ぜひ、栽培にチャレンジしてみてください。

※トップ画像ははるなつさん@GreenSnap

フランネルフラワーの新着コラム

フランネルフラワーの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
別名
原産地
オーストラリア

フランネルフラワーの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
弱い
耐暑性
弱い
耐陰性

時期

種まき
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

フランネルフラワーの新着投稿画像

みんなのフランネルフラワーの育て方

おつとめ品フランネルフラワーの記録

フランネルフラワー(エンジェルスター)の挿し芽

雨に打たれたフランネルフラワー

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメンの育て方へ シクラメンの花言葉へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチアの育て方へ ポインセチアの花言葉へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオの育て方へ アサガオの花言葉へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズの育て方へ クリスマスローズの花言葉へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーションの育て方へ カーネーションの花言葉へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラの育て方へ シバザクラの花言葉へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード