キンモクセイ(金木犀)の育て方|苗木の植え方や肥料の与え方、水やり頻度は?

  • モクセイ科
  • モクセイ属

芳香剤の香りとしても使われるほど、甘く強い香りを漂わせるキンモクセイ(金木犀)。秋の10月頃になると、小さなかわいいオレンジ色の花をたくさんつけ、目でも香りでも楽しませてくれます。ここでは、そんな庭木としても人気のキンモクセイの育て方をご紹介します。

もくじ 〜クリックで項目にジャンプ〜

キンモクセイ(金木犀)の栽培場所はどこがおすすめ?

キンモクセイは暑さにはそれなりに強い一方、寒さには弱いです。そのため、日本では東北地方より南の地域での栽培が好ましいです。

また、キンモクセイは樹高が5〜6mにもなるため、地植えでの栽培が基本となりますが、鉢植えにして小さく育てることも可能です。

ただし、キンモクセイを地植えで大きく育てる場合と、鉢植えで小さく育てる場合では、育て方が少しずつ異なりますので、あらかじめどこで栽培するかを決めておきましょう。

キンモクセイ(金木犀)の育て方 〜大きく育てる場合〜

まずは、キンモクセイを地植えで育てる場合の育て方についてご説明します。

日当たり

キンモクセイは、日当たりをとても好みます。日当たりが良いほど花のつきも良くなるので、できるだけよく日が当たる場所を選んでください。

日陰で育ててしまうと、育ちが悪くなるだけでなく、常緑樹のキンモクセイでも葉が落ちてしまうこともあります。少なくとも一日のうち4〜5時間くらいは日が当たると良いでしょう。

土づくり

キンモクセイは、水はけのよい肥えた土を好みます。

キンモクセイを地植えで育てる場合には、周辺の土を弱酸性にしておきましょう。もしアルカリ性になっている場合は、ピートモスを少し混ぜて調整してください。

その後、腐葉土や堆肥、培養土などを混ぜて肥やし、少し湿り気のある状態にしておきます。

植え付け

キンモクセイは、種まきではなく苗木から育てるのが一般的です。

キンモクセイの苗木の植え付け時期は、3〜4月頃か9〜10月頃が適期となっています。秋に植え付ける場合は、気温が寒くなる前に根がしっかりと張れるようにしてください。

なおキンモクセイは地植えにすると、5mほどの大きさにまで成長することがあります。植え付ける場所のスペースは、広く確保しておきましょう。

植え付け方法は、以下の通りです。

  1. 調整した土に、苗木よりひと回り大きな穴を掘ります。
  2. 苗木の根鉢を手で軽くほぐします。
  3. 苗木の株元が地面と重なるように植え付けます。
  4. 苗木と土を密着させるため、土を軽く手で抑えます。
  5. 植え付けたら、たっぷりと水を与えます。
  6. もし苗木が安定しない場合は、支柱を立ててあげるとよいでしょう。
  7. これで完了です。

水やり

キンモクセイを地植えしている場合は、基本的に水やりは不要で、自然に降る雨のみで十分です。

ただし、真夏で降雨がなかったり、乾燥が続く時期で、土がカラカラになっている場合は水を与えてあげましょう。

肥料・追肥

キンモクセイへ肥料を与える時期は、2月下旬〜3月頃が適期です。地植えの場合は、毎年この時期に1回、株元へ施すだけで十分です。

なお肥料は、カリウムやリン酸が含まれている有機肥料を選ぶようにしましょう。油かすなどの窒素成分が多いものは、花つきが悪くなってしまうので注意してください。

植え替え

キンモクセイは大きくなってからの植え替えを嫌います。そのため地植えで育てている場合は、基本的に植え替えは行いません。

キンモクセイ(金木犀)の育て方 〜小さく育てる場合〜

キンモクセイの樹高を低くしたい、小さく育てたいという場合は、鉢植えでの栽培がおすすめです。

なお鉢植えキンモクセイの詳しい育て方や管理方法については、下記の記事をご参照ください。

キンモクセイ(金木犀)の剪定方法

キンモクセイは成長が早い樹木です。風通しを良くしたり、好みの高さを保つ、病害虫の発生を防ぐためにも、定期的な剪定が必要です。

剪定時期は、新芽が出る前の2〜3月頃、もしくは花が咲き終わった11月頃が適期です。強剪定を行う場合は2〜3月頃にしましょう。

なお、キンモクセイの花を楽しみたい場合は、春の新芽が伸びたあとの剪定は行わないでください。

キンモクセイの剪定方法については、下記の記事に詳しく記載しています。

キンモクセイ(金木犀)の育て方で注意すべき病気・害虫

かかりやすい病気

キンモクセイがかかりやすい病気には、褐斑病や先葉枯病、うどんこ病、炭そ病などがあります。

いずれもカビが原因となる病気で、主に気温も高く湿度が高い、梅雨の時期にかかりやすいです。様子のおかしな葉っぱを見つけたら、すぐに切り取って、他の葉っぱに伝染しないようにしてあげてください。その後、薬剤を使って被害を押さえましょう。

つきやすい虫

キンモクセイは比較的強いため、あまり害虫の被害を受けない樹木ですが、風通しが悪いと、カイガラムシやイラガ、ハダニなどが発生することがあります。害虫を見つけたら、農薬をまくなどして、対策してください。

キンモクセイ(金木犀)の増やし方

キンモクセイの増やし方は、「挿し木」か「取り木」が一般的です。

挿し木(適期:6月頃)

挿し木をするときは、その年に伸びた新しい枝を15cmくらいの長さで切り取って使います。

なお、挿し木の方法については、下記の記事に詳しく記載しています。

取り木(適期:5〜6月頃)

取り木の方法については、以下の通りです。

  1. 2〜3年経ったキンモクセイの幹を選びます。
  2. 幹を1周するように、ナイフでグルッと2〜3cmの幅で切れ目を入れます。
  3. 切れ目を入れた部分の樹皮を剥ぎ取ります。
  4. 剥ぎ取った部分に、水をたっぷりと含ませた水苔を巻きつけます。
  5. その上をビニールで覆い、ヒモで結びます。
  6. その後は、日陰で管理します。
  7. 水苔が乾燥しないように、定期的に水やりをします。
  8. 発根したら、根が出ている下で切り取り、植え付けます。

キンモクセイ(金木犀)の育て方のコツをつかもう!

秋に甘い香りを振りまきながら、艶やかに咲き誇るキンモクセイ。

汲み取り式のトイレが普通だった時代は、匂い対策としてトイレのそばによく植えられていたことから、トイレの芳香剤というイメージを持つ人も多いようですが、その姿は可憐で、香りにはリラックス効果があるともいわれています。

育てやすい樹木ですし、常緑樹なので、庭木としてもおすすめですよ。

※トップ画像はMマリリン凪翔Mさん@GreenSnap

キンモクセイの新着コラム

キンモクセイの水やりや育て方についての画像

キンモクセイの水やりや育て方について

秋の訪れを感じさせるキンモクセイの肥料についてご紹介!の画像

秋の訪れを感じさせるキンモクセイの肥料についてご紹介!

秋の散歩道で花のいい香りを感じたら、それは「キンモクセイ」かも!?の画像

秋の散歩道で花のいい香りを感じたら、それは「キンモクセイ」かも!?

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

キンモクセイの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
高木
学名
Osmanthus fragrans var.aurantiacus
別名
金木犀
原産地
中国

キンモクセイの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
普通
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
3月 、4月
肥料
2月 、3月
開花
9月 、10月
剪定
3月 、4月

キンモクセイの新着投稿画像

みんなのキンモクセイの育て方

いいね
23

キンモクセイの一週間

子どもの頃からキンモクセイが大好きでした。 時々、...
by.とどさん
いいね
75

キンモクセイ再び🧡モイストポプリ作り🧡 追記あります 2021.10.10

キンモクセイに癒される日々~ また ひと枝 いただ...
by.イングリッシュガーデン
いいね
74

㊗️ 開花しました!キンモクセイで 香水つくります🧡✨

ことしも 日本列島 最遅かな? 愛知県のキンモクセ...
by.イングリッシュガーデン

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
シバザクラの画像

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。