オジギソウの画像

オジギソウの育て方

  • マメ科
  • オジギソウ属

オジギソウの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Mimosa pudica

別名

ネムリグサ,羞恥草

原産地

ブラジル

オジギソウの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
オジギソウの育て方の画像

葉に触れると、順々に葉を閉じ、下向きになるオジギソウ。その名の通り、まるでお辞儀をしているかのようなユニークな植物です。葉に触れるだけではなく、熱や振動などの刺激が加わってもお辞儀します。また、ピンク色のふわふわしたボールのようなかわいい花も魅力です。オジギソウは、南米原産のマメ科の植物で、本来は多年草なのですが、寒さに弱く、日本の寒い冬を乗り越えることはできずに枯れてしまうため、日本においては、一年草として扱われています。ただ、寒さ以外には強く、日本でも、暖かい沖縄では自生しているくらいです。今回は、不思議な植物オジギソウの育て方をご紹介します。

オジギソウの育てる場所

日当たりと水はけのよい場所が適しています。また、寒さは苦手なので、なるべく暖かい場所で育てましょう。もっとも、地植えする場合は、日本の寒い冬を越すことはできませんので、特に冬越しのお手入れは必要ありません。翌年、一から育てましょう。

オジギソウの水やり

土の表面が乾いていたら、たっぷり水やりをしましょう。

肥料

オジギソウは、あまり肥料を必要としません。日本でも暖かい沖縄では自生しているくらいです。生育初期に液体肥料を1~2回施せば十分でしょう。肥料が多いと、葉ばかり茂ってしまい、花付きが悪くなってしまいます。

用土

水はけのよい用土を使います。特に難しく考える必要はありません。腐葉土を多めに混ぜて水はけをよくするか、市販されている草花の培養土を使いましょう。

病害虫

オジギソウは丈夫な植物です。特に心配する病害虫はありません。

まれにハダニが付くことがあります。ハダニは、葉裏に寄生して、汁液を吸う害虫です。ハダニに汁液を吸われた部分は、葉緑素が抜けてしまい、小さな白い点のようになります。はじめは気づきにくく、ハダニの数が増え、被害が拡大して、白い点と点がくっつき、カスリ状に見えるようになって気づくことが多いです。

葉緑素を失った葉は、光合成ができずに発育不良に陥ってしまいますので、なるべく早めにハダニを見つけ、見つけたら園芸用の殺虫剤を散布して駆除しましょう。

オジギソウの植え付け・植え替え

植え付け

種を発芽させて苗を育て植え付ける方法もありますが、最初は、苗を買ってきて植え付けた方が楽です。種から育てるのは、秋に種を採取し、翌年からの楽しみにとっておくことをおすすめします。

5月~6月頃が植え付けの適期です。地植えにする場合は、腐葉土をたっぷり混ぜた用土を使い、水はけをよくしましょう。株間を20~25cmくらいはとっておきます。オジギソウは、一株一株が広がるので、株と株の間を広めにとっておいた方がよいのです。

鉢植えの場合は、一鉢に一株の苗を植え付けます。

植え替え

冬には枯れてしまいますので、植え替えの必要はありません。

オジギソウの増やし方

種まき

秋に採取して保管しておいた種を翌年の5月頃に種まきします。オジギソウの種は表面が硬いので、一晩水につけてから種まきしましょう。直まきでも育ちますが、株間のことを考慮し、育苗ポットで発芽させ、その後定植することをおすすめします。

1つのポットに3~4粒の種をまき、繰り返し間引きして、元気のいい苗を1本残します。根どうしが絡んでいて、引き抜いて間引きすると根を傷める可能性がありますので、地面ギリギリの所をハサミで切り間引きしましょう。

本葉が3~4枚に育ったら、根を傷めないよう、根鉢を崩さず、そのまま定植してください。

オジギソウの手入れ

冬になると枯れてしまうため、特に必要なお手入れはありません。翌年も楽しみたいのなら、種を採取しておきましょう。

種の採取

花後に種が出来るので、種の入ったサヤが茶色くなったらサヤごと採取して、日陰で乾燥させましょう。サヤが乾燥したら、中の種を取り出します。採取した種は袋などに入れ、冷暗所で保管してください。

オジギソウの花言葉

「繊細な感情」「感受性」「感じやすい心」「敏感」「謙虚」など

オジギソウは、その名の通り、葉に軽く触れるだけで、葉が閉じ垂れ下がってしまい、まるでお辞儀をしているようです。その敏感な反応が「敏感」「繊細な感情」「感受性」「感じやすい心」などの花言葉の由来となり、お辞儀をする姿が「謙虚」という花言葉を生んだといわれています。

まとめ

オジギソウの育て方などについてご紹介しました。オジギソウの魅力は、何といってもそのユニークな生態です。葉に触れる、熱、振動などの刺激が加わると、葉が閉じ垂れ下がり、お辞儀をします。とても不思議ですね。

さらにピンクのボンボンのような花もかわいいです。

また、オジギソウは、とても丈夫な植物で、暖かい沖縄などでは自生し、繁殖しています。日本においては、沖縄以外で自生するのは難しいようですが、丈夫だということは、初心者にも育てやすいということです。

不思議な魅力があり、かわいい花が咲き、育てやすいオジギソウを、あなたも育ててみませんか?

※トップ画像はnaoさん@GreenSnap

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

アヤメ

日なたで育てます。日陰では栽培が出来ないです。 アヤメの育て方へ

フリージア

日当たりと風通しのよい場所で育てます。 フリージアの育て方へ

エリカ

エリカ属にはおよそ740種があり、日本では50品種程度あると言われています。開花期は、種類によりそれ... エリカの育て方へ

ナギ

日陰でも育ちますが、できるだけ日当たりの良い場所で育ててください。 ナギの育て方へ

ペンタス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。冬場は5℃程度あれば耐える... ペンタスの育て方へ

レンギョウ

日当たりの良い場所を好みます。ただし暑さに弱いので、強い西日の当たらないところで育ててください。 レンギョウの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード