警告

warning

注意

error

成功

success

information

ショウジョウソウ

GreenSnapには、みんなのお家のショウジョウソウの画像が641枚投稿されています。ショウジョウソウのコラムも 0記事あるので、育て方や増やし方、飾り方やアレンジテクニックまで様々な情報を調べることができます。
コラム
0件
投稿画像
641枚

ショウジョウソウの新着コラム

記事がありません。

ショウジョウソウの新着投稿画像

いいね済み
118
醜男
猩猩草(ショウジョウソウ) トウダイグサ科トウダイグサ属の一年草。北アメリカ南部原産で世界の熱帯から亜熱帯に広く帰化している。沖縄や小笠原では日本に返還されるずっと以前から野生化していて、かなり古い時代に帰化したものと考えられている。最近では本州でも栽培品が逃げ出したと考えられるものが道端などで見られる。全体平滑、傷つけると白色の乳液を出す。茎は直立してまばらに分岐し、高さ1mほどになる。葉は先が尖った長卵形、通常は不規則にくびれて瓢箪形となり、短い柄で互生する。花期はほぼ一年中。茎の上部に葉が集まって苞状となり、その中心に、雌雄異花の花からなる杯状花序を固めてつける。花の周囲の苞や葉は、花期に全部または部分的に赤〜淡紅色になり、この状態で切り花などにして観賞用に用いる。 猩々(しょうじょう)は中国の古典に出てくる幻獣で、全身が赤い毛に包まれる。気に入った人間には富貴を与える様子が能楽の世界で活写される。原典ではいろいろな姿があるようで、赤いとは限らぬようであるが、赤い生き物に猩々とつける習慣が今も残る。本種も葉の基部から中央にかけて鮮烈な赤色に染まるためその名がある。 出典『日本帰化植物写真図鑑』『秋の野草』『帰化&外来植物 見分けマニュアル950種』

ショウジョウソウの基本情報

ジャンル
草花
形態
一年草
学名
Euphorbia heterophylla
別名
クサショウジョウ
原産地
アメリカ

ショウジョウソウの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

種まき
4月, 5月
植え付け・植え替え
4月, 5月, 6月
肥料
5月, 6月, 7月, 8月, 9月
開花
7月, 8月, 9月, 10月

花の種類

イベリス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。

ナンテン

半日陰を好みます。

ライスフラワー

雨の当たらない、日の当たる場所

リシマキア

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません

フジバカマ

日なたで育てます。日当たりが半日程度ある場所なら成長はしますが、徒長しがちになり、花色が悪く、数も少

ブルーサルビア

日当たりを好み、水はけがよく、しかも乾燥しないところが適地です。

セロシア

ピンクや赤紫色の花を咲きます。花序は水分が少なくかさかさしており、枝ごと切り取って逆さに吊るしておく

ローダンセマム

マサキ

イワダレソウ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。

カレックス エヴェレスト

常緑性で風に葉が揺れる様が綺麗。カラーリーフとして人気

バコパ

日当たりのよい場所で育てますが、耐暑性が弱いので夏場は半日陰などで育てます。耐寒性は強いので冬越しは

オーストラリアンビーンズ

一年を通して日当たりの良い場所で育てます。明るい場所なら室内でも育ちます。耐寒温度は5℃前後なので冬

皇帝ダリア

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。冬場は室内に入れ、日当たり

ミズバショウ