ローズゼラニウムの画像

ローズゼラニウムの育て方

  • フウロソウ科
  • ペラルゴニウム属

ローズゼラニウムの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Pelargonium graveolens

別名

ペラルゴニウム・グラヴェオレンス,ニオイテンジクアオイ

原産地

南アフリカ

ローズゼラニウムの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

普通

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ローズゼラニウムの育て方の画像

見た目が大変美しいローズゼラニウム。ローズゼラニウムはその独特な香りも特徴です。南アフリカ原産の植物であり、ハーブとして用いることもできます。開花は品種によっても異なります。

ローズゼラニウムの育てる場所

日当たりの良い場所で育てます。夏場は半日陰で育ててください。

一方、冬場は室内の日当たりが良いところで育てましょう。ローズゼラニウムは寒さに弱いこともあり、霜にあたると枯れてしまいます。

ローズゼラニウムの水やり

土がかわいたらたっぷり水を与えます。ローズゼラニウムを育てる際には水を与えすぎないようにしてください。水を与えすぎると根腐れなどを引き起こすことがあります。

肥料

そこまで肥料は必要としないのがローズゼラニウムです。植える際に肥料を与えるほか、開花期に追肥を行います。

用土

ローズゼラニウムは乾燥している土を好みます。このため、用土は水はけが良いものであることが大事です。コツとしてバーミキュライトを底に敷いて水はけをよくすると良いでしょう。

病害虫

ゼラニウムは虫よけ剤としてもちいられるほど虫には強いです。そのため、虫はほとんどつかないです。これもローズゼラニウムが初心者向きといわれている由縁。逆に乾燥させたローズゼラニウムの花を撒いて虫よけに用いることができます。しかし、水を与えすぎて根腐れすることなどがあります。根腐れを防ぐためにも水やりは土がしっかり乾いてからやるようにすると良いでしょう。

根詰まりについて

根詰まりを起こして枯れることがあるのがローズゼラニウム。特に環境が良いとぐんぐん育つことから根詰まりのリスクも多感ります。根詰まりとは鉢植えした場合に根が増えすぎててしまうもの。根詰まりを起こすと保水ができなくなって水をやっても無駄なこともあります。また、満員電車のように根が圧迫されることも。

もしも根詰まりを起こしているようだったら植え替えをするのがてっとり早いです。鉢の底から根っこがはみ出しているくらいに根詰まりを起こしているようだったら早めに対処しましょう。根詰まりが怖いならば地植えにする・大きな鉢を利用することで回避できます。

ローズゼラニウムの植え付け・植え替え

植え付けは4月から6月にかけて行ないまうs。植え替えは4月から5月、もしくは9月から10月にかけてです。植え付け後、肥料を与えて5月から7月の開花を待つこととなります。

また、ローズゼラニウムはかなり根の成長が激しいです。先述した根詰まりを防ぐためにも大きい鉢を利用しましょう。

ローズゼラニウムの増やし方

ローズゼラニウムは挿し木で増やせます。挿し木に向いているのは春と秋です。挿し木に使う枝は節が多数ついているものを利用します。花がついているならば花を切り落とします。用土は挿し木用として園芸店で販売されているものを用います。用土に植えたら水をたっぷりあげましょう。

ちなみに挿し木に使う枝を植える前に一日程度乾かすと成功確率も高まります。挿し木によく失敗する場合には実践してみてください。

水耕栽培で増やす

ローズゼラニウムは水耕栽培にも向いています。挿し木に用いる枝を切り落としたら余分な葉を切り取りましょう。その後、水に挿して育てます。根が出てきたら土に植え替えましょう。

ローズゼラニウムの手入れ

ローズゼラニウムの日常の手入れは水やりくらいです。

また、花がしぼんできたら花柄を摘み取ります。葉の整理もしっかりと行うことで梅雨の時期だけでなく秋にも花を咲かせてくれることがあります。

ちなみに、ローズゼラニウムは様々な用途に用いることができます。クラフト材料として用いたり、お茶や料理の香りづけにも利用可能です。

夏と冬の対処

ローズゼラニウムは暑さにはつよいです。このため、基本的に夏場にすることはありません。逆に寒さに弱いですから、霜にあたらないようにしましょう。もしも冬場の外気温が3度以下ならば鉢で育てて冬場は室内に取り込みましょう。

剪定

梅雨前に剪定を行います。伸びすぎた葉を選んで剪定しましょう。こうすることで風通しも良くなりますし、成長しやすくなります。また、ローズゼラニウムを数年育てていると古い枝が太くなってきます。こうなると見た目が悪くなることがあるので剪定をしてシルエットを整えてください。

ローズゼラニウムの種類

アイビーゼラニウム

ツタバゼラニウムとも呼ばれるのがこちら。アイビーのような見た目をしています。

ハーブゼラニウム

 

ローズゼラニウムの花言葉

ローズゼラニウムには「尊敬」といった花言葉があります。

また、花の色によっても花言葉は変わります。

例えば、深紅のゼラニウムには「憂鬱」という花言葉があります。

白のゼラニウムの花言葉は「あなたの愛を信じません」です。

このように色ごとに花言葉が違うのはかなり面白いところでしょう。

まとめ

記事で紹介したポイントを参考にして元気なローズゼラニウムを育ててみましょう。

※トップ画像はしづえさん@GreenSnap

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

トキワシノブ

切れ込みの多い葉と、フサフサな根が特徴。常緑性で、やや寒さに弱いです。シノブよりも丈夫で冬でも葉が枯... トキワシノブの育て方へ

コスモス

日なたを好みますので、できるだけ日光の当たる場所へ置いてください。真夏の直射日光も問題ありません。寒... コスモスの育て方へ

アベリア(白斑)

常緑の低木として葉色が綺麗で数多く植栽に使用されています。 アベリア(白斑)の育て方へ

ヒガンバナ

彼岸花の花は、約20種の有毒アルカロイドをもっています。毒は球根にも含まれます。毒抜きせずに食すと、... ヒガンバナの育て方へ

ポーチュラカ

シャモジ形で多肉質の葉と茎をもち、暑さや乾燥に非常に強い植物ですが日当たりの悪い場所では花が咲きませ... ポーチュラカの育て方へ

ラナンキュラス

日当たりのよい場所で育てます。ただし冬場はベランダなどの風が当たらない場所が望ましいです。 ラナンキュラスの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード