ツバキの画像

椿(ツバキ)の育て方|植え替えの時期や方法は?肥料のやり方は?

  • ツバキ科
  • ツバキ属
椿(ツバキ)の育て方|植え替えの時期や方法は?肥料のやり方は?の画像

シャンプーでもおなじみのツバキという植物の育て方についてご紹介します。

日本代表の花木の一種で庭木として古くから親しまれています。ツバキという植物にはどんな特性があるのでしょうか。

椿(ツバキ)の日当たり

ツバキは日陰に非常に強い花木です。そのため、さほど日当たりを気にする必要はありません。むしろ半日陰ほどの明るさがちょうど適しています。地植えにしても鉢植えにしても、どちらでもこの条件が当てはまります。

日当たりが良すぎると乾燥して枯れてしまう恐れもあるので注意してください。

椿(ツバキ)の置き場所

ツバキは冬の寒冷の風に当たらないように、北風と西風が当たらない場所で管理するようにしましょう。乾いた冷たい風に当たると蕾が落下したり枝葉が枯れる原因になります。適しているのは、建物の東か南の湿度が高めの場所です。

挿し木を行うときは、切った後に直射日光の当たらない明るい日陰で管理するようにしましょう。

椿(ツバキ)の水やり

夏の水やり

夏の時期は、鉢植え・地植えでも土の表面が乾いていから水を与えるようにします。特に植え付けてから2年の間は前述の通りに与えましょう。

花を咲かせる時期に入ると花弁を広げる力を使うので、さらに水分を与えます。地植えで2年が経過してからは、水を与える必要はほとんどなくなります。ただ、雨量が少なく土の表面が乾いている場合は、たっぷり水やりをします。

根付いたあとからは、真夏のときはたっぷり水を与えます。

冬の水やり

冬の時期は、植え付けから2年は土が乾いていたら水を与えるようにします。根付いた後は水を与えなくていいと考えておいてください。

椿(ツバキ)の肥料・追肥

鉢植えで育てているのであれば、肥料は1年に2回春と秋頃に与えましょう。

春は花が咲き終わったのち、秋は蕾の成長が安定するときに肥料を与えます。肥料には、油かすまたは化成肥料を使いましょう。

春と秋に肥料を与えるとき、同じ場所にしてしまうと生育不良になる可能性があるため、春と秋では与える場所を変えるようにしましょう。

地植えを行ったときは、新年が明けてから春頃にかけて緩効性化成肥料を与えます。肥料を与えるときの注意点について、株から20cm程度の間隔を開けて与えましょう。

株の近くに肥料を撒いてしまうと、根に当たって肥料焼けを起こしてしまいます。肥料焼けとは、根が吸収する力が弱くなり水分が奪われて枯れてしまう状態のことを指します。株に直接当たらないように注意しましょう。

椿(ツバキ)の土

ツバキの栽培に使用する土に、特に決まりはありませんが、粘土質の土は避けておきましょう。育ちが良くなる土の特徴は、水はけがよく弱酸性の土です。

鉢植えで育てている場合、赤玉土と鹿沼土と腐葉土を全部1割ずつ混ぜたものを使いましょう。地植えでも配合した土を使用します。腐葉土のほかに、パーク堆肥でも可能です。

椿(ツバキ)の植え替え・植え付け・種まき

植え替え・植え付け

ツバキはどんな環境で育てていても、植え替え・植え付けともに、3月の半ばから4月または9月の半ばから10月の半ばの時期に行いましょう。

植えている場所の底に、ゆっくり効くタイプの化成肥料や有機質肥料を元肥にして入れておきます。

アルカリ性の土の場所で育ててしまうと肥料を与えても吸い取られにくいので、葉っぱの色も黄色になり生育できません。どうしてもアルカリ性の土の場所で育てたいというときは、上記で書いた土を用意して高植えにして植えましょう。

種まき

また、ツバキは種まきからでも育てることが可能です。種を収穫する時期は、9〜10月です。収穫したらそのまま土に撒きます。種の色は成熟していると黒くなっています。

春に種まきを行う場合は、収穫した種を湿った川砂をタッパーなどに入れて冷蔵庫で保管します。赤玉土を馴らして種の大きさの3倍になる穴を作って種を撒いていきましょう。

椿(ツバキ)の増やし方

ツバキの花の増やし方には、挿し木と取り木という方法があります。

挿し木

ツバキの花を挿し木で増やすには、蝶々が舞う暖かい季節になったころから、伸長した枝を10〜20cmの大きさの挿し穂をつくります。

切ったらすぐに水の入った花瓶などに移しておきましょう。水あげの後に清潔な土を用意して切った挿し穂を挿します。その後に、空気が通るように穴を開けたビニール袋を容器全体を覆って湿度が保てられるように管理します。

挿し木を行う時期は、6月〜8月が適期でmうまく育ってば、同年の9月には鉢に植え替えすることが出来ます。

取り木

ツバキの花を取り木は新しい株が十分に育ったら根の下を切って植え付けを行う繁殖方法です。

取り木で増やすには、まず植物の茎や枝の一部の皮を剥ぎ取って、そこから発根させ新たに株をつくります。樹皮を3cmの大きさに幹の内部まで切り取って水苔に包みます。

水苔は十分に水に湿らせておきます。包み込んだらビニール袋で覆って紐などを使って乾燥しないようにします。その後は、水苔が乾かないようにこまめに水を与えましょう。

根が発根したら枝から切り離して土に植え替えてあげましょう。

椿(ツバキ)の育て方で注意すべき病気・害虫

かかりやすい病気

ツバキは、すす病や花腐菌核病にかかることがあります。

すす病は、害虫の排泄物が原因で葉や枝にすすのような黒い模様ができる病気です。光合成の妨げになるので、見つけ次第、傷んだ葉や実、害虫などを取り除きましょう。その後、殺菌剤と殺虫剤の両方を撒いて対策を行いましょう。

花腐菌核病は、花弁に茶褐色の斑点ができ広がって腐敗して枯れさせてしまう迷惑な病気です。この病気が進行すると花びらの上に黒い菌核を作り始めます。主に雨が原因で起こる症状で梅雨の時期は注意が必要です。さらに水やりを行うときも、花びらに水がかからないように気をつけて与えましょう。

つきやすい害虫

また厄介なのがカイガラムシやチャドクガといった害虫です。

カイガラムシは、殻で覆われている害虫なので木べらなどを使って取り剥がしましょう。幼虫を発見したのであればすかさず薬剤を散布して被害を抑えましょう。

チャドクガの発生を防ぐには、葉の裏についた卵の塊があるときに葉っぱごと取り除くことが手っ取り早いでしょう。もし見逃してしまい、卵から生まれてきてたとしても、彼らは集団行動をしていることが多いので、そのときに退治しましょう。

椿(ツバキ)の管理温度

ツバキの管理温度には、芽と蕾で温度が異なります。

芽を出させる場合は、10度〜20度で蕾をつけるには、20度〜10度へと変化をさせてあげることが重要です。

ツバキは、暑さにも寒さにも負けない強い植物です。日本でもどこの地域で育てても困ることはないでしょう。

椿(ツバキ)はどんな花を咲かせる?

ツバキの花の開花時期は2月〜4月で、赤色や白色、ピンク色の花などを冬の寒い季節に咲かせます。

ツバキは6月に花芽分化を行う植物であるため、翌年以降も花を咲かせるためには、花が咲いたあとから花芽が出てくる頃までに剪定を行う必要があります。また、時期外れに剪定を行っても翌年に花はが咲きません。

椿(ツバキ)の風水

ツバキは東の方向に育てると幸運を招いてくれるとされています。東は春のイメージがあるとされており赤い花や実になるものを植えると家が栄え、ピンクの花や実がなるものを植えると良縁が舞い込んでくるとされています。

椿(ツバキ)の花言葉

ツバキの花言葉には、全体的な意味として「美徳」や「女性らしさ」、「控えめな優しさ」など女性に関する意味が多くあります。また、「私は常にあなたを愛す」ともいわれていて、乙女心の気持ちが込められた花言葉でもあります。

さらに、ツバキの花言葉には花の色によっても意味が異なります。赤い花は、「高潔」、「気取らない優美さ」という言葉がつけられています。白い花は「誇り」や「至上の美」そして「理想的な愛情」という偉大さや完璧さを表していることが多いです。ピンクの花には、「悲しみ」や「控えめな愛」と消極的な花言葉にもなります。黄色の花にも花言葉があり、「謙虚」・「理想の愛」という意味があります。

椿(ツバキ)の名前の由来

ツバキは太古の時代からあったとされる霊木で、長寿の木ともされています。春と秋をそれぞれ8000年と考え、人間の3万2000年がツバキの一年間になることが長寿の木の由来です。

そんなツバキの名前がつけられた由来には諸説ありますが、光沢したつやつやの葉を持つ木から「ツヤハキ」を転じてつけられたともいわれています。

椿(ツバキ)のまとめ

日本の庭木でも有名なツバキについてご紹介しました。洗髪料などにも使用されているツバキは、古くから親しまれている花です。もの寂しい冬の時期に、鮮やかな赤い花が咲き誇るので、ぜひお庭でも育ててみてください。

また、ツバキの花言葉には「愛」をテーマにした意味も多いので、花を大切な人に贈ってみても良いかもしれませんね。

ツバキの新着コラム

ツバキの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
高木
学名
別名
ヤブツバキ,ヤマツバキ
原産地
本州、四国、九州、沖縄、台湾、朝鮮半島南部

ツバキの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
剪定
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ツバキの新着投稿画像

みんなのツバキの育て方

石川県鶴来町、樹木公園にて…あなたもツバキ、見たいのね・四の巻

石川県、鶴来町樹木公園にて、ツバキ咲いてる?二の巻

石川県鶴来町、樹木公園にて、ツバキ咲いてる?一の巻

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメンの育て方へ シクラメンの花言葉へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチアの育て方へ ポインセチアの花言葉へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオの育て方へ アサガオの花言葉へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズの育て方へ クリスマスローズの花言葉へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーションの育て方へ カーネーションの花言葉へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラの育て方へ シバザクラの花言葉へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード